新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

飯塚病院 呼吸器外科部長・呼吸器病センター長

日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本胸部外科学会 指導医 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医・気管支鏡専門医 日本気管食道科学会 気管食道科専門医

大﨑 敏弘 おおさき としひろ 先生

飯塚病院呼吸器外科部長兼呼吸器病センター長。肺がん治療の柱として「低侵襲治療」「個別化治療」「集学的治療」を中心に地域医療に取り組む。2007年に飯塚病院に着任。以来、高齢化の進んだ筑豊地区だからこそ低侵襲な胸腔鏡手術が受け入れられる、と胸腔鏡手術の普及に尽力してきた。ひとりひとりの患者さんに応じたからだにやさしい治療をこころがけている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 大﨑先生の肺がんに関する得意な領域
    • 外科治療
    • 胸腔鏡手術

資格・学会・役職

日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡指導医・気管支鏡専門医
日本気管食道科学会 気管食道科専門医
  • 飯塚病院 呼吸器外科部長・呼吸器病センター長
  • 医学博士 取得
  • 日本呼吸器外科学会 評議員・九州地区胸腔鏡インストラクター

所属病院

飯塚病院

  • 内科 心療内科 精神科 リハビリテーション科 歯科
  • 福島県喜多方市松山町村松北原3634-1
  • 森と水とロマンの鉄道「喜多方駅」 病院送迎バスも運行あり 車15分
  • 0241-24-3421
飯塚病院

医療記事

来歴等

略歴

1986年 産業医科大学医学部 卒業
1986年 産業医科大学第2外科  研修医
1987年 静岡赤十字病院外科 研修医
1988年 国立大分病院呼吸器センター外科 レジデント
1991年 産業医科大学第2外科 レジデント
1992年 産業医科大学第2外科 助手
1999年 産業医科大学第2外科 講師
2002年 北九州市立医療センター呼吸器外科 部長
2003年 済生会福岡総合病院呼吸器外科 部長
2007年 飯塚病院呼吸器外科 部長

論文

  • 癌のリンパ節微小転移─外科治療からみた臨床意義─肺癌. 日外会誌114(1):28-33, 2013

    大崎敏弘, 安元公正.

  • Unique extralobar sequestration with atypical location and aberrant vessels. Ann Thorac Surg 90(5):1711-1712, 2010

    Osaki T, Kodate M, Takagishi T, Nomi M, Murakami J, Yamamoto H.

  • Multilocular mediastinal cyst with rim calcification: report of a case. Surg Today 38(1):52-55, 2008

    Osaki T, Nakagawa M.

  • Three-dimensional imaging of traumatic multiple fractures of the thorax by multislice computed tomography. Ann Thorac Surg 85(1):344, 2008

    Osaki T, Baba T, Matsuura H.

  • Thoracic empyema and lung abscess resulting from gastropulmonary fistula as a complication of esophagectomy. Ann Thorac Cardiovasc Surg 14(3):172-174, 2008

    Osaki T, Matsuura H.

  • 微小転移 ─外科の立場から─ 肺癌の微小転移. 外科治療 98(5):822-828, 2008

    大崎敏弘,安元公正.

  • 特発性血気胸に対する胸腔鏡手術例の検討.日本胸部臨床68(8):678-683, 2007

    大崎敏弘,高間辰雄,田嶋裕子,中川 誠,平岡史郎.

  • Pulmonary Paragonimus westermani with false-positive fluorodeoxyglucose positron emission tomography mimicking primary lung cancer. Gen Thorac Cardiovasc Surg 55(11):470-472, 2007

    Osaki T, Takama T, Nakagawa M, Oyama T.

  • 乳腺悪性葉状腫瘍肺転移の2切除例.日本呼吸器外科学会雑誌 21(7):956-960, 2007

    大崎敏弘,田嶋裕子,岩浪崇嗣,中川 誠.

