はやし整形外科 院長、横浜市立大学/整形外科 非常勤講師

林 毅 はやし たけし 先生

  • 神奈川県
  • 整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科

地域に根ざし、患者さんのための医療を追求し続ける

横浜で生まれ育ち、横浜市立大学医学部を卒業。米国アーカンソー大学への留学、横浜市立大学附属病院での勤務などを経て、2003年、はやし整形外科を開院した。地域に根ざし一般整形外科疾患全般、変形性膝関節症、関節リウマチ、骨粗鬆症、痛風、ロコモティブシンドローム、乳がん手術後のホルモン療法と関節痛の関連性に関する研究と啓発活動を含めた患者さんの治療に携わる。

林先生のストーリー記事

医師としての知見を常に磨き、患者さんのための医療を提供し続けたい
医師としての知見を常に磨き、患者さんのための医療を提供し続けたい

日々の診療においても研究の視点を忘れず、治療に向き合う林毅先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 整形外科
  • リウマチ科
  • リハビリテーション科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 乳がん手術後の関節痛

役職など

  • はやし整形外科 院長
  • 横浜市立大学/整形外科 非常勤講師

所属病院

来歴等

略歴

1985年 私立栄光学園高等学校 卒業
1986年 横浜市立大学医学部 入学
1991年 横浜市立大学医学部 卒業
1991年 横浜市立大学大学院研究科整形外科 入学
1993年 米国アーカンソー大学リウマチ科 勤務
1995年 横浜市立大学大学院研究科整形外科 卒業、学位取得
1995年 米国アーカンソー大学リウマチ科 講師
1996年 米国アーカンソー大学リウマチ科 退職
1996年 横浜市立大学附属病院 整形外科
1998年 聖ヨゼフ病院整形外科 医長
2000年 横浜市立大学附属病院 整形外科
2002年 聖ヨゼフ病院整形外科 医長
2003年 横浜市立大学医学部整形外科 助手
2006年 横浜市立大学医学部 退職
2006年 はやし整形外科 開設

論文

Kobayashi H, Takeno M, Saito T, Takeda Y, Kirino Y, Noyori K, Hayashi T, Ueda A, Ishigatsubo Y : Regulatory Role of Heme Oxygenase 1 in Inflammation of Rheumatoid Arthritis.
Arthritis Rheum; 54(4):1132-1142,2006.

Hanashi M, Hayashi T, Saito T; Expression of survivin in synovium and cartilage in DBA/1J mice with type II collagen-induced arthritis.
Clin Exp Rheumatol. 23(4):550, 2005

Hayashi T, Saito T; Cement or cementless fixation in total knee arthroplasty.
Reumatology 32 (6) 584-587, 2004

Honda A, Koshino T, Hayashi T, Takagi T, Okamoto R, Saito T; CD44 expression in synovial lining and cartilage of rat knees induced by intraarticular injection of synthetic lipid A;
Mod Rheumatol 13 (2) 135-138, 2003

Tanimoto M, Koshino T, Takagi T, Hayashi T, Saito T; Quantitative analysis of NF-kappaB-expression in cartilage and synovium of rat knee induced by intra-articular injection of synthetic lipid A.
Inflamm Res. 51(7):357-62, 2002

Eguchi J, Koshino T, Takagi T, Hayashi T, Saito T; NF-kappa B and I-kappa B overexpression in articular chondrocytes with progression of type II collagen-induced arthritis in DBA/1 mouse knees;
Clin Exp Rheumatol. 20(5):647-52, 2002

Sato M, Takagi T, Okamoto R, Koshino T, Hayashi T, Saito T; Upregulation of CD44 expression on bovine articular chondrocytes induced by synthetic lipid A; Mod Rheumatol. 12(1) 18-23, 2002

Yamamoto K, Koshino T, Saito T, Sakai N, Takagi T, Takeuchi R, Kawashima Y, Hayashi T, Yamada H;
Long-term postoperative results of high tibial osteotomy for osteoarthritis of the knee over 65 year-old patients.
Orthopedic Surgery 49(9): 1061-1067, 1998

Kurosaka N, Takagi T, Okamoto R, Hayashi T, Sato M, Sato M, Koshino T; Effect of CD 44 expression and hyaluronate sodium in inflammatory cell infiltrates of air-pouch inflammation in rats;
Report of Yokohama specified research project “Intractable Disease”, fiscal 1997, 25-26, 1998

