新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会医療法人博愛会 相良病院 院長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医・評議員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本臨床腫瘍学会 会員 日本癌治療学会 会員 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員 日本臨床疫学会 会員 American Society of Clinical Oncology 会員 European Society for Medical Oncology(ESMO) 会員 Society of Surgical Oncology(SSO) 会員

相良 安昭 さがら やすあき 先生

公開日
2020/10/20

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 乳腺外科
  • 相良先生の乳がんに関する得意な領域
    • 乳癌治療全般(手術療法、薬物療法)
  • 【疾患名】早期乳癌、転移性乳癌
  • 【治療法】乳癌治療全般(手術療法、薬物療法)

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医・評議員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本臨床腫瘍学会 会員
日本癌治療学会 会員
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 評議員
日本臨床疫学会 会員
American Society of Clinical Oncology 会員
European Society for Medical Oncology(ESMO) 会員
Society of Surgical Oncology(SSO) 会員
  • 社会医療法人博愛会 相良病院 院長
  • 京都大学大学院 医学研究科外科学講座 乳腺外科 非常勤講師・客員研究員
  • 東海大学 医学部 医学科 客員教授
  • 日本乳癌学会 (Breast Cancer誌 編集委員, ガイドライン薬物療法作成委員(〜2018年), 国際委員, 学術委員等 歴任)
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会 (教育研修委員、国際委員 等 歴任)

所属病院

相良病院

  • 乳腺外科 内科 婦人科 緩和ケア内科 甲状腺外科 麻酔科 放射線科 病理診断科 形成外科 循環器内科 腫瘍内科 歯科口腔外科 内分泌内科
  • 鹿児島県鹿児島市松原町3-31
  • 鹿児島市電1系統「甲東中学校前駅」 徒歩5分 鹿児島市電1系統「新屋敷駅」 徒歩5分 JR鹿児島本線(川内〜鹿児島)「鹿児島中央駅」 東口 最寄りのバス停:鹿児島交通バス12・16番線 松原小学校前 下車すぐ 車5分
  • 099-224-1800
相良病院

医療記事

来歴等

略歴

2001年 鹿児島大学 医学部卒業
2001年 九州大学付属病院 消化器・総合外科 入局
2002年 別府先端医療センター 腫瘍外科
2003年 九州がんセンター 乳腺科・外科
2004年 大分県立病院 外科
2005年 相良病院 乳腺科
2009年 相良病院 乳腺科部長
2011年 相良病院 臨床研究センター長
2013年 ダナファーバー癌研究所, ブリガム アンド ウィメンズホスピタル 客員研究員(〜2015年)
2017年 ハーバード大学 公衆衛生大学院卒業 (公衆衛生修士)
2018年 相良病院 院長

論文

  • 1. Clinical significance of Cav-1, Cav-2 and Her2/neu mRNA expression in human breast cancer, British journal of cancer, 2004 91, 959-965

    Y Sagara, K Mimimori M Mori et. al.

  • 2.Adverse events and bone health during anastrozole therapy in postmenopausal Japanese breast cancer patients. Breast Cancer. 2010 Jul;17(3):212-217.

    Sagara Y, Kosha S, Baba S, Dokiya F, Tamada S, Sagara Y, Matsuyama Y, Ohi Y, Ando, M, Rai Y, Sagara Y, Douchi T.

  • 3.Study on the state of implementation of HER2 testing and positive ratios in patients with breast cancer in the Kyushu-Okinawa region of Japan. Breast Cancer. 2012 Oct;19(4):315-20.

    Y. Sagara, Y.Kamada, Y. Yamamoto, M. Tanaka, M. Kubo, R. Yamaguchi, R. Nishimura, S. Mitsuyama,

  • 4.Clinical Application of the One-Step Nucleic Acid Amplification Method to Detect Sentinel Lymph Node Metastasis in Breast Cancer. Breast Cancer. 2013 Apr;20(2):181-6.

    Y.Sagara, Y.Ohi, A. Matsukata, D.Yotsumoto, S.Baba, S.Tamada, Y. Sagara, Y.Matsuyama, M. Ando, Y. Rai, Y.Sagara,

  • 5.Survival Benefit of Breast Surgery for Low-Grade Ductal Carcinoma In Situ: A Population-Based Cohort Study. JAMA Surg. 2015 Aug;150(8):739-45.

    Sagara Y, Mallory MA, Wong S, Aydogan F, DeSantis S, Barry WT, Golshan M

  • 6.Surgical Options and Locoregional Recurrence in Patients Diagnosed with Invasive Lobular Carcinoma of the Breast. Ann Surg Oncol. 2015 Dec;22(13):4280-6.

    Sagara Y, Barry WT, Mallory MA, Vaz-Luis I, Aydogan F, Brock JE, Winer EP, Golshan M, Metzger-Filho O.

  • 7.Patient Prognostic Score and Associations with Improvement in Survival Offered by Radiotherapy After Breast Conserving Surgery for Ductal Carcinoma in Situ: A Population-Based Longitudinal Cohort Study. J Clin Oncol. 2016 Apr 10;34(11):1190-6.

    Sagara Y, Freedman RA, Vaz-Luis I, Mallory MA, Wong SM, Aydogan F, DeSantis S, Barry WT, Golshan M.

  • 8.Reply to K. Lin et al. J Clin Oncol. 2016 Oct 1;34(28):3485-6.

    Sagara Y, Freedman RA, Mallory MA, Wong SM, Barry WT, Golshan M.

  • 9.Trends in adjuvant therapies after breast-conserving surgery for hormone receptor-positive ductal carcinoma in situ: findings from the National Cancer Database, 2004-2013. Breast Cancer Res Treat. 2017 Aug 3.

