新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岡山済生会総合病院 内科 特任副院長 リウマチ・膠原病センター長

日本内科学会 総合内科専門医・指導医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医 日本アレルギー学会 アレルギー専門医 日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医

山村 昌弘 やまむら まさひろ 先生

公開日
2020/07/03

岡山大学医学部第三内科入局後、3年余り総合内科医として修練を積んだ。その後リウマチ・膠原病診療の指導を受けながら、同時に免疫学の知識と研究の基本について学んだ。幸運にも、基礎免疫学と分子生物学が大きく進歩し始めた時期に米国留学の機会を得て、サイトカインとT細胞機能分化について理解を深め、帰国後大学で多くの大学院生・研究生と病態解明を目指した研究を発展させることができた。現在、リウマチ・膠原病領域では抗サイトカイン治療薬や分子標的薬が治療導入されているが、留学中に習得した知識が病態や新規治療薬の理解に役立っている。現在、リウマチ・膠原病を中心に年間1500名余り(新患を含む)の外来患者と200名余りの入院患者の診療にあたっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 内科(リウマチ・膠原病)
  • 【疾患名】脊椎関節炎【治療方法】生物学的製剤、分子標的薬治療
  • 【疾患名】血管炎【治療方法】生物学的製剤、分子標的薬治療
  • 【疾患名】自己炎症症候群【治療方法】生物学的製剤、分子標的薬治療

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・指導医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医・リウマチ指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
日本老年医学会 老年病専門医・老年病指導医
  • 岡山済生会総合病院 内科 特任副院長 リウマチ・膠原病センター長
  • 日本内科学会 支部評議員
  • 日本リウマチ学会 支部運営委員
  • 日本臨床リウマチ学会 評議員
  • 日本脊椎関節炎研究会 理事、理事長(2020年~)
  • 日本リウマチ学会 編集委員会 Modern Rheumatology, Transmitting Editor
  • 日本リウマチ学会 教育施設認定委員会委員
  • 厚生労働省 難治性血管炎に関する調査研究班研究協力者
  • 厚生労働省 難治性強直性脊椎炎に関する調査研究班班員(2016年~)
  • 財団法人日本リウマチ財団 ニュース編集委員
  • 岡山県難病医療連絡会 委員

所属病院

岡山済生会総合病院

  • 内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 内分泌内科 肝胆膵外科 内分泌外科 血管外科 放射線治療科 病理診断科
  • 岡山県岡山市北区国体町2-25
  • JR山陽本線(姫路~岡山)「岡山駅」 西口 岡山電気軌道東山本線の岡山駅前駅も利用可能  病院・外来センター間はシャトルバス運行あり 徒歩9分
  • 086-252-2211
岡山済生会総合病院

来歴等

略歴

1981年 信州大学医学部医学科 卒業
1981年 岡山大学医学部第三内科(内科学第三講座) 入局
1989年 米国南カリフォルニア大学微生物学・免疫学部門 研究員
1991年 米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校微生物学・免疫学部門 研究員
1998年 岡山大学医学部第三内科(現 大学院医歯薬学総合研究科腎・免疫・内分泌代謝内科学) 助教授
2006年 愛知医科大学医学部リウマチ科(現 腎・リウマチ膠原病内科) 主任教授
2011年 岡山済生会総合病院リウマチ・膠原病センター長 愛知医科大学医学部 客員教授
2014年 岡山済生会総合病院特任副病院長 岡山大学医学部 臨床教授
2017年 岡山大学医学部 非常勤講師

論文

  • Defining protective responses to pathogens: cytokine profiles in leprosy lesions. Science 254:277-279, 1991.

    Yamamura M, Uyemura K, Deans RJ, Weinberg K, Rea TH, Bloom BR, Modlin RL

  • Cytokine patterns of immunologically mediated tissue damage. J Immunol 149:1470-1475, 1992.

    Yamamura M, Wang X-H, Ohmen JD, Uyemura K, Rea TH, Bloom BR, Modlin RL

  • Local expression of antiinflammatory cytokines in cancer. J Clin Invest 91:1005-1010, 1993.

    Yamamura M, Modlin RL, Ohmen JD, Moy RL

  • Impaired interleukin-8-dependent chemotaxis by synovial fluid polymorphonuclear leukocytes in rheumatoid arthritis. Acta Med Okayama 48:181-187, 1994.