Koshino T, Hayashi T; Problems during orthopedics surgery and the countermeasures:
High tibial osteotomy for osteoarthritis of the knee.
Journal of Joint Surgery Special edition 17(11): 108-115, 1998

Uesugi M, Hayashi T, Jasin HE; Covalent cross-linking of immune complexes by oxygen radicals and nitrite.
J Immunol 161(3):1422-7, 1998

Sakano H, Koshino T, Sakai N, Takeuchi R, Hayashi T, Sato S, Wada S, Takigami H, Kobayashi A, Fukuzawa G, Sugimura S, Okada S; Postoperative result of external skeletal fixation for fractures of the distal radius.
Fracture: 19, 739-744, 1997

Hayashi T, Abe E, Yamate T, Taguchi Y, Jasin HE; Nitric oxide production by superficial and deep articular chondrocytes.
Arthritis Rheum 40:261-269, 1997

Hayashi T, Abe E, Jasin HE; Fibronectin synthesis by superficial and deep layers of normal articular cartilage.
Arthritis Rheum 39:567-573, 1996

その他

  • 招待講演 第19回 国際外科消化器科腫瘍科学会 (IASGO)、2019年7月

  • 林毅、紺野勉 エルデカルシトールの単剤・併用による橈骨骨密度と骨代謝マーカーの変化の検討・神奈川県臨床整形外科医会での多施設研究の試み 第28回 日本臨床整形外科学会学術集会 下関、2015年7月

  • 林毅、山田広志、茶木修 エルデカルシトールとミノドロン酸の併用療法と橈骨超遠位端での 骨密度測定による治療効果判定 第16回 日本骨粗鬆症学会 東京、2014年10月

  • 林毅、茶木修 アレンドロネートまたはラロキシフェン投薬中に骨密度が低下した閉経後骨粗鬆症患者に対するエルデカルシトール上乗せ効果の検討 第15回 日本骨粗鬆症学会 大阪、2013年10月

  • 林毅、石川孝、成井一隆、嶋田和博、清水大輔、籾山信義 整形外科医からみたアロマターゼ阻害剤投与後の関節痛の病態とその治療 第21回 日本乳癌学会学術総会 浜松、2013年6月

  • 林毅、茶木修 アレンドロネート投薬中の閉経後骨粗鬆症患者に対するエルデカルシトール上乗せ効果の検討 第14回 日本骨粗鬆症学会 新潟、2012年9月

  • 林毅、石川孝、清水大輔、太田郁子、籾山信義 整形外科医からみたホルモン治療による関節痛の閉経前後での比較とその対策 第19回 日本乳癌学会学術総会 仙台、2011年9月

  • 林毅、石川孝、持田勇一、三ツ木直人、齋藤知行 整形外科医からみた乳癌術後ホルモン療法による関節痛の閉経前後での病態比較とその治療 第39回 日本関節病学会 横浜、2011年11月

  • 林毅、石川孝、持田勇一、三ツ木直人、齋藤知行 閉経後ホルモン感受性乳癌術後患者に投与されるアロマターゼ阻害剤による関節痛に対する整形外科的治療の有用性 第83回 日本整形外科学会学術総会 東京 2010年5月

  • 林毅、石川孝、清水大輔、鬼頭礼子、籾山信義 整形外科医から見たアロマターゼ阻害剤投与後の関節痛の年齢的差異と治療 第18回 日本乳癌学会学術総会 札幌、2010年6月

  • 林毅、石川孝、持田勇一、三ツ木直人、紺野 勉、齋藤知行 閉経後ホルモン感受性乳癌術後患者に投与されるアロマターゼ阻害剤による関節痛に対する整形外科的治療の有用性 第23回 日本臨床整形外科学会学術集会 神奈川 2010年7月

  • 林毅、石川孝、清水大輔、鬼頭礼子、籾山信義 整形外科医から見たアロマターゼ阻害剤投与後の関節痛とその治療 第17回 日本乳癌学会学術総会 東京、2009年7月

  • 林毅、石川孝、持田勇一、三ツ木直人、齋藤知行 乳癌術後に投与されるアロマターゼ阻害剤(AI)による関節痛に対する整形外科医としての対応   神奈川リウマチ医会 2009年11月

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。