新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪市立大学 大学院医学研究科 障がい医学・再生医学寄附講座 特任教授

日本小児科学会 会員 日本周産期・新生児医学会 会員 日本人類遺伝学会 会員 日本小児神経学会 会員 日本アレルギー学会 会員

新宅 治夫 しんたく はるお 先生

専門は先天代謝異常症・アレルギー疾患。未熟児・新生児の発育・発達を中心とする発達外来と、乳幼児のアトピー性皮膚炎や気管支喘息などのアレルギー外来、先天代謝異常症の診断・治療とフォローアップなど代謝外来を行っている。日本では現在メンケス病の診断・治療ができる専門医は少なく、全国のメンケス病患者が訪れている。また日本医療研究開発機構(AMED)の再生医療実用化研究事業で「低酸素性虚血性脳症に対する自己臍帯血幹細胞治療」に関する第2相臨床試験を実施し、脳性麻痺の予防と治療に関する再生医療の研究を実施している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 小児科
  • 新生児
  • 小児神経伝達物質病
  • メンケス病の診断・治療

資格・学会・役職

日本小児科学会 会員
日本周産期・新生児医学会 会員
日本人類遺伝学会 会員
日本小児神経学会 会員
日本アレルギー学会 会員
  • 大阪市立大学 大学院医学研究科 障がい医学・再生医学寄附講座 特任教授
  • 医学博士 取得
  • 日本臨床栄養協会 理事
  • 日本小児科学会 代議員、専門医、指導医
  • 日本周産期新生児医学会 会員
  • 日本小児保健協会 代議員
  • 日本新生児成育医学会 功労会員
  • 日本先天代謝異常学会 会員
  • 日本マススクリーニング学会 評議員
  • 日本人類遺伝学会 評議員、専門医、指導医
  • 大阪小児科学会 監事
  • 日本小児アレルギー学会 会員
  • 日本再生医療学会 会員

所属病院

大阪市立大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 内分泌・骨・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 膠原病内科
  • 大阪府大阪市阿倍野区旭町1丁目5-7
  • 大阪メトロ御堂筋線「天王寺駅」 13番、14番出口方面へ 徒歩7分 大阪メトロ堺筋線「動物園前駅」 2番出口方面へ 徒歩8分 大阪メトロ谷町線「天王寺駅」 13番、14番出口方面へ 徒歩9分
  • 06-6645-2121
大阪市立大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1978年 大阪市立大学医学部 卒業
1982年 大阪市立大学大学院博士課程 修了
      「テトラヒドロビオプテリン欠損症の早期診断に関する研究」学位授与
1982年 大阪市立大学医学部附属病院小児科 研究医
1985年 チューリッヒ大学医学部小児科 リサーチフェロー
1986年 大阪市立小児保健センター第3内科 医員
1988年 大阪市立大学医学部 助手 (「小児科学/新生児学」担当)
1994年 大阪市立大学医学部 講師 (「小児科学/新生児学」担当)
1999年 大阪市立大学医学部 助教授 (「小児科学/新生児学」担当)
      大阪市立大学医学部附属病院 副部長 (「小児科/新生児」担当)
2000年 大阪市立大学大学院医学研究科 准教授
      (「生殖発達医学大講座発達小児医学分野小児科学/新生児学」担当)
2010年 大阪市立大学大学院医学研究科 教授 
      (「生殖発達医学大講座発達小児医学分野小児科学/新生児学」担当)
      大阪市立大学医学部附属病院小児科/新生児科 部長(「小児科/NICU」担当)
2018年 大阪市立大学大学院医学研究科 名誉教授
2018年 大阪市立大学大学院医学研究科 障がい医学・再生医学寄附講座 特任教授
2018年 藤井会香芝生喜病院小児科 顧問

著書

  • 1.Tsuji M, Shintaku H. Clinical Trial of Autologous Cord Blood Cell Therapy for Neonatal Hypoxic Ischemic Encephalopathy (HIE). Shintaku H. Oka A, Nabetani M, eds. In Cell Therapy for Perinatal Brain Injury, Springer Nature, Singapore, 2018. 1-15.

  • 2.Nabetani M, Shintaku H. New Strategy of Clinical Studies for Premature Babies with Ischemic Brain Damage. Shintaku H. Oka A, Nabetani M, eds. In Cell Therapy for Perinatal Brain Injury, Springer Nature, Singapore, 2018. 17-24.

  • 3. 新宅治夫、アミノ酸代謝異常症のスクリーニング概要フェニルケトン尿症、BH4欠損症、マターナルPKU、メープルシロップ尿症、高チロシン血症Ⅰ型、山口清次編、よく分かる新生児マススクリーニングガイドブック、診断と治療者、担当pp20-31、pp36-27(総頁220)、東京、2019年11月20日

  • 4. 新宅治夫、プテリジン分析、ホモシスチン測定、アミノ酸分析、山口清次編、よく分かる新生児マススクリーニングガイドブック、診断と治療者、担当pp146−147、153(総頁220)、東京、2019年11月20日

  • 5. 新宅治夫、【指定難病ペディア 2019】個別の指定難病 代謝・内分泌系 芳香族L-アミノ酸脱炭酸酵素欠損症[指定難病323]、日本医師会雑誌、2019、48、特別1,S289-290.

  • 6. 新宅治夫、【指定難病ペディア 2019】個別の指定難病 代謝・内分泌系 セピアプテリン還元酵素(SR)欠損症[指定難病319]、日本医師会雑誌、2019、48、特別1,S288-289.

  • 7. 新宅治夫、【指定難病ペディア 2019】個別の指定難病 代謝・内分泌系 フェニルケトン尿症[指定難病240]、日本医師会雑誌、2019、48、特別1,S270.

  • 8. Shintaku H: Prenatal diagnosis of tetrahydrobiopterin deficiency (2006) In: PKU & BH4: Advances in Phenylketonuria and Tetrahydrobiopterin. (Blau N edt.) SPS, Heibronn, 678-687

  • 9. Shintaku H, et al. Guide for diagnosis and treatment of hyperphenylalaninemia. Pediatr Int. 2021; 63(1):8-12.

  • 10. Shintaku H. Prevention and treatment of cerebral palsy with cord blood stem cells and cord-derived mesenchymal stem cells. Neural Regen Res. 2021;16(4):672-673.

  • 11. Shintaku H. Oka A, Nabetani M, eds. Cell Therapy for Perinatal Brain Injury, Springer Nature, Singapore, 2018.

その他

  • 【受賞】2016年 日本先天代謝異常学会賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。