田尻 達郎 先生のプロフィール

田尻 達郎 先生

たじり たつろう

田尻 達郎 先生

京都府立医科大学大学院医学研究科小児外科 教授

専門分野

小児がん 小児外科学

紹介

九州大学医学部卒。小児外科専門医。小児血液・がん学会理事を務めるなど、小児がん治療の発展に尽力している。「心ある外科医」をモットーに、患者さんの長期的なQOLまで考えた上での丁寧な治療を心がけ、小児がん拠点病院の中でも国内屈指の治療成績を誇っている。

略歴

1988年 九州大学医学部 卒業
     九州大学小児外科 研修医
1989年 国立福岡中央病院小児外科 研修医
1990年 福岡市立こども病院・感染症センター外科
1991年 九州大学大学院医学系研究科外科系専攻 入学
1995年 九州大学小児外科 医員
1998年 九州大学小児外科 助手
2001年 米国フィラデルフィア小児病院腫瘍学部門 研究員(~2002.3)
2002年 九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 助手
2003年 九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 講師
2006年 九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 助教授
2007年 九州大学大学院医学研究院小児外科学分野 准教授
2011年 京都府立医科大学 大学院小児外科学 教授
2017年 京都府立医科大学附属病院 副病院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本小児外科学会(副理事長)指導医・専門医
日本外科学会(代議員)指導医・専門医
日本小児血液がん学会(理事)小児がん認定外科医
日本がん治療認定医機構暫定教育医 がん治療認定医
日本癌学会
日本周産期新生児学会
Fellow of the American College of Surgeons (FACS)
太平洋小児外科学会PAPS(member)
JCCG (理事)固形腫瘍分科会委員長・神経芽腫委員会(JNBSG)委員長
Pediatric International Advisory Board Member
Reviewer Board of Journal of Pediatric Biochemistry
Reviewer Board of International Journal of Clinical Oncology
岐阜大学医学部客員臨床系医学教授

受賞・著書・論文など

【受賞】
上原記念生命記念財団平成12年度海外留学助成リサーチフェローシップ[2001.3]
平成12年度外科系連合学会誌最優秀論文賞[2001.6]
Audrey Evans Prize (Best Paper): Advances in Neuroblastoma Research in Paris[2002.6]

【著書】

1. 田尻達郎; 奇形腫・横紋筋肉腫 第15回日本小児外科学会卒後教育セミナーテキスト;71-81、日本小児外科学会教育委員会、1999
2. 田尻達郎; 神経芽腫 第第18回日本小児外科学会卒後教育セミナーテキスト;33-40、日本小児外科学会教育委員会、2002
3. 田尻達郎;専門性ゆえの多種多様な留学;149-157、小児医療にみる医学留学へのパスポート、はる書房、2006
4. 田尻達郎:神経芽腫治療における外科治療の役割 第24回日本小児がん学会教育セッションテキスト:90-95、2008
5. 田尻達郎:QOLを考えた小児外科疾患の治療 第19回地域医療研修センターテキスト:26-59、2009
6. 田尻達郎:胚細胞腫瘍 小児がん診療ハンドブック:医薬ジャーナル社(印刷中)、2011
7. 田尻達郎:肝腫瘍 小児疾患の診断基準 改訂4版 小児内科 44巻増刊号(印刷中)、2012
8. 田尻達郎:小児外科の散

【受賞】
上原記念生命記念財団平成12年度海外留学助成リサーチフェローシップ[2001.3]
平成12年度外科系連合学会誌最優秀論文賞[2001.6]
Audrey Evans Prize (Best Paper): Advances in Neuroblastoma Research in Paris[2002.6]

