ぼうこうちつろう

膀胱腟瘻

泌尿器

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

膀胱腟瘻とは、本来は空間的に分断されている膀胱内と膣の中が交通性を持った状態を指します。膀胱には尿を蓄える役割がありますが、膀胱腟瘻の交通性を介して尿が膣の中へと漏れ出てきてしまいます。

膀胱腟瘻は、手術や放射線治療などの影響によって生じることがあります。治療では、交通性を持っている場所に対する手術が選択されます。

原因

膀胱腟瘻は、膀胱や膣の近傍に対しての手術の合併症(たとえば子宮摘出術など)によって生じることがあります。また、膀胱や膣が存在する位置に対する放射線治療の影響によっても生じることがあります。

その他、女性付属器系のがんや、感染症、先天的な異常などをきっかけとして生じることがあります。また、分娩の合併症として生じることもあります。たとえば、発展途上国においては、胎児の頭の大きさと骨盤の出口との大きさが不均衡なため分娩がうまく進行せず、その結果として膀胱腟瘻が生じることがあります。

症状

膀胱腟瘻が生じると、本来は空間的には別のものであるはずの膀胱内と膣の中が交通性を持ってしまいます。膀胱には尿を蓄える役割がありますが、膀胱腟瘻の交通性を介して尿が膣の中へと漏れ出てきてしまいます。

膀胱腟瘻の大きさによって、尿の漏れ出る量が間欠的に少しずつであったり、持続的であったりします。尿が漏れ出るという尿失禁の症状は、患者さん本人にとってとても不快なものです。そのため、精神的・心理的な負担を強いられてしまいます。その他にも、頻尿や排尿時痛などの症状をみることもあります。

検査・診断

膀胱腟瘻は、尿失禁などの症状から疑われます。膀胱腟瘻を診断するためには、膀胱鏡を用いた検査が行われます。膀胱内に色素や造影剤を注入し、その後それが膣の中に漏れ出てきていないかどうかを確認することで、膀胱腟瘻の存在を証明します。

膀胱鏡検査では、カメラを用いて膀胱内を観察することも可能です。これによって膀胱のどの部位に交通性を持っている場所があるのかを検索します。

膀胱鏡検査では、同時にがんなどの病変がないかどうかの評価も行います。その他にも、CT検査やMRI検査などの画像検査も行われることがあります。

治療

膀胱腟瘻では、交通性を持っている場所に対する手術が選択されます。小さいものであれば、カテーテルを使用することで膀胱内の安静を保ち、保存的に治癒を望むこともあります。

膀胱腟瘻では、尿失禁のみならずそれによる精神的・心理的なストレスもかかります。早期に専門の医療機関を受診し、適切な治療を受けることが大切です。