新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

九州大学大学院医学研究院 泌尿器科学分野 准教授

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医 日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者・泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医 日本泌尿器腫瘍学会 会員 日本内視鏡外科学会 会員 日本癌学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本内分泌外科学会 会員 日本ロボット外科学会 会員

猪口 淳一 いのくち じゅんいち 先生

公開日
2020/03/31

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 泌尿器科
  • 猪口先生の膀胱がんに関する得意な領域
    • ロボット支援膀胱全摘除術
    • 腹腔鏡下膀胱全摘除術
    • 経尿道的膀胱腫瘍切除術
    • 全身化学療法
    • 免疫療法
  • 猪口先生の前立腺がんに関する得意な領域
    • ロボット支援前立腺全摘除術
    • ホルモン療法
    • 密封小線源治療
  • 上部尿路がん
  • 腎細胞がん
  • 精巣がん

資格・学会・役職

日本泌尿器科学会 泌尿器科専門医・泌尿器科指導医
日本泌尿器内視鏡学会 泌尿器腹腔鏡技術認定者・泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医
日本泌尿器腫瘍学会 会員
日本内視鏡外科学会 会員
日本癌学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本内分泌外科学会 会員
日本ロボット外科学会 会員
  • 九州大学大学院医学研究院 泌尿器科学分野 准教授
  • 日本泌尿器内視鏡学会 代議員
  • 日本泌尿器腫瘍学会 代議員
  • Endourological society
  • Societe Internationale d’Urologie

所属病院

九州大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 血管外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 福岡県福岡市東区馬出3丁目1-1
  • 福岡市営地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」 徒歩5分 JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)「吉塚駅」 徒歩15分
  • 092-641-1151
九州大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1997年 広島大学医学部医学科 卒業
1997年 九州厚生年金病院 臨床研修医
1998年 九州大学医学部附属病院 医員(研修医)
1999年 原三信病院泌尿器科 医師
2000年 九州大学医学系学部・臓器機能医学専攻 入学
2004年 九州大学医学系学部・臓器機能医学専攻 修了
2004年 九州大学病院・泌尿器科 医員
2005年 壱岐市民病院 医長
2006年 九州大学病院・泌尿器科 医員
2006年 University of California, Irvine Medical Center, PhDとして留学
2008年 九州大学大学院医学研究院 泌尿器科学分野 助教
2009年 九州大学病院・泌尿器科 助教
2013年 九州大学病院・泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 講師
2017年 九州大学病院・泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 診療准教授
2020年 九州大学病院・泌尿器・前立腺・腎臓・副腎外科 准教授

論文

  • Deregulated expression of KRAP, a novel gene encoding actin-interacting protein, in human colon cancer cells. J Hum Genet. 2004;49(1):46-52.

    Inokuchi J, Komiya M, Baba I, Naito S, Sasazuki T, Shirasawa S.

  • Dermatitis due to epiregulin deficiency and a critical role of epiregulin in immune-related responses of keratinocyte and macrophage. Proc Natl Acad Sci U S A. 2004;101(38):13921-13926.

    Shirasawa S, Sugiyama S, Baba I, Inokuchi J, Sekine S, Ogino K, Kawamura Y, Dohi T, Fujimoto M, Sasazuki T.

  • Loss of annexin A1 disrupts normal prostate glandular structure by inducing autocrine IL-6 signaling. Carcinogenesis. 2009;30(7):1082-1088.

    Inokuchi J, Lau A, Tyson DR, Ornstein DK.

  • Annexin A2 positively contributes to the malignant phenotype and secretion of IL-6 in DU145 prostate cancer cells. Int J Cancer. 2009;124(1):68-74.

    Inokuchi J, Narula N, Yee DS, Skarecky DW, Lau A, Ornstein DK, Tyson DR.

  • Cancer Registration Committee of the Japanese Urological A. Impact of multimodal treatment on prognosis for patients with metastatic upper urinary tract urothelial cancer: Subanalysis of the multi-institutional nationwide case series study of the Japanese Urological Association. Int J Urol. 2016;23(3):224-230.