    Sagara Y, Freedman RA, Wong SM, Aydogan F, Nguyen A, Barry WT, Golshan M.

  • 10.Paradigm Shift toward Reducing Overtreatment of Ductal Carcinoma In Situ of Breast. Front Oncol. 2017 Aug 28;7:192.

    Sagara Y, Julia W, Golshan M, Toi M.

  • 11.Effectiveness of neo-adjuvant systemic therapy with trastuzumab for basal HER2 type breast cancer: results from retrospective cohort study of Japan Breast Cancer Research Group (JBCRG)-C03, Breast Cancer Res Treat. 2018 Oct;171(3):675-683.

    Sagara Y, Takada M, Ohi Y, Ohtani S, Kurozumi S, Inoue K, Kosaka Y, Hattori M, Yamashita T, Takao S, Sato N, Iwata H, Kurosumi M, Toi M.

  • 12.Neoadjuvant anastrozole versus tamoxifen in patients receiving goserelin for premenopausal breast cancer (STAGE):a double-blind, randomised phase 3 trial. Lancet Oncol. 2012 Jan 19.

    Masuda N, Sagara Y, Kinoshita T, Iwata H, Nakamura S, Yanagita Y, Nishimura R, Iwase H, Kamigaki S, Takei H, Noguchi S.

  • 13.The effect of Paget disease on axillary lymph node metastases and survival in invasive ductal carcinoma. Cancer. 2015 Dec 15;121(24):4333-40.

    Wong SM, Freedman RA, Sagara Y, Stamell EF, Desantis SD, Barry WT, Golshan M.

  • 14.A low cost training phantom model for radio-guided localization techniques in occult breast lesions. J Surg Oncol. 2015 Aug;112(4):449-51.

    Aydogan F, Mallory MA, Tukenmez M, Sagara Y, Ozturk E, Ince Y, Celik V, Akca T, Golshan M.

  • 15.Modern Trends in the Surgical Management of Paget's Disease. Ann Surg Oncol. 2015 Oct;22(10):3308-16.

    Wong SM, Freedman RA, Stamell E, Sagara Y, Brock JE, Desantis SD, Golshan M

  • 16.The Influence of Radiology Image Consultation in the Surgical Management of Breast Cancer Patients. Ann Surg Oncol. 2015 Oct;22(10):3383-8.

    Mallory MA, Losk K, Lin NU, Sagara Y, Birdwell RL, Cutone L, Camuso K, Bunnell C, Aydogan F, Golshan M

  • 17.Breast Cancer Prevention Strategies in Lobular Carcinoma in Situ: A Decision Analysis. Cancer. 2017 Jul 15;123(14):2609-2617.

    Wong SM, Stout N, Punglia RS., Prakash I, Sagara Y, Golshan M.

  • 18.Trastuzumab deruxtecan (DS-8201a) in patients with advanced HER2-positive breast cancer previously treated with trastuzumab emtansine: a dose-expansion, phase 1 study. Lancet Oncol. 2019 Jun;20(6):816-826.

    Tamura K, Tsurutani J, Takahashi S, Iwata H, Krop IE, Redfern C, Sagara Y, Doi T, Park H, Murthy RK, Redman RA, Jikoh T, Lee C, Sugihara M, Shahidi J, Yver A, Modi S.

  • 19.National Patterns of Breast Reconstruction and Nipple-Sparing Mastectomy for Breast Cancer, 2005-2015. Ann Surg Oncol. 2019;26(10):3194–3203.

    Wong SM, Chun YS, Sagara Y, Golshan M, Erdmann-Sager J.

  • 20.Diffuse distribution of tumor-infiltrating lymphocytes is a marker for better prognosis and chemotherapeutic effect in triple-negative breast cancer. Breast Cancer Res Treat. 2019;178(2):283–294. doi:10.1007/s10549-019-05390-x

    Hida AI, Watanabe T, Sagara Y, Kashiwaba M, Sagara Y, Aogi K, Ohi Y, Tanimoto A.

  • 21.Significance of glucocorticoid signaling in triple-negative breast cancer patients: a newly revealed interaction with androgen signaling. Breast Cancer Res Treat. 2020;10.1007/s10549-020-05523-7. doi:10.1007/s10549-020-05523-7

    Kanai A, McNamara KM, Iwabuchi E, Miki Y, Onodera Y, Guestini F, Khalid F, Sagara Y, Ohi Y, Rai Y, Yamaguchi R, Tanaka M, Miyashita M, Ishida T, Sasano H.

  • 22.乳癌検診に関する最近の知見 癌と化学療法 38(13): 2559-2562, 2011.

    相良安昭

  • 23.乳癌診療ガイドラインとNCCNガイドラインの比較. 日本臨床 増刊号 乳癌(第2版)-基礎と臨床の最新研究動向- 70(7): 195-200, 2012

    相良安昭

  • 24.非浸潤性乳管癌に対する治療の現状と今後の展望. CANCER BOARD 乳癌 3(2): 17-22, 2017.

    相良安昭

  • 25.2015年度版 NCCNガイドライン日本語版 version 3. 乳癌 薬物療法 (臨床研究情報センター, www.tri-kobe.org/nccn/)

    相良安昭(監修)

  • 26.(2007〜2013年, 2015年〜 日本乳癌学会乳癌診療ガイドライン作成委員:薬物療法)2018年度版 日本乳癌学会乳癌診療ガイドライン(金原出版)

    相良安昭

その他

  • 【受賞】2015年 Best of ASCO (American Society of Clinical Oncology)

  • 【受賞】2016年 Best of JCO (Journal of Clinical Oncology) for Breast Cancer

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。