市立東大阪医療センター 眼科 副部長

日本眼科学会 眼科専門医 日本網膜硝子体学会・眼科PDT研究会 PDT認定医 日本網膜硝子体学会 会員 日本眼科手術学会 会員

高橋 静 たかはし しずか 先生

公開日
2023/06/21

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 【専門分野】白内障手術・硝子体手術
  • 【硝子体手術の対象疾患】黄斑上膜・黄斑円孔・裂孔原性網膜剥離・増殖糖尿病網膜症・眼内レンズ脱臼など

続きを読む

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科専門医
日本網膜硝子体学会・眼科PDT研究会 PDT認定医
日本網膜硝子体学会 会員
日本眼科手術学会 会員
  • 市立東大阪医療センター 眼科 副部長
  • ボトックス治療認定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師
  • 大阪府 難病指定医

所属病院

市立東大阪医療センター

  • 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府東大阪市西岩田3丁目4-5
  • 近鉄奈良線 八戸ノ里 徒歩12分 近鉄奈良線 八戸ノ里 徒歩12分
  • 06-6781-5101
公式ウェブサイト
市立東大阪医療センター

医療記事

来歴等

略歴

2012年 弘前大学医学部 卒業
2016年 弘前大学医学部附属病院 眼科 助手
2017年 弘前大学大学院 修了、医学博士取得
2017年 弘前大学医学部附属病院 眼科 助教
2019年 大阪大学医学部附属病院 眼科 医員
2022年 大阪大学眼科学教室 特任助教
2023年 市立東大阪医療センター 眼科 副部長

論文

  • 1. Analysis of optic disc tilt angle in intrapapillary hemorrhage adjacent to peripapillary subretinal hemorrhage using swept-source optical coherence tomography. Am J Ophthalmol Case Rep. 2022 May 24;27:101598. doi: 10.1016/j.ajoc.2022.101598. PMID: 35651596; PMCID: PMC9149012.

    Takahashi S, Kawashima R, Morimoto T, Sakimoto S, Shiozaki D, Nishida K, Kawasaki R, Sakaguchi H, Nishida K.

  • 2. Multimodal imaging of indapamide-induced bilateral choroidal effusion: a case report. BMC Ophthalmol. 2021 Nov 4;21(1):386. doi: 10.1186/s12886-021-02147-3. PMID: 34736431; PMCID: PMC8567550

    Takahashi S, Usui S, Hashida N, Kubota H, Nishida K, Sakaguchi H, Nishida K.

  • 3. A Case of Idiopathic Dense Vitreous Hemorrhage: Suspected Rupture of a Large Retinal Arterial Macroaneurysm on the Optic Disc. Case Rep Ophthalmol. 2021 Jul 16;12(2):634-639. doi: 10.1159/000511110. PMID: 34413754; PMCID: PMC8339441.

    Takahashi S, Nishida K, Sakaguchi H, Nishida K.

  • 4. Profiles of Inflammatory Cytokines in the Vitreous Fluid from Patients with Rhegmatogenous Retinal Detachment and Their Correlations with Clinical Features. Biomed Res Int. 2016;2016:4256183.

    Takahashi S, Adachi K, Suzuki Y, Maeno A, Nakazawa M.

  • 5. Optical Coherence Tomography of Retinal Degeneration in Royal College of Surgeons Rats and Its Correlation with Morphology and Electroretinography. PLoS One. 2016 Sep 19;11(9):e0162835. doi: 10.1371/journal.pone.0162835. PMID: 27644042; PMCID: PMC5028068.

    Adachi K, Takahashi S, Yamauchi K, Mounai N, Tanabu R, Nakazawa M.

  • 6. Embedding Technique versus Conventional Internal Limiting Membrane Peeling for Lamellar Macular Hole with Epiretinal Proliferation. Ophthalmol Retina. 2022 Aug 3:S2468-6530(22)00373-6. doi: 10.1016/j.oret.2022.07.009. Epub ahead of print. PMID: 35933107.

    Kanai M, Sakimoto S, Takahashi S, Nishida K, Maruyama K, Sato S, Sakaguchi H, Nishida K.

  • 7. Vascular tortuosity analysis in eyes with epiretinal membrane imaged by optical coherence tomography angiography. BMC Ophthalmol. 2022 May 2;22(1):198. doi: 10.1186/s12886-022-02420-z. PMID: 35501767; PMCID: PMC9063110.

    Miyazawa K, Sakimoto S, Kanai M, Shiraki A, Takahashi S, Shiraki N, Maruyama K, Sakaguchi H, Nishida K.

  • 8. Impact of photoreceptor density in a 3D simulation of panretinal laser photocoagulation. BMC Ophthalmol. 2021 May 7;21(1):200. doi: 10.1186/s12886-021-01945-z. PMID: 33962561; PMCID: PMC8103585.

    Nishida K, Takahashi S, Sakaguchi H, Sato S, Kanai M, Shiraki A, Wakabayashi T, Hara C, Fukushima Y, Sakimoto S, Sayanagi K, Kawasaki R, Nishida K.

  • 9. The findings of optical coherence tomography of retinal degeneration in relation to the morphological and electroretinographic features in RPE65-/- mice. PLoS One. 2019 Jan 29;14(1):e0210439. doi: 10.1371/journal.pone.0210439. PMID: 30695025; PMCID: PMC6350961.

    Tanabu R, Sato K, Monai N, Yamauchi K, Gonome T, Xie Y, Takahashi S, Ishiguro SI, Nakazawa M.

  • 10. The Spectral-Domain Optical Coherence Tomography Findings Associated with the Morphological and Electrophysiological Changes in a Rat Model of Retinal Degeneration, Rhodopsin S334ter-4 Rats. Biomed Res Int. 2018 Nov 15;2018:5174986. doi: 10.1155/2018/5174986. PMID: 30581855; PMCID: PMC6276524.

    Yamauchi K, Tanabu R, Monai N, Gonome T, Xie Y, Takahashi S, Ishiguro SI, Nakazawa M.

  • 11. Macular Hole Caused by Retained Subfoveal Perfluorocarbon that Subsequently Closed After Its Spontaneous Resolution: A Case Report. Ophthalmol Ther. 2017 Dec;6(2):381-384.

    Tanabu R, Suzuki Y, Takahashi S, Nakazawa M, Mizutani H.

  • 12. Characterization of the biological antioxidant potential in the vitreous fluid from patients with rhegmatogenous retinal detachment. Acta Ophthalmol. 2016 Sep;94(6):e515-6. doi: 10.1111/aos.13002. Epub 2016 Mar 24. PMID: 27008980; PMCID: PMC5071729.

    Maeno A, Suzuki Y, Adachi K, Takahashi S, Yokoi Y, Nakazawa M.

  • 13. Acute posterior multifocal placoid pigment epitheliopathy and granulomatous uveitis following influenza vaccination. Am J Ophthalmol Case Rep. 2016 Aug 31;4:60-63. doi: 10.1016/j.ajoc.2016.08.008. PMID: 29503928; PMCID: PMC5757482.

    Gonome T, Suzuki Y, Metoki T, Takahashi S, Nakazawa M.

  • 14. 両眼脈絡膜骨腫に脈絡膜新生血管を合併した1例. 臨床眼科 70巻50号 2016.

    高橋 静、鈴木幸彦、陳内嘉浩、吹田淑子、目時友美、中澤 満、佐藤元哉.

  • 15. 同一モデルの眼内レンズを用いた強膜内固定と嚢内固定の傾斜,偏心,高次収差の比較」

    眼科臨床紀要 2022

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。