    Hashimoto H, Yamamura M, Nishiya K, Ota Z

  • Comparative analysis of CD45RA- and CD45RO-positive CD4+ T cells in peripheral blood, synovial fluid, and synovial tissue in patients with rheumatoid arthritis and osteoarthritis. Acta Med Okayama 51:25-31, 1997.

    Ezawa K, Yamamura M, Matsui H, Ota Z, Makino H

  • The synovial expression and serum levels of interleukin-6, interleukin-11, leukemia inhibitory factor, and oncostatin M in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 40:1096-1105, 1997.

    Okamoto H, Yamamura M, Morita Y, Harada S, Makino H, Ota Z

  • Inhibition of rheumatoid synovial fibroblast proliferation by antisense oligonucleotides targeting proliferating cell nuclear antigen messenger RNA. Arthritis Rheum 40:1292-1297, 1997.

    Morita Y, Kashihara N, Yamamura M, Okamoto H, Harada S, Maeshima Y, Okamoto K, Makino H

  • Expression of interleukin-12 in synovial tissue from patients with rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 41:306-314, 1998.

    Morita Y, Yamamura M, Nishida K, Harada S, Okamoto H, Inoue H, Ohmoto Y, Modlin RL, Makino H

  • Antisense oligonucleotides targeting c-fos mRNA inhibit rheumatoid synovial fibroblast proliferation. Ann Rheum Dis 57:122-124, 1998.

    Morita Y, Kashihara N, Yamamura M, Okamoto H, Harada S, Kawashima M, Makino H

  • Flow cytometric single-cell analysis of cytokine production by CD4+ T cells in synovial tissue and peripheral blood from patients with rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 41:1669-1675, 1998.

    Morita Y, Yamamura M, Kawashima M, Harada S, Tsuji K, Shibuya K, Maruyama K, Makino H

  • Increased type 2 cytokine expression by both CD4+ CD45RO+ T cells and CD8+ CD45RO+ T cells in blood circulation is associated with high serum IgE but not with atopic dermatitis. J Invest Dermatol 111:1079-1084, 1998.

    Sato A, Tsuji K, Yamamura M, Morita Y, Kanzaki H, Tada J, Makino H, Arata J

  • Production of interleukin-7 and interleukin-15 by fibroblast-like synoviocytes from patients with rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 42:1508-1516, 1999.

    Harada S, Yamamura M, Okamoto H, Morita Y, Kawashima M, Aita T, Makino H

  • Interferon- γ -inducing activity of interleukin-18 in the joint with rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 44:275-285, 2001.

    Yamamura M, Kawashima M, Taniai M, Yamauchi H, Tanimoto T, Kurimoto M, Morita Y, Ohmoto Y, Makino H

  • Levels of interleukin-18 and its binding inhibitors in the blood circulation of patients with adult-onset Still’s disease. Arthritis Rheum 44:550-560, 2001.

    Kawashima M, Yamamura M, Taniai M, Yamauchi H, Tanimoto T, Kurimoto M, Miyawaki S, Amano T, Takeuchi T, Makino H

  • Renal involvement in rheumatoid arthritis: analysis of renal biopsy specimens from 100 patients. Modern Rheumatol 12:148-154, 2002.

    Makino H, Yoshinaga Y, Yamasaki Y, Morita Y, Hashimoto H, Yamamura M

  • CD14+,CD16+ blood monocytes and joint inflammation in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 46:2578-2586, 2002.

    Kawanaka N, Yamamura M, Aita T, Morita Y, Okamoto A, Kawashima M, Iwahashi M, Ueno A, Ohmoto Y, Makino H

  • Use of genomic profiling in leprosy to discriminate clinical forms of the disease. Science 301:1527-1530, 2003.

    Bleharski JR, Li H, Meinken C, Graeber TG, Ochoa M-T, Yamamura M, Burdick A, Sarno EN, Wagner M, Röllinghoff M, Rea TH, Colonna M, Stenger S, Bloom BR, Eisenberg D, Modlin RL

  • Pathophysiological functions of CD30+ CD4+ T cells in rheumatoid arthritis. Acta Med Okayama 57:267-277, 2003.

    Okamoto A, Yamamura M, Iwahashi M, Aita T, Ueno A, Kawashima M, Yamana J, Kagawa H, Makino M

  • Expression of interleukin-12 receptor (IL-12R) and IL-18R on CD4+ T cells from patients with rheumatoid arthritis. J Rheumatol 31:448-456, 2004.

