医療法人高岡みなみハートセンター みなみの杜病院 理事長

日本内科学会 認定医 日本循環器学会 循環器専門医

平瀬 裕章 ひらせ ひろあき 先生

  • 富山県
  • 循環器内科

1993年より循環器内科医師としてキャリアをはじめる。北陸を代表する複数のPCI施設での研修を経て、2014年には高岡市民病院循環器内科主任部長に就任。高岡市民病院でのPCI立ち上げや若手医師の指導にも尽力。2018年からは、現職である医療法人高岡みなみハートセンター みなみの杜病院 理事長に就任し、「24時間、365日、 No refusal policy」、患者さんは絶対に断らないというポリシーを持ち日々診療に当たっている。

基本情報

診療科

  • 循環器内科

受診可能な病気と得意な領域

  • 狭心症
    詳細
  • 心筋梗塞
    詳細
  • 閉塞性動脈硬化症
    詳細
    平瀬先生の閉塞性動脈硬化症に関する得意な領域
    • シャント不全
    • カテーテル治療
  • 虚血性心疾患
    詳細

資格・所属学会

日本内科学会 認定医
日本循環器学会 循環器専門医

役職など

  • 医療法人高岡みなみハートセンター みなみの杜病院 理事長
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 指導医
  • 日本循環器学会 北陸支部評議員
  • 日本心血管治療インターベンション学会 (CVIT) 認定医/専門医/理事
  • 富山大学 臨床教授
  • 金沢コロナリーカンファレンス (KCC)
  • Course Co-director

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1993年 金沢大学医学部 卒業
1993年 金沢大学付属病院 第二内科 入局
1993年 金沢大学付属病院
1993年 町立志雄病院内科
1994年 国立療養所石川病院 内科
1995年 厚生連高岡病院 内科
1996年 福井循環器病院
1997年 金沢大学付属病院
1998年 小松市民病院 内科
1999年 市立輪島病院 内科
2000年 高岡市民病院 循環器内科
2014年 高岡市民病院 循環器内科 主任部長
2018年 高岡みなみ病院 理事長
2019年 高岡みなみハートセンター みなみの杜病院 改称

論文

  • Impact of renal function on mid-term outcomes in heart failure patients treated with tolvaptan. Fujioka K, Mizuno S, Ichise T, Matsui T, Hirase H, Yamaguchi M, Aoyama T, Yamagishi M, Fujino N, Kawashiri MA, Hayashi K. Ther Adv Cardiovasc Dis. 2019 Jan-Dec;13:1753944718819064. doi: 10.1177/1753944718819064.

  • Impact of combined lipid lowering and blood pressure control on coronary plaque: myocardial ischemia treated by percutaneous coronary intervention and plaque regression by lipid lowering and blood pressure controlling assessed by intravascular ultrasonography (MILLION) study. Kawashiri MA, Sakata K, Hayashi K, Gamou T, Kanaya H, Miwa K, Ueda K, Higashikata T, Mizuno S, Michishita I, Namura M, Nitta Y, Katsuda S, Okeie K, Hirase H, Tada H, Uchiyama K, Konno T, Ino H, Nagase K, Yamagishi M; Behalf of the MILLION Study Group. Heart Vessels. 2017 May;32(5):539-548. doi: 10.1007/s00380-016-0910-2. Epub 2016 Oct 31.

  • Impact of combined lipid lowering with blood pressure control on coronary plaque regression: rationale and design of MILLION study. Kawashiri MA, Sakata K, Gamou T, Kanaya H, Miwa K, Ueda K, Higashikata T, Mizuno S, Michishita I, Namura M, Nitta Y, Katsuda S, Okeie K, Hirase H, Tada H, Uchiyama K, Konno T, Hayashi K, Ino H, Nagase K, Terashima M, Yamagishi M. Heart Vessels. 2015 Sep;30(5):580-6. doi: 10.1007/s00380-014-0522-7. Epub 2014 Jun 4.

  • Impact of lesion morphology and associated procedures for left main coronary stenting on angiographic outcome after intervention: sub-analysis of Heart Research Group of Kanazawa, HERZ, Study. Kawashiri MA, Sakata K, Uchiyama K, Konno T, Namura M, Mizuno S, Tatami R, Kanaya H, Nitta Y, Michishita I, Hirase H, Ueda K, Aoyama T, Okeie K, Haraki T, Mori K, Araki T, Minamoto M, Oiwake H, Ino H, Hayashi K, Yamagishi M. Cardiovasc Interv Ther. 2014 Apr;29(2):117-22. doi: 10.1007/s12928-013-0222-8. Epub 2013 Nov 8

  • Sinus dysfunction after stent implantation in the right coronary artery immediately recovered after reflow in the sinus node artery. Haraki T, Hirase H, Hoda S, Hashimoto M, Higashi M. Cardiovasc Interv Ther. 2014 Apr;29(2):173-6. doi: 10.1007/s12928-013-0208-6. Epub 2013 Sep 13.