  • Visceral pleural involvement in non-small cell lung cancer: Prognostic significance. Ann Thorac Surg77:1769-1773, 2004

    Osaki T, Nagashima A, Yoshimatsu T, Yamada S, Yasumoto K.

  • Survival and characteristics of lymph node involvement in patients with N1 non-small cell lung cancer. Lung Cancer 43:151-157, 2004

    Osaki T, Nagashima A, Yoshimatsu T, Tashima Y, Yasumoto K.

  • Is surgery for T4 non-small-cell lung cancer worthwhile? : Reply. Ann Thorac Surg78:753-754, 2004

    Osaki T, Sugio K, Yasumoto K.

  • Survival and prognostic factors of surgically resected T4 non-small cell lung cancer . Ann Thorac Surg 75:1745-1751, 2003

    Osaki T, Sugio K, Hanagiri T, Takenoyama M, Yamashita T, Sugaya M, Yasuda M, Yasumoto K.

  • Prognostic impact of micrometastatic tumor cells in the lymph nodes and bone marrow of patients with completely resected stage I non-small-cell lung cancer. J Clin Oncol 20:2930-2936, 2002

    Osaki T, Oyama T, Gu CD, Yamashita T, So T, Takenoyama M, Sugio K, Yasumoto K.

  • Feasibility of induction chemotherapy using bronchial arterial infusion for locally advanced non-small cell lung cancer: a pilot study. Surg Today 32:772-778, 2002

    Osaki T, Oyama T, Takenoyama M, Taga S, So T, Yamashita T, Nakata S, Nakanishi R, Yasumoto K.

  • Molecular biological markers and micrometastasis in resected non-small-cell lung cancer. Prognostic implications. Jpn J Thorac Cardiovasc Surg 49(9):545-551, 2001

    Osaki T, Oyama T, Inoue M, Gu CD, Kodate M, Aikawa M, So T, Mizukami M, Mitsudomi T, Yasumoto K.

  • 原発性非小細胞肺癌の手術成績の変遷とその背景因子の検討. 産業医科大学雑誌 23(3):277-283, 2001

    大崎敏弘,小山倫浩,竹之山光広,宗 知子,山下智弘,合川公康,小野憲司,安元公正.

  • Increased levels of serum intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) in patients with non-small cell lung cancer. Surg Oncol 5:107-112, 1996

    Osaki T, Mitsudomi T, Yosida Y, Oyama T, Ohgami A, Nakanishi K, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K.

  • Bronchial arterial infusion is an effective therapeutic modality for centrally located early-stage lung cancer. Results of a pilot study. Chest 115(5):1424-1428, 1999

    Osaki T, Hanagiri T, Nakanishi R, Yoshino I, Taga S, Yasumoto K.

  • Serum Level and Tissue Expression of c-erbB-2 Protein in Lung Adenocarcinoma. Chest 108:157-162, 1995

    Osaki T, Mitsudomi T, Yosida Y, Oyama T, Ohgami A, Nakanishi K, Nakanishi R, Sugio K, Yasumoto K. Increased levels of serum intercellular adhesion molecule-1 (ICAM-1) in patients with non-small cell lung cancer. Surg Oncol 5:107-112, 1996 20.Osaki T, Mitsudomi T, Oyama T, Nakanishi R, Yasumoto K.

  • Surgical Treatment of Lung Cancer in the Octogenarian. Ann Thorac Surg 57:188-193, 1994

    Osaki T, Shirakusa T, Kodate M, Nakanishi R, Mitsudomi T, Ueda H.

  • Surgical resection for pulmonary metastases of sweat gland carcinoma. Thorax 49:181-182, 1

    Osaki T, Kodate M, Nakanishi R, Mitsudomi T, Shirakusa T.

著書

  • 安元公正, 大崎敏弘. 肺の疾患 ─ 気胸. 末舛恵一, 成毛韶夫, 荒井他嘉司, 吉村博邦, 編集. 呼吸器外科. 東京: 朝倉書店; 2000: 293-301.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。