    Aita T, Yamamura M, Kawashima M, Okamoto A, Iwahashi M, Yamana M, Makino M

  • Expression of Toll-like receptor 2 on CD16+ blood monocytes and synovial tissue macrophages in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 50:1457-1467, 2004.

    Iwahashi M, Yamamura M, Aita T, Okamoto A, Ueno A, Ogawa N, Akashi S, Miyake K, Godowski PJ, Makino M

  • The clinical characteristics of Mycobacterium tuberculosis infection among rheumatoid arthritis patients. Modern Rheumatol 14:143-148, 2004.

    Yoshinaga Y, Kanamori T, Ota Y, Miyoshi T, Kagawa H, Yamamura M

  • Resistance to interleukin-10 inhibition of interferon- γ - production and expression of suppressor of cytokine signaling 1 in CD4+ T Cells from patients with rheumatoid arthritis. Arthritis Res Ther 6:R567-577, 2004.

    Yamana J, Yamamura M, Okamoto A, Aita T, Iwahashi M, Sunahori K, Makino H

  • The production of CXCR3 agonistic chemokines by synovial fibroblasts from patients with rheumatoid arthritis. Rheumatol Int 25:361-367, 2005.

    Ueno A, Yamamura M, Iwahashi M, Okamoto A, Aita T, Ogawa N, Makino H

  • Increased expression of receptor for advanced glycation endproducts by synovial tissue macrophages in rheumatoid arthritis. Arthritis Rheum 54:97-104, 2006.

    Sunahori K, Yamamura M, Yamana J, Takasugi K, Kawashima M, Makino H

  • The S100A8/A9 heterodimer amplifies proinflammatory cytokine production by macrophages via activation of nuclear factor kappa B and p38 mitogen-activated protein kinase in rheumatoid arthritis. Arthritis Res Ther 8:R69, 2006.

    Sunahori K, Yamamura M, Yamana J, Takasugi K, Kawashima M, Yamamoto H, Chazin WJ, Nakatani Y, Yui S, Makino H

  • Selective recruitment of CXCR3+ and CCR5+ CD4+ T cells into synovial tissue in patients with rheumatoid arthritis. Acta Med Okayama 60:149-157, 2006.

    Norii M, Yamamura M, Iwahashi M, Ueno A, Yamana J, Makino M

  • Induction of tumor necrosis factor receptor-expressing macrophages by interleukin-10 and macrophage colony-stimulating factor in rheumatoid arthritis. Arthritis Res Ther 8:R126, 2006.

    Takasugi K, Yamamura M, Iwahashi M, Otsuka F, Yamana J, Sunahori K, Kawashima M, Yamada M, Makino H

  • TNF-alpha inhibits BMP-induced osteoblast differentiation through activating SAPK/JNK signaling. Biochem Biophys Res Commun. 356:1004-1010, 2007.

    Mukai T, Otsuka T, Otani H, Yamashita M, Takasugi M, Inagaki K, Yamamura M, Makino H

  • Recruitment of CD16+ monocytes into synovial tissues is mediated by fractalkine and CX3CR1 in rheumatoid arthritis patients. Acta Med Okayama. 61:89-98, 2007.

    Yano R, Yamamura M, Sunahori K, Takasugi K, Yamana J, Kawashima M, Makino H

  • Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour, Welfare of Japan: A nationwide survey on the epidemiology and clinical features of eosinophilic granulomatosis with polyangiitis (Churg-Strauss) in Japan. Mod Rheumatol 24:640-644, 2014.

    Sada KE, Amano K, Uehara R, Yamamura M, Arimura Y, Nakamura Y, Makino H

  • Classification and characteristics of Japanese patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis in a nationwide, prospective, inception cohort study. Arthritis Res Ther16:R101, 2014.

    Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Dobashi H, Takasaki Y, Ito S, Yamada H, Wada T, Hirahashi J, Arimura Y, Makino H

  • Reclassification of patients in the prospective cohort study of Remission Induction Therapy in Japanese patients with ANCA-associated vasculitides according to the MHLW criteria. Mod Rheumatol 25:657-659, 2015.

    Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Arimura Y, Makino H; for the Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan. Issues associated with the Ministry of Health, Labour and Welfare diagnostic criteria for antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitides

  • Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan: Different responses to treatment across classified diseases and severities in Japanese patients with microscopic polyangiitis and granulomatosis with polyangiitis: a nationwide prospective inception cohort study. Arthritis Res Ther 17:305, 2015.

    Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Takasaki Y, Amano K, Fujimoto S, Muso E, Murakawa Y, Arimura Y, Makino H

著書

  • 【共著】山村昌弘:慢性関節リウマチに対するステロイド治療.先端医学撰書 知っておきたい膠原病の新たな診療 安部 達・槇野博史編著,真興交易医学出版部 東京 p64-75,2000年.

  • 【共著】山村昌弘:リウマチ・膠原病の検査.リウマチ・膠原病の治療と看護 河合眞一, 森脇美登里編集,南江堂 東京 p19-24,2001年.

  • 【共著】山村昌弘:5. 炎症のメディエーター 5.1 サイトカイン.膠原病・リウマチ学 宮坂信之編集,朝倉書店 東京 p49-58,2001年

  • 【共著】山村昌弘:第7章 病態栄養と栄養治療 5. その他の疾患 3) 免疫・アレルギー疾患.認定「病態栄養専門管理士」のための病態栄養ガイドブック 日本病態栄養学会編,メディカルレビュー 大阪 p316-320,2002年

  • 【共著】山村昌弘:第2章.関節リウマチの病理・病態生理.病態生理-サイトカインの面から-.最新医学別冊 新しい診断と治療のABC 8. (免疫1) 関節リウマチ 宮坂信之編集,最新医学社 大阪 p35-46,2002年.

  • 【共著】山村昌弘:第1章 免疫と疾患 6. サイトカイン.先端医療シリーズ19 アレルギー・リウマチ・膠原病 アレルギー・リウマチ・膠原病の最新医療 狩野庄吾・中川武正編集主幹,山本一彦・宮地良樹・蓑田清次・竹内勤・近藤直実編集委員.寺田国際事務所/先端医療技術研究所 東京 p37-43,2003年.

  • 【共著】山村昌弘:第5章.サイトカインの病態への関与.自己免疫疾患・アレルギー 関節リウマチ.医学のあゆみ 別冊 サイトカイン-state of arts 宮坂信之・宮島 篤編集,医歯薬出版株式会社 東京 p226-230,2004年.

  • 【共著】山村昌弘:Ⅵ 抗リウマチ薬の選び方と使い方.Q41 NSAIDsとステロイドの併用が必要な例は?抗リウマチ薬Q&A 河合眞一,田中良哉,山本一彦編,日本医学出版 東京 p150-153,2006年.

  • 【共著】山村昌弘:Ⅵ 抗リウマチ薬の選び方と使い方.Q42 抗リウマチ薬の効果判定方法と治療変更のタイミング 抗リウマチ薬Q&A 河合眞一,田中良哉,山本一彦編,日本医学出版 東京 p154-159,2006年.

  • 【共著】山村昌弘:Ⅵ 抗リウマチ薬の選び方と使い方.Q43 無効,効果不十分例の対応方法 抗リウマチ薬Q&A 河合眞一,田中良哉,山本一彦編,日本医学出版 東京 p160-164,2006年.

  • 【共著】山村昌弘:第3部 症状・所見からみた膠原病・リウマチ.H クリオグロブリン血症,クロオフィブリノーゲン血症 EXPERT 膠原病・リウマチ 改訂第2版 住田孝之編,診断と治療社 東京 p160-164,2006年.

  • 【共著】山村昌弘:第1部第10章 ハンセン病の免疫病理学.総説現在ハンセン病医学 大谷藤朗監修 牧野正直・長尾栄治・尾崎元昭・畑野研太郎編,東海大学出版会 秦野 p165-176,2007年.

  • 【共著】山村昌弘:リウマチ性多発筋痛症 今日の治療指針 2008年度版 山口 徹・北原光夫・福井次矢総編集,医学書院 東京 p628-629,2008年.

  • 【共著】山村昌弘:関節リウマチのパラダイムシフト-生物学的製剤時代の最新治療動.生物学的製剤の使い分けと切り替え.別冊・医学のあゆみ 宮坂信之編集,医歯薬出版株式会社 東京 p53-56,2008年.

