新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・評議員 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医・評議員 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)・評議員 日本がんサポーティブケア学会 CINV部会部会員 日本癌治療学会 制吐薬適正使用ガイドライン改訂ワーキンググループ委員 日本臨床外科学会 会員 日本外科系連合学会 会員 日本癌学会 会員 日本免疫学会 会員

西村 潤一 にしむら じゅんいち 先生

公開日
2021/03/04

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 西村先生の大腸がんの専門領域

    大腸がんに対する腹腔鏡下手術を専門としている。大腸がんに対する化学療法、化学療法による嘔気嘔吐に対する制吐療法に関して多くの研究を行っている。

    • 腹腔鏡下手術
    • ロボット手術
    • 化学療法
    • 集学的治療
    • 制吐療法
  • 西村先生の直腸がんの専門領域

    直腸がんに対する腹腔鏡下手術を専門としている。腹腔鏡下側方リンパ節郭清に関する研究、直腸がんに対する術前化学療法、術前化学療法の効果に関する研究、化学療法による嘔気嘔吐に対する制吐療法に関する研究を行っている。

    • 腹腔鏡下手術
    • ロボット手術
    • 肛門温存手術
    • 化学療法
    • 集学的治療
    • 制吐療法

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・評議員
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医・大腸肛門病指導医・評議員
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)・評議員
日本がんサポーティブケア学会 CINV部会部会員
日本癌治療学会 制吐薬適正使用ガイドライン改訂ワーキンググループ委員
日本臨床外科学会 会員
日本外科系連合学会 会員
日本癌学会 会員
日本免疫学会 会員
  • 大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

所属病院

大阪国際がんセンター

  • 血液内科 心療内科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 内分泌内科 代謝内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 大阪府大阪市中央区大手前3丁目1-69
  • 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分 大阪メトロ谷町線 谷町四丁目 北改札口 徒歩5分
  • 06-6945-1181
公式ウェブサイト
大阪国際がんセンター

来歴等

略歴

1999年 大阪大学医学部附属病院 医員
2000年 大阪府立病院 消化器一般外科
2002年 八尾徳洲会総合病院 心臓血管外科
2004年 大阪大学医学部附属病院 医員
2005年 九州大学 生体防御医学研究所 研究員
2006年 大阪大学大学院 医学研究科 博士課程
2007年 大阪大学医学部附属病院 医員
2009年 大阪労災病院 外科 医長
2010年 大阪大学医学部附属病院 助教
2017年 大阪国際がんセンター 消化器外科 副部長

論文

  • 1. Adjuvant Chemotherapy after Neoadjuvant Chemotherapy and Long-term Outcomes of CAPOX Plus Bevacizumab Followed by TME for High-risk Localized Rectal Cancer. J Anus Rectum Colon 2020;4(3):108-113.

    Nishimura J, Hasegawa J, Noura S, Ikeda K, Yasui M, Komori T, et al.

  • 2. Combination antiemetic therapy with aprepitant/fosaprepitant in patients with colorectal cancer receiving oxaliplatin-based chemotherapy (SENRI trial): A multicentre, randomised, controlled phase 3 trial. Eur J Cancer 2015;51(10):1274-82.

    Nishimura J, Satoh T, Fukunaga M, Takemoto H, Nakata K, Ide Y, et al.

  • 3. Phase II trial of capecitabine plus oxaliplatin (CAPOX) as perioperative therapy for locally advanced rectal cancer. Cancer Chemother Pharmacol 2018;82(4):707-716.

    Nishimura J, Hasegawa J, Kato T, Yoshioka S, Noura S, Kagawa Y, et al.

  • 4. ATP drives lamina propria T(H)17 cell differentiation. Nature 2008;455(7214):808-12.

    Atarashi K, Nishimura J, Shima T, Umesaki Y, Yamamoto M, Onoue M, et al.

  • 5. Phase III trial comparing UFT + PSK to UFT + LV in stage IIB, III colorectal cancer (MCSGO-CCTG). Surg Today 2018;48(1):66-72.

    Miyake Y, Nishimura J, Kato T, Ikeda M, Tsujie M, Hata T, et al.

  • 6. (18)F-Fluorodeoxyglucose positron emission tomography ((18)F-FDG PET) for the early detection of response to neoadjuvant chemotherapy for locally advanced rectal cancer. Surg Today 2016;46(10):1152-8.

    Nishimura J, Hasegawa J, Ogawa Y, Miwa H, Uemura M, Haraguchi N, et al.

  • 7. microRNA-181a is associated with poor prognosis of colorectal cancer. Oncol Rep 2012;28(6):2221-6.

    Nishimura J, Handa R, Yamamoto H, Tanaka F, Shibata K, Mimori K, et al.

  • 8. Combination antiemetic therapy with aprepitant/fosaprepitant in patients with colorectal cancer receiving oxaliplatin-based chemotherapy in the SENRI trial: analysis of risk factors for vomiting and nausea. Int J Clin Oncol 2017;22(1):88-95.

    Takemoto H, Nishimura J, Komori T, Kim HM, Ota H, Suzuki R, et al.

  • 9. The possibility of using fibrin-based collagen as an antibiotic delivery system. Surg Today 2013;43(2):185-90.

    Nishimura J, Nakajima K, Souma Y, Takahashi T, Ikeguchi N, Takenaka R, et al.

  • 10. Significance of polypyrimidine tract binding protein 1 expression in colorectal cancer. Mol Cancer Ther 2015. Takahashi H, Nishimura J, Kagawa Y, Kano Y, Takahashi Y, Wu X, et al. Significance of polypyrimidine tract binding protein 1 expression in colorectal cancer. Mol Cancer Ther 2015.

    Takahashi H, Nishimura J, Kagawa Y, Kano Y, Takahashi Y, Wu X, et al.

  • 11. Abdominal soft tissue sarcoma: a multicenter retrospective study. Int J Clin Oncol 2010;15(4):399-405.

    Nishimura J, Morii E, Takahashi T, Souma Y, Nakajima K, Doki Y, et al.

  • 12. Potent antimycobacterial activity of mouse secretory leukocyte protease inhibitor. J Immunol 2008;180(6):4032-9.

    Nishimura J, Saiga H, Sato S, Okuyama M, Kayama H, Kuwata H, et al.

  • 13. Surgical strategy for gastric gastrointestinal stromal tumors: laparoscopic vs. open resection. Surg Endosc 2007;21(6):875-8.

    Nishimura J, Nakajima K, Omori T, Takahashi T, Nishitani A, Ito T, et al.

  • 14. Advantages of off-pump coronary artery bypass grafting in long-term hemodialysis patients: multicenter analysis. Heart Surg Forum 2004;7(5):E370-3.

    Nishimura J, Akagi H, Sawa Y, Takahashi T, Miyamoto Y, Sakai K, et al.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。