    Inokuchi J, Naito S, Fujimoto H, Hara T, Sakura M, Nishiyama H, Miyazaki J, Kikuchi E, Hinotsu S, Koie T, Ohyama C,

  • Potential Role for YB-1 in Castration-Resistant Prostate Cancer and Resistance to Enzalutamide Through the Androgen Receptor V7. J Natl Cancer Inst. 2016;108(7).

    Shiota M, Fujimoto N, Imada K, Yokomizo A, Itsumi M, Takeuchi A, Kuruma H, Inokuchi J, Tatsugami K, Uchiumi T, Oda Y, Naito S.

  • Cancer Registration Committee of the Japanese Urological A. Impact of lymph node dissection on clinical outcomes during nephroureterectomy in patients with clinically node-negative upper urinary tract urothelial cancer: subanalysis of a multi-institutional nationwide case series of the Japanese Urological Association. Jpn J Clin Oncol. 2017;47(7):652-659.

    Inokuchi J, Eto M, Hara T, Fujimoto H, Nishiyama H, Miyazaki J, Kikuchi E, Hinotsu S, Koie T, Ohyama C,

  • Role of lymph node dissection during radical nephroureterectomy for upper urinary tract urothelial cancer: multi-institutional large retrospective study JCOG1110A. World J Urol. 2017;35(11):1737-1744.

    Inokuchi J, Kuroiwa K, Kakehi Y, Sugimoto M, Tanigawa T, Fujimoto H, Gotoh M, Masumori N, Ogawa O, Eto M, Ohyama C, Yamaguchi A, Matsuyama H, Ichikawa T, Asano T, Mizusawa J, Eba J, Naito S.

  • Gene polymorphisms in antioxidant enzymes correlate with the efficacy of androgen-deprivation therapy for prostate cancer with implications of oxidative stress. Ann Oncol. 2017;28(3):569-575.

    Shiota M, Fujimoto N, Itsumi M, Takeuchi A, Inokuchi J, Tatsugami K, Yokomizo A, Kajioka S, Uchiumi T, Eto M.

  • Impact of Previous, Simultaneous or Subsequent Bladder Cancer on Prognosis after Radical Nephroureterectomy for Upper Urinary Tract Urothelial Carcinoma. J Urol. 2019;202(6):1127-1135.

    Kuroiwa K, Inokuchi J, Nishiyama H, Kojima T, Kakehi Y, Sugimoto M, Tanigawa T, Fujimoto H, Gotoh M, Masumori N, Ogawa O, Eto M, Ohyama C, Yokomizo A, Matsuyama H, Ichikawa T, Mizusawa J, Eba J, Naito S, Jcog U.

著書

  • 【分担執筆】猪口淳一、内藤誠二:泌尿生殖器がん: 転移・再発膀胱がんに対する化学療法で、最も有用なレジメンは何か? EBM がん化学療法・分子標的治療法, pp. 436-439, 中外医学社, 東京, 2010

  • 【分担執筆】猪口淳一、内藤誠二:ベッドサイド泌尿器科学 改訂第4版,II章 泌尿器科検査診断学、2. 理学検査、3. 尿及び分泌物検査.pp. 77-82, 南江堂, 東京, 2013

  • 【分担執筆】Jeong-Hun Kang, Junichi Inokuchi, Takahito Kawano and Masaharu Murata:PROTEIN KINASE C EMERGING ROLES AND THERAPEUTIC POTENTIAL,pp. 25-47, Nova Science Publishers, NY, 2018

  • 【分担執筆】猪口淳一、他:膀胱癌診療ガイドライン2019年版,医学図書出版, 東京, 2019

その他

  • 【受賞】第67回西日本泌尿器科学会総会 学術奨励賞(2015年11月7日)

  • 【受賞】The 31st Annual Congress of the European Association of Urology, Best Poster(2015年3月14日)

  • 【受賞】西日本泌尿器科学会賞(重松賞)(2017年11月10日)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。