  • 【共著】山村昌弘:第2章.関節リウマチの病理・病態生理.病態生理-サイトカインの面から-.最新医学 別冊 新しい診断と治療のABC 8. (免疫1) 関節リウマチ 改訂第2版 宮坂信之編集,最新医学社 大阪 p44-58,2008年.

  • 【共著】山村昌弘:ウェゲナー肉芽腫症 今日の治療指針 2009年度版 山口 徹・北原光夫・福井次矢総編集,医学書院 東京 p628-630,2008年.

  • 【共著】山村昌弘,河島昌典:8.関節リウマチの診断に必要な血液検査.よくわかる関節リウマチのすべて 宮坂信之編集,永井書店 東京 p58 -66,2009年.

  • 【共著】山村昌弘:総論 5 生物学的製剤の効果を最大限に引き出すためには?~単独,併用?~.正しい生物学的製剤の使い方 関節リウマチ 宮坂信之編集,医薬ジャーナル社 大阪 p28- 31,2009年.

  • 【共著】山村昌弘.内科学総論 治療学 各種の薬物療法 4 免疫抑制薬.内科学書 改訂第7版 Vol. 1 小川 聡総編集,伴信太郎・山本和利部門編,中山書店 東京 p184-187,2009年.

  • 【共著】山村昌弘.膠原病,リウマチ性疾患 Weber-Christian病.内科学書 改訂第7版 Vol. 2 小川 聡総編集,後藤 元・三森経世・大田 健・三島理晃部門編集,中山書店 東京 p229-230,2009年.

  • 【共著】山村昌弘:Part 14 免疫系,結合組織,関節の疾患 Section 1 正常および異常な免疫系 308章 免疫系序論(訳).ハリソン内科学 第3版 福井次矢・黒川 清日本語監修,河合眞一・尾崎承一監訳,メディカル・サイエンス・インターナショナル 東京 p2103-2112,2009年.

  • 【共著】山村昌弘:Ⅵ. 他科とのコンサルテーション 1. 腎臓内科.リウマチ・膠原病内科クリニカルスタンダード 三森経世編集,文光堂 東京 p274-279,2010年.

  • 【共著】山村昌弘:血管炎症候群. 今日の治療指針 2011年度版 山口 徹・北原光夫・福井次矢総編集,医学書院 東京 p737-739,2011年.

  • 【共著】山村昌弘(分担執筆):ANCA関連血管炎の診療ガイドライン 尾崎承一・槇野博史・松尾清一編集,厚生労働省難治性疾患克服研究事業 東京,2011年.

  • 【共著】山村昌弘:関節リウマチに伴うアミロイドーシス(AAアミロイドーシス).今日の治療指針 2012年度版 山口 徹・北原光夫・福井次矢総編集,医学書院 東京 p739-740,2012年.

  • 【共著】山村昌弘:II. リウマチ膠原病 顕微鏡的多発血管炎.アレルギー・リウマチ膠原病診療 最新ガイドライン 足立 満・笠間 毅編集,総合医学社 東京 p191-199,2012年.

  • 【共著】山村昌弘:総論 5 生物学的製剤の効果を最大限に引き出すためには?~単独,併用?~.正しい生物学的製剤の使い方 関節リウマチ 改訂版 宮坂信之編集,医薬ジャーナル社 大阪 p31-35,2012年.

  • 【共著】山村昌弘:Part 15 関節および隣接組織の疾患 Section 1 免疫系の機能とその異常 314章 免疫系序論(訳).ハリソン内科学 第4版 福井次矢・黒川 清日本語監修,河合眞一・尾崎承一監訳,メディカル・サイエンス・インターナショナル 東京 p2312-2320,2013年.

  • 【共著】山村昌弘:第3部 症状・所見からみた膠原病・リウマチ H クリオグロブリン血症,クロオフィブリノーゲン血症. EXPERT 膠原病・リウマチ 改訂第3版 住田孝之編,診断と治療社 東京 p135-142,2013年.

  • 【共著】山村昌弘:膠原病および類縁疾患 クリオグロブリン血症.今日の診療と介護 改定第3版 永井良三・大田 健総編集,南江堂 東京 p886-199,2013年.

  • 【共著】山村昌弘:内科学総論 治療学 各種の薬物療法 4 免疫抑制薬.内科学書 改訂第8版 Vol. 1 小川 聡総編集,伴信太郎・山本和利部門編,中山書店 東京 p184-189,2013年.