  • Non-bacterial thrombotic endocarditis associated with Trousseau's syndrome. Nakashima K, Mori M, Haraki T, Hirase H, Yoshimuta T, Ichida F, Okeie K, Konno T, Hayashi K, Ino H, Kawashiri MA, Yamagishi M. J Echocardiogr. 2012 Sep;10(3):115-6. doi: 10.1007/s12574-012-0125-1. Epub 2012 Jun 8. No abstract available.

  • A patient with significant slow-flow phenomenon during percutaneous coronary intervention for ST elevation myocardial infarction associated with scattered necrotic core by virtual histology intravascular ultrasound. Haraki T, Hirase H, Ohta M, Uno Y, Sakata K, Kawashiri MA, Yamagishi M. Cardiovasc Interv Ther. 2011 Sep;26(3):290-5. doi: 10.1007/s12928-011-0073-0. Epub 2011 Jul 7.

  • Hunter syndrome with obstructive sleep apnea in patient who had received psychiatry treatment for insomnia and suicidal ideas. Watanabe A, Miyazaki H, Katoh H, Hukui K, Hori H, Hirase H, Haraki T, Hirata M, Ohta M. Nihon Naika Gakkai Zasshi. 2007 Feb 10;96(2):338-40. Japanese. No abstract available.

  • 【学会講演】豊橋 LIVE2016:サテライトシンポジウム Lecture THE BAILOUTERS ~150 人と考える危機からの脱出術~

  • 【学会講演】CVIT 総会(2018):Lecture『冠動脈穿孔に対する対処法』『DCA の有効な使用方法』 TOPIC2018 :Lecture『DCA の有効な使用方法』

著書

  • ;症例で覚える PCI 術者に必要な治療 tips

  • 『ロータブレーター施設基準を満たさない施設での石灰化病変への PCI』

  • ;DCA スターターマニュアル

  • 『石灰化病変』

  • ;Coronary intervention

  • 『Contemporary Stentless Strategy 2018、分岐部病変に対する Stentless Strategy』

  • ;Coronary Intervention(コロナリーインターベンション) Vol.7 No.4

  • 『理論と技術と挑戦と実力』

  • ;TOPIC Syllabus

  • 『プラークオリエンテーションの方法』

その他

  • 【DCAプロクター】2019/6/27、富山大学病院 他、数多くの施設へプロクターを施行

  • 【学会講演】CPAC2016:フェローコース Lecture 『血栓性病変に対するアプローチ』『マイクロカテ ーテル』

  • 【学会講演】CVIT 総会(2016):教育セッション Lecture 『PCI の合併症と Bail-out;穿孔』

  • 【学会講演】CVIT 第 41 回東海北陸地方会:Lecture『ステントレス PCI、DCA の有用性』

  • 【学会講演】CTO Club: ランチョン Lecture『New PCI Strategy in DOAC era』

  • 【学会講演】ADATARA live: Lecture『教育セッション、バルーンの使用方法』

  • 【学会講演】KCJL2019: Lecture『DCA の積極的な活用法』

  • 【学会講演】Sapporo LIVE: Lecture「Case Competition~私の人生最悪の PCI~」審査員

  • 【学会オぺレーター】TOPIC、東海ライブ、豊橋ライブ、CPAC、伊勢志摩ライブ、KCC、CCIK、TGH LIVE などのオぺレーター多数

  • 【学会ファカルティー】 CCT、 TOYOHASHI LIVE、 伊勢志摩LIVE、 ADATARA LIVE、 KCC、 CCI-K、KCJL、 POPAI、北陸 VAIVT 研究会、 CTO CLUB、 Sapporo Live Demonstration Course、 Japanese Bifurcation Clube Live Demonstration、TOPIC

  • TV TOKYO 教えて!ドクターで『心筋梗塞・起きたらどうする?』をテーマに出演

  • 北日本放送のテレビ番組『チイキ医リョウ~次世代を担う富山の医療人~・地域のハートセンターを目指して』にて出演

  • 富山新聞文化センター健康講座「高岡ハートセミナー」 講師

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。