新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
きゅうせいいかくちょう

急性胃拡張

最終更新日
2017年04月25日
Icon close
2017/04/25
掲載しました。

概要

急性胃拡張とは、器質的な閉塞がないにもかかわらず、胃に食べ物や胃液などの内容物が停滞して、急速かつ高度に胃が拡張する病気です。

胃の壁は筋肉でできており、食べ物や飲み物が胃の中に入ると副交感神経が働いて、蠕動運動(ぜんどううんどう)をすることで内容物を十二指腸へ送るはたらきがあります。胃の壁は伸縮性に優れていますが、通常は適度な緊張があって大きく膨らむことはありません。

しかし、何らかの原因で副交感神経の働きが低下すると十二指腸への排出が低下し、内容物がどんどん溜まることで、あきらかな拡張をきたすのです。

急性胃拡張が生じると、腹腔内の大部分を拡張した胃が占拠し、嘔吐や呼吸障害などのさまざまな症状が引き起こされます。重症例では、胃に穴が開いたり、破裂したりすることで命にかかわることもある重篤な病気です。

原因

急性胃拡張を発症する正確なメカニズムは解明されていませんが、外傷急性膵炎胆嚢炎(たんのうえん)腹膜炎などの高度な炎症が起きている場合に起こりやすいと考えられています。

また、神経性食思不振などで過食をすると胃が急激に過伸展するため、副交感神経麻痺が生じる場合もあります。

さらに、腹部の手術で胃の迷走神経が傷つくと急性胃拡張を発症しやすくなります。そのため、手術ではできる限り胃の神経を温存する方法が取られます。

症状

急性胃拡張の代表的な症状は、頻回かつ大量の嘔吐、腹部の明らかな膨隆(ぼうりゅう)であり、腹痛や呼吸困難といった症状がみられます。通常は腹膜炎などを併発することはなく、胃は血流が豊富なため壊死(えし)を起こしたり穴が開いたりすることは珍しいです が、拡張による圧迫で血流が低下すると壊死による破裂が生じることがあります。また、頻回の嘔吐によって脱水症状になりやすく、ショック状態や電解質異常を起こすことがあります。

検査・診断

検査は主に画像検査と血液検査が行われます。

画像検査

簡便に行えるのはレントゲン検査ですが、レントゲン検査では胃にたまった大量のガスを観察することができます。しかし、過食による急性胃拡張では拡張した胃の全体に食べ物が詰まっていることがあり、はっきりわからないこともあります。

一方、CT検査は胃の内容物の状態や他臓器への圧迫の程度などを詳しく観察することが可能であり、ほぼすべての症例でCT検査が行われます。

血液検査

血液検査では、炎症や肝機能障害、脱水の程度、電解質などを評価することができます。急性胃拡張への治療だけでなく、原因となる病気の治療方針を決定するうえでも重要な検査です。

内視鏡検査

胃の中の状態を直接カメラで観察できます。しかし、内視鏡検査を行うときには胃内に空気を送り込むため、拡張を進行させてしまうことがあります。検査目的としてだけではなく、胃内の内容物を吸引するために行うことも多いでしょう。

治療

胃腸の安静と内容物除去のため、絶食をして鼻から胃内にチューブを通し、胃に溜まった内容物を吸引する治療が行われます。基本的に手術を行うことはありませんが、胃に穿孔(せんこう)や破裂が起きた場合は緊急手術を行い、何度も急性胃拡張を繰り返す方には胃を固定するための手術が行われることもあります。

また、大量の嘔吐による脱水状態には、点滴治療によって水分補給と電解質の補正が行われます。急性胃拡張の原因となる病気がある場合には、同時にその病気の治療も進められることが多いでしょう。

「急性胃拡張」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。