  • 【共著】山村昌弘:膠原病,リウマチ性疾患 Weber-Christian病.内科学書 改訂第8版 Vol. 2 小川 聡総編集,後藤 元・三森経世・大田 健・三島理晃部門編集,中山書店 東京 p248-249,2013年.

  • 【共著】山村昌弘(分担執筆):ANCA関連血管炎の診療ガイドライン(2014年改訂板) 尾崎承一・槇野博史・松尾清一編集,厚生労働省難治性疾患克服研究事業 東京,2014年.

  • 【共著】山村昌弘:血管炎の診断と治療-新分類CHCC2012に沿って.薬剤誘発性血管炎.別冊・医学のあゆみ 尾崎承一編集,医歯薬出版株式会社 東京 p131-135,2014年.

  • 【共著】山村昌弘:血管炎症候群 (4) 結節性多発動脈炎 1) 結節性多発動脈炎.別冊日本臨牀 免疫症候群(第2版) –その他の免疫疾患を含めて- 日本臨牀社 大阪 p761-765,2015年.

  • 【共著】山村昌弘:X 膠原病・類縁疾患 ANCA関連血管炎.診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-3017 門脇 孝・小室一成・宮地良樹編集,メディカルレビュー社 大阪 p601-608,2016年.

  • 【共著】山村昌弘:ステロイドの副作用と対策.今日の治療指針 2017年度版 福井次矢・高木 誠・小室一成総編集,医学書院 東京 p857-859,2017年.

  • 【共著】山村昌弘(分担執筆):ANCA関連血管炎診療ガイドライン2017 厚生労働省難治性疾患克服研究事業(難治性疾患政策研究事業)有村義宏・丸山彰一・本間 栄編集,診断と治療社 東京 p78-80,2017年.

  • 【共著】山村昌弘:Part 15 免疫異常による炎症性およびリウマチ性疾患 Section 1 免疫系の機能とその異常 372e章 免疫系序論(訳).ハリソン内科学 第5版 福井次矢・黒川 清日本語監修,河合眞一・尾崎承一監訳,メディカル・サイエンス・インターナショナル 東京 p2153(DVD収載),2017年.

  • 【共著】山村昌弘:X 膠原病・類縁疾患 ANCA関連血管炎.日常診療に活かす診療ガイドラインUP-TO-DATE 2018-2019 門脇 孝・小室一成・宮地良樹編集,メディカルレビュー社 大阪 p632-639,2018年.

  • 【共著】山村昌弘:内科学総論 5 治療学 各種の薬物療法 ステロイド薬.内科学書 改訂第9版 Vol. 1 南学正臣総編集,伴信太郎部門編,中山書店 東京 p198-201,2019年.

  • 【共著】山村昌弘:内科学総論 5 治療学 各種の薬物療法 免疫抑制薬.内科学書 改訂第9版 Vol. 1 南学正臣総編集,伴信太郎部門編,中山書店 東京 p201-206,2019年.

  • 【共著】山村昌弘:内科学総論 5 治療学 各種の薬物療法 鎮痛消炎薬(非ステロイド性抗炎症薬).内科学書 改訂第9版 Vol. 1 南学正臣総編集,伴信太郎部門編,中山書店 東京 p206-209,2019年.

  • 【共著】山村昌弘:14 膠原病および類縁疾患 SAPHO症候群.今日の治療指針 2020年度版 福井次矢・高木 誠・小室一成総編集,医学書院 東京 p905-907,2020年.

特許

  • 「自己免疫疾患診断剤」平成8年特許願第216894号(1996年7月31日)

その他

  • 【受賞】第6回認定内科専門医会研究奨励賞「慢性関節リウマチ患者における貧血の臨床的解析と治療」(1998年4月10日)

  • 【学会発表】山村昌弘:シンポジウム1. 免疫と内科疾患-その病態と治療最前線. 5. 抗好中球細胞質抗体(ANCA)関連血管炎の病態と治療の最前線.第111回日本内科学会講演会,2014年4月11日,東京(国際フォーラム). など発表多数

  • 【テレビ出演】「リウマチ治療最前線」(山陽放送)(2004年5月3日)

  • 【ラジオ出演】「健やかライフ リウマチ」(ABCラジオ・山陽放送ラジオ)(2004年6月7日~11日)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。