新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

地方独立行政法人 静岡市立静岡病院 呼吸器外科 非常勤医師

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本胸部外科学会 指導医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医

千原 幸司 ちはら こうじ 先生

京都大学医学部を卒業後、1991年に静岡病院呼吸器外科長に着任。同院では約4000例の呼吸器外科手術をはじめ、リハビリテーション科や手術室、災害対策管理室など複数の診療科長を兼任し、幅広い分野で医療に携わってきた。目の前にいる患者さんの思いに応えるために、医師として全力を尽くしている。

千原先生のストーリー記事

ただ、目の前の患者さんのためにできることを
ただ、目の前の患者さんのためにできることを

患者さんにも自分自身にも正直に向き合う千原幸司先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • リハビリテーション科
  • 呼吸器悪性腫瘍
  • 外科治療
  • 呼吸機能の温存/改善

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
  • 地方独立行政法人 静岡市立静岡病院 呼吸器外科 非常勤医師
  • 日本呼吸器外科学会 (理事3期、監事2期)、特別会員
  • 呼吸器外科専門医合同委員会 委員長(2011年5月~2017年5月)
  • 日本胸部外科学会 (理事2期)、名誉会員
  • 日本外科学会 倫理委員・専門医制度委員
  • 日本肺癌学会 評議員、将来計画委員、倫理委員
  • 日本呼吸器学会 (形態と機能部会長、専門医制度審議会委員)、功労会員
  • 日本胸部外科学会教育施設協議会 会長(2013年5月~2016年6月)
  • 一般社団法人日本専門医機構専門医制度検討委員会 委員(2015年5月~2016年6月)
  • 一般社団法人日本専門医機構基本領域研修委員会 委員 (2015年5月~2016年6月)
  • NPO災害・医療・まちづくり 副理事長
  • 静岡地域統括 災害医療コーディネーター
  • 麻酔 標榜医
  • 呼吸器外科 指導医
  • 呼吸器外科 専門医
  • DMAT 所属
  • 統括DMAT 登録者
  • 第四級アマチュア 無線技士

所属病院

静岡市立静岡病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 代謝内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 静岡県静岡市葵区追手町10-93
  • 静岡鉄道静岡清水線「新静岡駅」 徒歩10分 JR東海道本線(熱海~浜松)「静岡駅」 路線バスも利用可(北口 10番乗り場より約7分) 徒歩15分
  • 054-253-3125
静岡市立静岡病院

来歴等

略歴

1978年 京都大学医学部卒業
1978年 京都大学結核胸部疾患研究所付属病院医員(研修医)
1979年 静岡市立静岡病院胸部心臓血管外科医員
1983年 京都大学大学院博士課程入学
1987年 同上 退学
1987年 京都大学結核胸部疾患研究所附属病院助手(胸部外科)
1989年 Visiting Assistant Professor, Department of Medicine, McGill University, Canada
1991年 静岡市立静岡病院呼吸器外科長
2005年 同 診療部長、呼吸器外科長
2013年 同 副病院長 診療部長、呼吸器外科長、放射線科長、麻酔科長、京都大学医学部臨床教授、シミレーションラボラトリー室長
2014年 同 副病院長、呼吸器外科長、リハビリテーション科長、手術室科長、放射線治療科長
2015年 福井大学客員講師
2015年 同 副病院長、呼吸器外科長、リハビリテーション科長、手術室科長
 災害対策管理室長、シミレーションラボラトリー室長
2016年 地方独立行政法人静岡市立静岡病院 理事 副病院長・呼吸器外科主任科長・リハビリテーション主任科長・手術室主任科長・災害対策管理室長・シミレーションラボラトリー室長、静岡県立大学非常勤講師
2017年 地方独立行政法人静岡市立静岡病院 理事 病院技監・呼吸器外科主任科長・リハビリテーション科主任科長
2019年 地方独立行政法人 静岡市立静岡病院 呼吸器外科 非常勤医師

論文

1.Young Investigator Award:Development and clinical application of cuirass negative pressure respirator synchronizing spontaneous breathing.
「自発呼吸を感知して作動するcuirass型陰圧式人工呼吸器の開発と臨床応用」
The 54th Annual Assembly of American College of Chest Physicians ( ACCP ), 1988

2. Pneumoforum研究奨励賞:肺気腫の外科治療,2002

3. Best Poster Award: Reconstruction of Phrenic Nerve,11th Asian Pacific Society of Respirology (APSR),2006

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。