【著書】

1. 田尻達郎; 奇形腫・横紋筋肉腫 第15回日本小児外科学会卒後教育セミナーテキスト;71-81、日本小児外科学会教育委員会、1999
2. 田尻達郎; 神経芽腫 第第18回日本小児外科学会卒後教育セミナーテキスト;33-40、日本小児外科学会教育委員会、2002
3. 田尻達郎;専門性ゆえの多種多様な留学;149-157、小児医療にみる医学留学へのパスポート、はる書房、2006
4. 田尻達郎:神経芽腫治療における外科治療の役割 第24回日本小児がん学会教育セッションテキスト:90-95、2008
5. 田尻達郎:QOLを考えた小児外科疾患の治療 第19回地域医療研修センターテキスト:26-59、2009
6. 田尻達郎:胚細胞腫瘍 小児がん診療ハンドブック:医薬ジャーナル社(印刷中)、2011
7. 田尻達郎:肝腫瘍 小児疾患の診断基準 改訂4版 小児内科 44巻増刊号(印刷中)、2012
8. 田尻達郎:小児外科の散歩道 小児外科医を増やすには? 小児外科 44: 2012-2018, 2012
9. 田尻達郎:学外で活躍する卒業生 7 関西編 九大医学部同窓会誌 学士鍋 第166号 17-19, 2013
10. 田尻達郎:スタンダード 小児外科手術 押さえておきたい手技のポイント  Ⅶ腫瘍 神経芽腫の手術 312-315,2013
11. 田尻達郎:第11節 小児固形悪性腫瘍における遺伝子解析による悪性度診                          断と遺伝子治療  遺伝子治療・診断の最先端技術と新しい医薬品・診断薬の開発 348-353, 2014
12. 田尻達郎:QOLを重視した小児外科医療の進歩 相楽医報 第151号:18,2014
13. 田尻達郎:小児外科医療の進歩〜QOL向上を目指して〜 京都小児科医会会報No.58 19-23,2014
14. 田尻達郎:日本における小児悪性固形腫瘍の治療とグループスタディの現状 チャイルドヘルス Vol 18 No.3 21-25,2015
15. 田尻達郎、文野誠久:第2章小児がん D小児がんにおける治療法(外科療法) 3内臓固形腫瘍 小児血液・腫瘍学.日本小児血液・がん学会編 診断と治療社 東京:158-161,2015
【原著論文】(英文)
1 Tajiri T, Maki H, Sekiguchi M: Functional cooperation of MutT, MutM and MutY proteins in preventing mutations caused by spontaneous oxidation of guanine nucleotide in Escherichia coli. Mutation Res 366: 257-267, 1995

2 Tajiri T, Suita S, Zaizen S, Okuzono S, Shono K, Fujii Y, Nakabeppu Y, Nishioka K, Taketomi A: Mutations in the repair system of neuroblastoma. Proceedings of XXX World congress of the international College of surgeons: 1225-1228, 1996

3 Tajiri T, Suita S, Shono K, Kubota M, Fujii Y, Oki E, Oda S, Maehara Y, Sugimachi K: A microsatellite instability analysis in neuroblastoma based on a high resolution fluorescent microsatellite analysis. Cancer letters 124: 59-63, 1998

4 Tajiri T, Shono K, Fujii Y, Noguchi S, Kinoshita Y, Tsuneyoshi M, Suita S: Highly sensitive analysis for N-myc amplification in neuroblastoma based on fluorescence in situ hybridization. J Pediatr Surg 34: 1615-1619, 1999

5 Tajiri T, Tanaka S, Shono K, Kinoshita Y, Fujii Y, Suita S, Ihara K, Hara T: Quick quantitative analysis of gene dosages associated with prognosis in neuroblastoma. Cancer Lett. 166: 89-94, 2001

6 Tajiri T, Suita S, Sera Y, Takamatsu H, Nagasaki A, Kurosaki N, Handa N, Hara T, Okamura J, Miyazaki S, Sugimoto T, Kawakami K, Eguchi H, Tsuneyoshi M: Clinical and biologic characteristics for recurring neuroblastoma at mass screening cases in Japan. Cancer. 92 :349-353, 2001

7 Tajiri T, Suita S, Sera Y, Takamatsu H, Nagasaki A, Kurosaki N, Handa N, Hara T, Okamura J, Miyazaki S, Sugimoto T, Kawakami K, Eguchi H, Tsuneyoshi M: Clinical and biologic characteristics for recurring neuroblastoma at mass screening cases in Japan. Cancer. 92 :349-353, 2001

8 Tajiri T, Shono K, Tanaka S, Suita S: Evaluation of genetic heterogeneity in neuroblastoma. Surgery 131: 283-287, 2002

9 Tajiri T, Liu X, Tanaka S, Suita S, Hogarty DM: Expression of a MYCN-interacting isoform of the tumor suppressor BIN1 is reduced in neuroblastomas with unfavorable biological features. Clin Cancer Res 9: 3345-3355, 2003

10 Tajiri T, Tanaka S, Higashi M, Kinoshita Y, Takahashi Y, Tatsuta K, Suita S: Biological diagnosis for neuroblastoma using a highly sensitive analysis of prognostic factors. J Pediatr Surg 41:560-566, 2006

11 Tajiri T, Higashi M, Souzaki R, Tatsuta K, Kinoshita Y, Taguchi T: Classification of neuroblastomas based on an analysis of the expression of genes related to the prognosis. J Pediatr Surg 42:2046-2049, 2007

12 Tajiri T, Ieiri S, Kinoshita Y, Masumoto K, Nishimoto Y, Taguchi T : Transumbilical approach for neonatal surgical diseases-woundless operation-. Pediatr Surg Int 24:1123-1126, 2008

