大阪中央病院 整形外科 部長

Orthopedic Research Society(ORS) Active member International Society for Technology in Arthroplasty(ISTA) International member American Academy of Orthopedic Surgeons(AAOS) International member 日本整形外科学会 整形外科専門医・認定リウマチ医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科指導医 日本リウマチ学会 リウマチ専門医 日本人工関節学会 認定医 日本再生医療学会 会員 中部日本整形外科災害外科学会 会員 日本股関節学会 会員 関西股関節研究会 世話人

薮野 亙平 やぶの こうへい 先生

公開日
2021/12/27

1999年より整形外科医師としてキャリアをはじめる。
現在に至るまで、膝や股関節を中心に研究に従事。
手術においては、特にコンピュータ支援手術(人工関節)を専門としている。
また、リハビリテーションにも造詣が深く、臨床・研究ともに期待に応えられるよう尽力し続けている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 薮野先生の変形性股関節症の専門領域
    • 股関節鏡手術
    • コンピュータ支援手術(人工関節置換術 関節温存手術)
    • 再生医療
  • 薮野先生の股関節唇損傷の専門領域
    • 股関節鏡手術
    • 再生医療
  • 薮野先生の変形性膝関節症の専門領域
    • 膝関節鏡手術
    • コンピュータ支援手術(人工関節置換術 関節温存手術)
    • 再生医療
  • 薮野先生の半月板損傷の専門領域
    • 膝関節鏡手術
    • 再生医療

資格・学会・役職

Orthopedic Research Society(ORS) Active member
International Society for Technology in Arthroplasty(ISTA) International member
American Academy of Orthopedic Surgeons(AAOS) International member
日本整形外科学会 整形外科専門医・認定リウマチ医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科指導医
日本リウマチ学会 リウマチ専門医
日本人工関節学会 認定医
日本再生医療学会 会員
中部日本整形外科災害外科学会 会員
日本股関節学会 会員
関西股関節研究会 世話人
  • 大阪中央病院 整形外科 部長

所属病院

大阪中央病院

  • 内科 外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 循環器内科 消化器内科
  • 大阪府大阪市北区梅田3丁目3-30
  • 大阪環状線 福島 徒歩5分 大阪環状線 大阪 徒歩7分 阪急神戸本線 大阪梅田 徒歩7分 大阪環状線 大阪 徒歩7分 阪神本線 大阪梅田 徒歩7分 大阪環状線 福島 徒歩5分 大阪環状線 大阪 徒歩7分 阪神本線 大阪梅田 徒歩7分 大阪環状線 福島 徒歩5分 大阪環状線 大阪 徒歩7分 阪神本線 大阪梅田 徒歩7分
  • 06-4795-5505
公式ウェブサイト
大阪中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1999年 大阪大学 整形外科教室 入局
1999年 星ヶ丘厚生年金病院 研修医
2001年 大阪大学医学部附属病院 研究医
2003年 国立病院機構呉医療センター
2004年 大阪大学医学部附属病院 研究医
2005年 大阪警察病院 整形外科 医員
2006年 NTT西日本大阪病院 医長
2008年 関西労災病院 整形外科 医長 股関節専攻
2009年 住友病院 整形外科 人工関節センター 医長
2012年 りんくう総合医療センター 整形外科 部長、人工関節センター長
2018年 スイス ベルン大学
2018年 ドイツ ロストック大学
2018年 フランス リヨン大学
2019年 健康保険連合会(現・医療法人伯鳳会) 大阪中央病院

論文

  • 1. 3Dプリンターによる手術ガイド機器(PSI)作成の臨床的意義とその将来 月刊新医療 2015 june

    薮野亙平

  • 2. Crowe4脱臼性股関節症に対するCT based navigation使用した短縮骨きりTHA Hip joint 2014;40795-797

    薮野亙平 澤田典与司 金澤元宣

  • 3. 股関節造影digital tomosynthesisによるFAIの股関節関節唇と軟骨損傷の評価 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 2012;55:723-724

    薮野亙平 渋谷高明 下村祥一

  • 4. KTプレートとハイドロキシアパタイトを用いた臼蓋再建術 住友病院医学雑誌  2011;38別紙

    薮野亙平 渋谷高明 益原健太 田村理 岩井貴男 小泉寿章 大澤卓

  • 5. 近位固定型アナトミックステムNSK1302-TTSの臨床治験の追跡期間2年の短期成績 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 2006;49:259-260

