新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 講師

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医

村上 大輔 むらかみ だいすけ 先生

九州大学病院にて耳鼻咽喉科、頭頸部外科分野の主に鼻科学を担当し、幅広い臨床を行う傍ら、免疫反応やアレルギーについての研究を行う。なかでも花粉症のアレルゲン免疫療法の研究に力を注いでおり、経口免疫療法の確立に向けて活動を進めている。手術においては内視鏡下鼻副鼻腔手術を専門としている。また2018年より脳神経外科と合同で頭蓋底外科チームを結成し、耳鼻咽喉科部門のチーフとして経鼻内視鏡的にアプローチする下垂体や傍鞍部腫瘍の手術を中心に頭蓋底疾患の治療にも携わっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 耳鼻咽喉科
  • 鼻科学
  • 免疫・アレルギー学
  • 頭頸部外科

資格・学会・役職

日本耳鼻咽喉科学会 耳鼻咽喉科専門研修指導医・耳鼻咽喉科専門医・補聴器相談医
  • 九州大学病院 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 講師
  • 日本鼻科学会 会員
  • 日本耳科学会 会員
  • 日本頭頸部外科学会 会員
  • 日本耳鼻咽喉科免疫アレルギー学会 会員
  • 日本顔面神経学会 会員

所属病院

九州大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 血管外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 福岡県福岡市東区馬出3丁目1-1
  • 福岡市営地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」 徒歩2分 JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)「吉塚駅」 徒歩9分
  • 092-641-1151
九州大学病院

医療記事

来歴等

略歴

2001年 九州大学医学部医学科卒業
2007年 九州大学大学院医学系研究科外科系専攻修了
2011年 九州大学医学研究院 助教(耳鼻咽喉・頭頸部外科)
2012年 済生会福岡総合病院 部長(耳鼻咽喉科・頭頸部外科)、九州大学病院 特別教員
2016年 九州大学医学部 講師、九州大学病院 助教 (耳鼻咽喉科・頭頸部外科)
2019年 九州大学病院 講師(耳鼻咽喉科・頭頸部外科)

論文

【原著】
1. 新規経口免疫寛容剤(スギ抗原-ガラクトマンナン複合体)を用いたスギ花粉症に対する減感作治療の検討―2010- 耳鼻 58 (1): 30-38. (2012)
2. Phase I/II study of oral immunotherapy with Cry j1-galactomannan conjugate for Japanese cedar pollinosis. Auris Nasus Larynx 41:350-358. (2014)
3. Safety and efficacy of a new regimen of short-term oral immunotherapy with Cry j 1-galactomannan conjugate for Japanese cedar pollinosis: a prospective,randomized, open-label study. Allergol Int. 64(2):161-168. (2015)
4. Effect of short-term oral immunotherapy with Cry j1-galactomannan conjugate on quality of life in Japanese cedar pollinosis patients: A prospective,randomized, open-label study. Auris Nasus Larynx 43: 50-55. (2016)
5. Safety and efficacy of short-term oral immunotherapy with Cry j 1-galactomannan conjugate for Japanese cedar pollinosis: a randomized controlled trial Scientific Reports 7, Article number: 46142 (2017) doi:10.1038/srep46142

【総説】
1. 経口免疫寛容剤(スギ抗原〔Cryj 1〕- ガラクトマンナン複合体)を用いた減感作治療 医薬ジャーナル 49(1):105-110. (2013)
2. 新規経口免疫寛容剤を用いたスギ花粉症に対する経口免疫療法の有効性と安全性 アレルギーの臨床 36(3):53-57. (2016)
3. スギ抗原-ガラクトマンナン複合体による経口免疫療法 JOHNS 32(6):755-757.(2016)
4.スギ花粉症に対する新規経口免疫療法の安全性と有効性 小児科診療 10(81):1343-1347. (2016)
5.腸管免疫を利用したスギ花粉症に対する新しい経口免疫療法 医学のあゆみ 264(12):1055-1056. (2018)
6.Cedar pollinosis - a new oral immunological tolerance agent. Impact. 3: 20-22.(2019)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。