13 Tajiri T, Souzaki R, Kinoshita Y, Tanaka S, Koga Y, Suminoe A, Matsuzaki A, Hara T, Taguchi T: Risks and benefits of ending of mass screening for neuroblastoma at 6 months of age in Japan. J Pediatr Surg 44:2253-2257, 2009

14 Tajiri T, Souzaki R, Kinoshita Y, Tanaka S, Koga Y, Suminoe A, Hara T, Kohashi K, Oda Y, Masumoto K, Ohira M, Nakagawara A, Taguchi T: Concordance for neuroblastoma in monozygotic twins:Case report and review of the literature. J Pediatr Surg 45:2312-2316, 2010

15 Tajiri T, Souzaki R, Kinoshita Y, Ryota Y, Kohashi K, Oda Y, Taguchi T: Surgical intervention strategies for pediatric ovarian tumors: Experience with 60 cases at one institution. Pediatr Surg Int. 28:27-31, 2012

16 Tajiri T, Souzaki R, Kinoshita Y, Tanaka S, Koga Y, Suminoe A, Toshiro Hara, Tomoaki Taguchi :Implications of surgical intervention in the treatment of neuroblastomas: a 20-year single institution experience. Surg Today, 42:220-4, 2012

17 Tajiri T, Kimura O, Fumino S, Furukawa T, Iehara T, Souzaki R, Kinoshita Y, Koga Y, Suminoe A, Hara T, Kohashi K, Oda Y, Hishiki T, Hosoi H, Hiyama E, Taguchi T: Surgical strategies for unresectable hepatoblastomas. J Pediatr Surg. 47:2194-8,2012

【総説】
1 田尻達郎、真木寿冶;自然突然変異を制御する機構と発癌 実験医学 13;1723-1729、1995

2 田尻達郎、水田祥代;肺癌の治療経験 小児外科 29;1387-1390、1997

3 田尻達郎、水田祥代;神経芽腫の国際分類 小児内科 30;253-257、1998

4 田尻達郎、水田祥代;新生児腫瘍(奇形腫群腫瘍) 周産期医学 32;1109-1113、2002

5 田尻達郎、水田祥代;極低出生体重児の肝芽腫 小児外科 35;575-578、2003

6 田尻達郎、田口智章;神経芽腫の治療の変遷と今後の展望 日小児会誌 111; 1515-1523, 2007

7 田尻達郎、宗崎良太、木下義晶、田中 桜、田口智章:進行神経芽腫治療に対する臓器温存手術と術後体外照射の意義 小児外科 40;624-628, 2008

8 田尻達郎、宗崎良太、木下義晶、田中 桜、東 真弓、田口智章:生物学的予後因子解析からみたマススクリーニングの功罪 小児外科 40;1047-1053, 2008

9 田尻達郎:小児固形悪性腫瘍におけるトランスレーショナルリサーチ 福岡医学雑誌 100:75-80,2009

10 田尻達郎、木下義晶、宗崎良太、田中 桜、東 真弓、孝橋賢一、田口智章:神経芽腫の治療 —外科的立場から 小児がん 47:40-45, 2010

11 田尻達郎、宗崎良太、木下義晶、代居良太、田口智章: 小児固形悪性腫瘍長期生存例における局所治療関連障害 小児外科 44;545-549,2011

12 田尻達郎、田中桜、竜田恭介、宗崎良太、木下義晶、田口智章: センダイウィルス導入樹状細胞を用いた神経芽腫の免疫療法 Pharma Media No5;57-65,2011

13 田尻達郎、米田光宏、家原知子、常盤和明、連 利博、菊田 敦、菊地 陽、金川公夫、北村正幸、中川原 章、中澤 温子、高橋秀人、瀧本哲也、福島 敬、
金子道夫、原 純一、池田 均:神経芽腫低・中間リスク群に対する臨床研究におけるIDRFの評価と外科治療ガイドライン 小児外科 43;1173-1178,2011

14 田尻達郎:神経芽腫の治療の現況と展望 日本小児血液がん学会誌 49:366-372, 2012

15 田尻達郎:臨床医の観点からの小児がんにおけるトランスレーショナルリサーチ 京都府立医科大学雑誌 121: 595-605, 2012

続きを見る

田尻 達郎先生 の所属する医療機関

京都府立医科大学附属病院

TEL: 075-251-5111

京都府立医科大学附属病院

京都府京都市上京区梶井町465

京阪電気鉄道鴨東線「神宮丸太町駅」 徒歩10分

JR東海道本線「京都駅」 バス利用可(市バス 4、17、205系統 四条河原町・北大路バスターミナル行き 府立医大病院前下車) 車17分

- - -

受付時間: 8:45〜11:00 原則紹介制(初診予約は医療機関経由) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

田尻 達郎 先生 の記事