新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

明海大学歯学部 病態診断治療学講座 口腔顎顔面外科学第2分野/明海大学歯学部付属病院 歯科口腔外科 教授

日本口腔外科学会 理事・指導医 日本小児口腔外科学会 常任理事・指導医 日本有病者歯科医療学会 常任理事・指導医 日本口腔科学会 評議員・指導医 日本口腔ケア学会 評議員・口腔ケア指導者 日本口腔顎顔面外傷学会 理事 日本口蓋裂学会 評議員 日本口腔内科学会 代議員 日本歯科医史学会 理事

坂下 英明 さかした ひであき 先生

公開日
2020/09/14

歯学部在学中、診断を間違えることのないように、との思いで口腔外科学専攻を決める。在学中から各種の手術見学や多くの口頭試問を受けるなど多様な教育を受ける中で、"口腔にはこんなに多くの病気が生じ、また困っている患者さんも多い。口腔外科の手術はすごいものだ"と強く思うようになる。現在は超高齢社会に対応して、低侵襲手術と歯科治療の1種である顎補綴(がくほてつ)の組み合わせによる治療を積極的に推進。"顎義歯なくして顎外科なし"という先人の名言を心に留め、口腔外科と顎補綴は補完し合うものと考えながら日々の診療に従事する。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 歯科口腔外科
  • 坂下先生の口腔がんに関する得意な領域
    • 手術と顎補綴の併用療法
  • 坂下先生の口唇口蓋裂に関する得意な領域
    • 口唇・口蓋裂の一貫治療
  • 坂下先生の顎変形症に関する得意な領域
    • 顎変形症の外科療法
  • 【疾患】口腔顎顔面外傷【治療法】口腔顎顔面外傷の総合治療
  • 【疾患】唾液腺疾患【治療法】外科療法

資格・学会・役職

日本口腔外科学会 理事・指導医
日本小児口腔外科学会 常任理事・指導医
日本有病者歯科医療学会 常任理事・指導医
日本口腔科学会 評議員・指導医
日本口腔ケア学会 評議員・口腔ケア指導者
日本口腔顎顔面外傷学会 理事
日本口蓋裂学会 評議員
日本口腔内科学会 代議員
日本歯科医史学会 理事
  • 明海大学歯学部 病態診断治療学講座 口腔顎顔面外科学第2分野/明海大学歯学部付属病院 歯科口腔外科 教授

所属病院

明海大学歯学部付属明海大学病院

  • 内科 眼科 耳鼻咽喉科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科
  • 埼玉県坂戸市けやき台1-1
  • 東武越生線「川角駅」 徒歩10分
  • 049-279-2733
明海大学歯学部付属明海大学病院

来歴等

略歴

1980年 城西歯科大学(現、明海大学歯学部) 卒業
1984年 金沢大学大学院 修了 医学博士取得
1985年 金沢大学医学部歯科口腔外科学 講帥
1986年 石川県立中央病院歯科口腔外科 医長
1998年 石川県立中央病院歯科口腔外科 部長
1999年 明海大学歯学部 口腔外科学第2講座 教授
2005年 明海大学歯学部 病態診断治療学講座 口腔顎顔面外科学第2分野 教授 (名称変更)
2005年 朝日大学歯学部 客員教授
2006年 医療系大学間共用試験実施評価機構専門部会委員
2015年 歯科医師国家試験出題委員
2016年 日本小児口腔外科学会 理事長
2017年 厚生労働省医道審議会委員
2018年 日本歯科医療安全教育機構 理事長

論文

  • 1 Development and growth of adenomatoid odontogenic tumor related to formation and eruption of teeth. Head and Neck Pathology, 5:123-32, 2011

  • 2 A Case Report on Lingual Osseus Choristoma in a Child. Pediatric Oral and Maxillofacial Surgery, 21:159-162, 2011

  • 3 Oral Lymphoithelial Cyst -A Case Report and Review of Previous Japanese Cases-. Hospital Dentistry & Oral-Maxillofacial Surgery, 23:109-113, 2011

  • 4 Molecular insights into the proliferation and progression mechanisms of the oral cancer:Strategies for the effective and personalized therapy. Japanese Dental Science Review, 48:23-41, 2012

  • 5 Podoplanin Expression during dysplasia-carcinoma sequnce in the oral cavity. Tumor Biolgy, 33:184-194, 2012

  • 6 A case of deep lobe parotid lipoma. Journal Oral and Maxillofacial Surgery,Medicine,andPathology, 24:132-135, 2012

  • 7 Adult Sporadic Bukitt Lymphoma of the Oral Cavity:A Case Report and Literture Review. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 70:2936-2943, 2012

  • 8 Two-chqnnel endoscopic sinus surgery for postoperative maxillary cyst. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology,26(3),DOI: 10.1016/j.ajoms.2013.11.00

