新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 病院長

左近 賢人 さこん まさと 先生

1976年より消化器外科医師としてキャリアをはじめる。日本に留まらずアメリカでも経験を積み、2006年には西宮市立中央病院の院長に就任。
その後、2013年には地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンターの前身である地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター病院長に就任。現在に至るまで、がん治療に特化した病院の病院長としてがん患者さんの体と心に寄り添う医療提供に尽力。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 消化器外科(特に肝胆膵外科)
  • 血栓止血学

資格・学会・役職

  • 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 病院長
  • 日本外科学会 評議員(2002年2月〜2006年2月)
  • 日本外科学会 代議員 (2010年2月~)
  • 日本消化器外科学会 特別会員
  • 日本臨床外科学会 評議員 (1999年1月〜)
  • 日本血栓止血学会 評議員 (1988年12月〜)

所属病院

大阪国際がんセンター

  • 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 内分泌内科 代謝内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 大阪府大阪市中央区大手前3丁目1-69
  • 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分
  • 06-6945-1181
公式ウェブサイト
大阪国際がんセンター

医療記事

来歴等

略歴

1976年   大阪大学医学部医学科 卒業
1977年7月 兵庫県立西宮病院 外科 医員 (〜1979年6月)
1979年7月 大阪大学医学部 研究生(外科学第二教室)(〜1979年10月)
1981年12月 米国Vanderbilt 大学医学部研究員(research associate)(〜1982年12月)
1982年   医学博士(大阪大学) 取得
1983年1月 米国Harvard 大学New England Deaconess病院 Cancer Research Institute研究員(research associate)(〜1983年12月)
1984年8月 大阪大学助手医学部(外科学第二教室)(〜1996年7月)
1996年7月 大阪大学講師医学部(外科学第二教室)(〜1999年3月)
1999年4月 大阪大学助教授大学院医学研究科(病態制御外科学)
2004年4月 西宮市立中央病院外科 副院長
2006年4月 西宮市立中央病院外科 院長
2013年4月 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪府立成人病センター 病院長
2017年3月 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪国際がんセンター 病院長

論文

A.消化器外科・外科関連
1.Sakon M, Kobayashi S, Wada H, Eguchi H, Marubashi S, Takahashi H, Akita H, Gotoh K, Yamada D, Asukai K, Hasegawa S, Ohue M, Yano M, Nagano H. "Logic-Based Medicine" Is More Feasible than "Evidence-Based Medicine" in the Local Treatment for Hepatocellular Carcinoma.Oncology. 2020;98(5):259-266.
2.Sakon M.,Ogawa H.,Fujita M.,Nagano H..Hepatic resection for hepatocellular carcinoma based on tumor hemodynamics. Hepatology Res 43(2):155-164, 2013.
3.Nagano H, Miyamoto A, Wada H, Ota H, Marubashi S, Takeda Y, Dono K, Umeshita K, Sakon M, Monden M. Interferon-alpha and 5-fluorouracil combination therapy after palliative hepatic resection in patients with advanced hepatocellular carcinoma, portal venous tumor thrombus in the major trunk, and multiple nodules. Cancer 110:2493-501, 2007.
4.左近賢人,永野浩昭,門田守人.進行肝細胞癌に対する化学療法の最前線.日本内科学会雑誌 93(8):1660-5, 2004.総説
5.Sakon M, Nagano H, Dono K, Nakamori S, Umeshita K, Yamada A, Kawata S, Imai Y, Iijima S,Monden M.Combined intraarterial 5-fluorouracil and subcutaneous interferon-alpha therapy for advanced hepatocellular carcinoma with tumor thrombi in the major portal branches. Cancer 94(2):435-42, 2002.
6.Sakon M, Nagano H, Nakamori S, Dono K, Umeshita K, Murakami T, Nakamura H, Monden M. Intrahepatic recurrences of hepatocellular carcinoma after hepatectomy: analysis based on tumor hemodynamics. Arch Surg 137(1):94-9, 2002.
7.Sakon M, Umeshita K, Nagano H, Eguchi H, Kishimoto S, Miyamoto A, Ohshima S, Dono K, Nakamori S, Gotoh M, Monden M. Clinical significance of hepatic resection in hepatocellular carcinoma: analysis by disease-free survival curves. Arch Surg 135(12):1456-9, 2000.

B.血栓症関連
1.Sakon M, Maehara Y, Kobayashi T, Kobayashi H, Shimazui T, Seo N, Crawford B, Miyoshi I. Economic burden of venous thromboembolism in patients undergoing major abdominal surgery. Value in Health Regional Issues. 6C(2015) 73-79.
2.左近賢人,池田正孝(編集)森正樹,土岐祐一郎(監修)エキスパートによる消化器外科静脈血栓塞栓症診療指針 南江堂 2014.3
3.Sakon M, Maehara Y, Yoshikawa H, Akaza H. Incidence of venous thromboembolism following major abdominal surgery: a multi-center, prospective epidemiological survey in Japan. J Thromb Haemost 4(3):581-6, 2006.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。