    薮野 亙平, 西井 孝, 菅野 伸彦, 吉川 秀樹

  • 6. 頭部顔面外傷から頚椎頚髄損傷は予測できるか 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 2000;43:1187-1388

    薮野 亙平, 石井 崇大, 藤原 桂樹, 河井 秀夫

  • 7. 先天性脊椎骨端異形成症, 先天性内反股に対して創外固定器を使用した大腿骨外反骨切り術を行った3例 中部日本整形外科災害外科学会雑誌, 2005;48:717-718

    薮野 亙平, 樋口 周久, 大野 一幸, 清水 信幸, 吉川 秀樹

  • 8. 人工股関節全置換術術後リハビリテーションにおける歩行アシストの有効性  日本コンピューター外科学会誌 2014;16182-191

    薮野亙平

  • 9. Effect Of Femoral Offset On Hip Instability In Total Hip Arthroplasty -intraoperative Measure With Ct Based Navigation- The Bone and Joint Journal 2016, 98-B (SUPP 10) 137

    K.Yabuno

  • 10. Accuracy Of Tibial Component Implantation In Unicompartmental Knee Arthroplasty Using A Navigation System. The Bone and Joint Journal 2017, 99-B (SUPP 1) 99

    K.Yabuno

受賞

  • 1. 2014 The Japanese Association of Rehabilitation Medicine Traveling Grant Award

  • 2. 2015 The Japanese Association of Rehabilitation Medicine Research Grant Award

  • 3. 2018 ORS/OREF Travel Award in Orthpedic Reseach Translation

  • 4. 2018 Traveling fellowship of Japan Hip Joint Foundation

  • 5. 2019 大阪府医師会 研究助成

学会発表

  • 1. Differences in bone remodeling of two types of uncemented  femoral implantwith proximal hydoroxyapatite coating 53thOrthopaeic research society ######## K Yabuno ,N Sugano

  • 2. Effect of implant type on periprosthetic bone remodeling after cementless hip arthroplasty using the ROBODOC system 54thOrthopaeic research society 2008/3/2 K Yabuno N Sugano

  • 3. Early failure associated with ARMD of metal-on-metal bearings in large-diameter total hip replacement -Recurrent dislocation suggested AMRD?- 25th International society for technology in arthroplasty ######## Kyabuno S Ohsawa

  • 4. Effectiveness of Robotic Assisted Gait Training after Total Hip Replacement- A Prospective Clinical Study- 4th Asia-Oceanian Conference of Physical & Rehabilitation Medicine 2014/12/11-13 K Yabuno ,N Sawada, S Hamamoto, S Kameyama, N Kanazawa

  • 5. Comparison of Robotic Assisted Gait Training versus Conventional Physical Therapy after Total Hip Replacement - a Prospective Clinical Study 61thOrthopaeic research society 2015/3/30-4-2 K Yabuno N Sawada

  • 6. Relationship Between The Muscle Atrophy And Robot Gait Walking In Total Hip Arthroplasty 61thOrthopaeic research society 2015/3/30-4-3 Hamamto K Yabuno

  • 7. Risk Factors Of Deep Flexion Instability In Mobile Bearing Unicompartmental Knee Arthroplasty(UKA). 62thOrthopaeic research society 2016/3/5-8 N Sawada, K Yabuno

  • 8. Accuracy Of Tibial Component Implantation In Unicompartmental Knee Arthroplasty Using A Navigation System. 62thOrthopaeic research society 2016/3/5-8 Y Etani K Yabuno

  • 9. /Effect Of Femoral Offset On Hip Instability In Total Hip Arthroplasty -intraoperative Measure With Ct Based Navigation- 62thOrthopaeic research society 2016/3/5-10 K Yabuno

  • 10. Intraoperative Comparison of Patient Specific Instrument Position between Two Different Designs using Navigation System 63thOrthopaeic research society 2017 K Yabuno

  • 11. Effect of femoral offset on hip instability in total hip arthroplasty 24thEuropean Orthopedic Reseach society 2016 K Yabuno

  • 12. Intraoperative comparison of patient specific instrumentation position between two di erent designs using navigation system in total knee arthroplasty 25thEuropean Orthopedic Reseach society 2017 K Yabuno

  • 13. Does Post-operative Day Zero Physical Therapy Contribute to Faster Physical Recovery and Cost Effectiveness for Total Hip Arthroplasty Patients 64th Orthopaeic research society 2018 K Yabuno

その他

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。