  • 9 A case of styloid process syndrome with compleate bilateral ossification of the stylohyoid ligament. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,Medicine,andPathology, 25:143-146, 2013

  • 10 Bilateral synchronous Warthin's tumors of the parotid gland: A case report. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery,Medicine,andPathology, 25:147-150, 2013

  • 11 Inhibition of TGF-β and EGF pathway gene expression and migration of oral carcinoma cells by mucosa-associated lymphoid tissue 1 . British Journal of Cancer 109:207-21, 2013

  • 12 Proteomic identification of keratin alterations with enhanced proliferation of oral carcinoma cells by loss of mucosa associated lymphoid tissue 1 expression. International Journal of Oncology, 43:729-736, 2013

  • 13 Differential expression of fatty acid-binding proteins and pathological implications in the progression of tongue carcinoma. Molecular and Clinical Oncology, 2:19-25, 2014

  • 14 G1 arrest of oral carcinoma cell proliferation by mucosa-associated lymphoid tissue 1. Pediatric Oral and Maxillofacial Surgery, 22:37-44, 2014

  • 15 A Case of Lymphoepithelial Cyst arising in The Parotid Gland. Hospital Dentistry&Oral-Maxillofacial Surgery, 26:49-52, 2014

  • 16 Development and regression of the thyroglossal duct in mice. Animals of Anatomy, 200:54-65, 2015

  • 17 Mantle cell lymphoma presenting as a symmetrically hard palatal swelling: A case report and review of the literature. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology, 27:746-751, 2015

  • 18 Expression of mucin1(MUC1)in squamous cell carcinoma of the oral cavity. Japanese Society of Pediatric Oral and Maxillofacial Surgery , 24:151-160, 2015

  • 19 Comparative Study of cytokeratin and langerin expression in keratinized cystic lesions of the oral and maxillofacial regions. Journal of Oral Science, 57 :287-294, 2015

  • 20 Detection of Epstein-Barr virus genome and latent infection gene expression in normal epithelia, epithelial dysplasia, and squamous cell carcinoma of the oral cavity. Tumor Biolgy. DOI 10.1007/s13277-015-4167-7,2015

  • 21 "Epithelial-myoepithelial carcinoma arising in the oral floor: Report of a case and review of the litratureReport of a case and review of the literature". Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and Pathology ,28 (4),DOI: 10.1016/j.ajoms.2016.02.009

  • 22 Microorganisms and cancer of the oral cavity. Integrative Cancer Science and Therapeutics, 3:510-515, 2016

  • 23 Unusual findings in common peripheral ossifying fibromas:  transepithelial elimination and epithelial inclusion. Histopathology, 70:834-837, 2017

  • 24 Periostitis Ossificans Arising in the Mandibular Bone of a Young Patient: Report of an Unusual Case and Review of the Literature. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 75:1834.e1-1834e8, 2017

  • 25 Synergism between α-mangostin and TRAIL induces apoptosis in squamous cell carcinoma of the oral cavity through the mitochondrial pathway. Oncolgy Reports, 38:3439-3446, 2017

  • 26 A large-scale study of treatment methods for foreign bodies in the maxillary sinus. Journal of Oral Science, 60:321-328, 2018

  • 27 Influence of high mobility group box 1(HMGB1) derived from SCC7 cells on mouse normal tongue muscle fibers. Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, and, Pathology,30:466-474,2018

  • 28 Palatal Polymorphous Adenocarcinoma with High-Grade Transformation: A Case Report and Literature Review. Head and neck pathology, 13:131-139, 2019

  • 29 Initial-Stage Primary Intraosseous Squamous Cell Carcinoma Derived from Odontogenic Keratocyst with Unusual Keratoameloblastomatous Change of the Maxilla: A Case Report and Literature Discussion . Case Rep Otolaryngol.doi:10.1155/2018/7959230.

  • 30 Domain structures of mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma translocation 1 protein for nuclear localization in oral carcinoma cells and the proliferation inhibition. Biochem Biophys Res Commun, 522:799-804, 2020

著書

  • 1)これからの口腔感染症 学建書院 1993

  • 2)これからの口腔粘膜病変 学建書院 1998

  • 3)歯と口の健康百科 医歯薬出版 1998

  • 4)有病者歯科診療 医歯薬出版 2000

  • 5)歯科用語小辞典.臨床編,クインテッセンス出版 2000

  • 6)最新顎変形症治療アトラス 医歯薬出版 2000

  • 7)口腔顎顔面疾患カラーアトラス 永末書店 2000

  • 8)MRI-顎口腔領域の診断- 学建書院 2001

  • 9) サイドリーダー口腔外科学  学建書院 2002

  • 10)歯科医療事故予防学 医歯薬出版  2003

  • 11) 迷ったときに見る口腔病変の診断ガイド クインテッセンス出版 2003

  • 12) 口唇口蓋裂における基礎研究と予防の現状 丸善  2003

  • 13) 標準口腔外科学 第3版  医学書院 2004

  • 14) カラーアトラスハンドブック口腔外科臨床ヒント集 クインテッセンス出版 2004

  • 15) サイドリーダー口腔外科学 第2版 学建書院 2005

  • 16) 医療従事者のためのカラーアトラス口腔外科疾患  永末書店  2005

  • 17) 口腔疾患からみる治療薬と処方例  クインテッセンス出版 2005

  • 18) 一般臨床家、口腔外科医のための口腔外科ハンドマニュアル'05 クインテッセンス出版 2005

  • 19) 今日の治療指針2006 医学書院  2006

  • 20) 今から始める外科学総論基づいたインプラント外科 クインテッセンス出版 2006

  • 21) 歯科臨床ハンドブックー臨床ヒント集ダイジェスト版ー  クインテッセンス出版 2006

  • 22) 日本口腔ケアー学会認定資格標準テキスト上巻  日総研出版  2006

  • 23) 口腔外科マニュアル 第3版 南山堂  2006

  • 24) 口腔生物学各論 唾液腺  学建書院  2006

  • 25) 歯科治療の安全往来 慢性全身疾患50ガイダンス デンタルダイヤモンド 2007

  • 26) 中高年からのしあわせライフ いまからはじめる口腔ケア 学建書院    2007

  • 27) コンサイス口腔外科学 学建書院  2007

  • 28) 症例から学ぶ歯科小手術プラクチィス クインテッセンス出版 2008

  • 29) 口腔ケアー基礎知識  永末書店  2008

  • 30) 日本口腔ケアー学会認定資格標準テキスト下巻  日総研出版  2008

  • 31) Current experimental study for treatment of cleft lip and plate. Quintessence Pub Co. 2008

  • 32) サクシンクト口腔外科学 第2版 学建書院  2009

  • 33) 口腔外科学 第4版 学建書院  2009

  • 34) 口腔解剖学  医歯薬出版 2009

  • 35) 今日の治療指針2010 医学書院  2010

  • 36) サクシンクト口腔外科学 第2版 学建書院 2010

  • 37) 顎口腔領域におけるMRI診断 第2版  学建書院  2010

  • 38) 薬 10/11. 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本 クインテッセンス出版 2010

  • 39) 医師・歯科医師のための口腔診療必携. 困ったときのマニュアル・ヒント集. 金原出版 2010

  • 40) 最新歯科衛生士教本 顎・口腔粘膜疾患 口腔外科・歯科麻酔  医歯薬出版 2011 

  • 41) サクシンクト口腔外科学 第3版 学建書院 2011

  • 42) サイドリーダー口腔外科学 第3版 学建書院 2011

  • 43) 薬 12/13. 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本. クインテッセンス出版  2012

  • 44) 医療連携に役立つ 有病者歯科マニュアル  医学情報社  2012

  • 45) The Role of Tumor Microenvironment in Oral Cancer. Tech, 2012.

  • 46) 口腔外科治療 失敗回避のためのポイント47 (失敗回避シリーズ) クインテッセンス出版 2012

  • 47) 迷ったときに見る口腔病変の診断ガイド 第2版   クインテッセンス出版  2013

  • 48) 新版 家族のための歯と口の健康百科 医歯薬出版 2013

  • 49) 新版 家族のための歯と口の健康百科 韓国語版  2013                           

  • 50) 薬 '14/'15 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本 クインテッセンス出版 2014 

  • 51) 抜歯テクニック コンプリートガイド 安全にうまく抜歯するためのさまざまなアプローチ クインテッセンス出版 2015

  • 52) 抜歯器具 ーその奇妙なもの達の物語ー 口腔保健協会 2015

  • 53) 標準口腔外科学 第4版  医学書院 2016

  • 54) 最新口腔外科学 第5版  医歯薬出版 2016

  • 55) 口腔外科学 第5版 学建書院  2016

  • 56) 今日の治療指針2016 医学書院   2016

  • 57) 口腔病理学  第3版 文光堂 2016

  • 58) 薬 '16/'17 歯科 疾患名から治療薬と処方例がすぐわかる本  クインテッセンス出版 2016

  • 59) 口腔内科学 永末出版 2016

  • 60) 有病者歯科学 永末出版 2018

  • 61) 口腔解剖学  第2版 医歯薬出版  2018

  • 62) サクシンクト口腔外科学 第4版 学建書院  2018

  • 63) 今日の治療指針2018 医学書院   2018

  • 64) 最新歯科衛生士教本 用語集ポケット版  医歯薬出版 2019

  • 65) 子どもの口と顎の異常・病変 口の粘膜編 クインテッセンス出版 2019

  • 66) 子どもの口と顎の異常・病変 歯と顎骨編 クインテッセンス出版 2019

  • 67) Oral Cancer, IntechOpen Limited, London, UK, 2019.

  • 68) 口腔内科学 第2版 永末出版 2020

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。