新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国際医療福祉大学病院 脳神経内科部長、神経難病センター長、国際医療福祉大学 医学部教授

日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本脳卒中学会 脳卒中指導医・脳卒中専門医

加藤 宏之 かとう ひろゆき 先生

ALS(筋萎縮性側索硬化症)、多系統萎縮症、脊髄小脳変異症、パーキンソン病など神経難病医療のエキスパートとして広く知られる。現在は国際医療福祉大学教授、神経難病センター長として学術、臨床の両面で後進の指導にも力を入れる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 神経難病
  • 神経リハビリ
  • 神経内科学全般
  • 脳機能画像診断学(ファンクショナルMRI、光トポグラフィー)
  • 神経細胞死の分子機序の基礎研究(脳虚血、パーキンソン病、老化)

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本脳卒中学会 脳卒中指導医・脳卒中専門医
  • 国際医療福祉大学病院 脳神経内科部長、神経難病センター長、国際医療福祉大学 医学部教授
  • 医学博士 取得
  • 日本認知症学会 認定専門医/指導医

所属病院

国際医療福祉大学病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 栃木県那須塩原市井口537-3
  • 宇都宮線「西那須野駅」 無料シャトルバス運行あり  地域バス(ゆーバス)も利用可能 車10分
  • 0287-37-2221
国際医療福祉大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 東北大学医学部医学科 卒業
1985年 東北大学大学院医学研究科内科学系終了(神経内科)
    東北大学医学部附属病院神経内科
1986年 国立療養所西多賀病院 厚生技官(神経内科医師)
    東北大学医学部附属病院神経内科
1987年 国立療養所岩手病院 厚生技官(神経内科医師)
1990年 東北大学医学部 助手(神経内科)
1995年 米国ワシントン大学医学部神経内科 研究助教授
1997年 東北大学医学部 助手(神経内科)
1998年 東北大学医学部 講師(神経内科)
    同大学院医学系研究科 助教授(神経科学講座神経病態制御学分野)
2003年 国際医療福祉大学臨床医学研究センター 教授
    国際医療福祉大学病院 神経内科部長
2007年 国際医療福祉大学病院 教授、同神経内科部長
2014年 同神経難病センター長併任
2017年 国際医療福祉大学医学部教授
    国際医療福祉大学病院 神経内科部長 神経難病センター長

論文

(原著2012年以降一部抜粋)
1.Takeda K, Gomi Y, Kato H. Near-infrared spectrosopy and motor lateralization after stroke: a case series study, Int J Phys Med Rehabil 2014. 2:3 http://dx.doi.org/10.2329-9096.1000192

2.Kato H, Izumiyama M, impaired motor control due to proprioceptive sensory loss in a patient with cerebral infarction localized to the postcentral gyrus. J Rehabil Med 2015;47: 187-190

3.Tetsuka S, Tagawa A, Ogawa T, Otsuka M, Hashimoto R, Kato H. Orbital myositis with rapid successful treatment with corticosteroids, Br J Med Med Res 8(4):362-366, 2015. DOI:10.9734/BJMMR/2015/17738

4.橋本律夫、小川朋子、田川朝子、加藤宏之:改定長谷川式簡易知能評価スケール(HDS-R)における3単語second recall test:健忘型軽度認知障害診断における有用性の検討. 神経内科 78(5): 575-578

5.小川朋子、田川朝子、橋本律夫、加藤宏之:麦角材による薬剤性無菌性髄膜炎の1例. 臨床神経 2015;55: 421-423

著書

1.Shimoda N, Takeda K, Kato H:Handedness and mental rotation. Dunham J, Davenport T, ed, Handedness: Theories, Genetics and Psychology. NOVA Science Publishers, 2012, pp91-107.

2.Kato H, and Izumiyama M(2013) . Activation of Brain Sensorimoter Network by Somatosensory Input in Patients with Hemiparetic Stroke: A Functional MRI Study, Novel Frontiers of Advanced Neuroimaging, Fountas KN(Ed), ISBN: 978-953-51-0923-5, DOI: 10.5772/51693.

3.加藤宏之:「認知症」. 小川聡、武藤正樹、監修、今日のcommon disease診療ガイドライン. エスタブリッシュ医薬品による標準治療、医学書院、東京、2012年6月15日,pp215-218

4.加藤宏之:「てんかん」. 小川聡、武藤正樹、監修、今日のcommon disease診療ガイドライン. エスタブリッシュ医薬品による標準治療、医学書院、東京、2012年6月15日,pp231-234

5.加藤宏之:「脳卒中」. 小川聡、武藤正樹、監修、今日のcommon disease診療ガイドライン. エスタブリッシュ医薬品による標準治療、医学書院、東京、2012年6月15日, pp235-241

6.加藤宏之:「パーキンソン病」. 小川聡、武藤正樹、監修、今日のcommon disease診療ガイドライン. エスタブリッシュ医薬品による標準治療、医学書院、東京、2012年6月15日, pp242-245

7.加藤宏之:「頭痛」. 小川聡、武藤正樹、監修、今日のcommon disease診療ガイドライン. エスタブリッシュ医薬品による標準治療、医学書院、東京、2012年6月15日, pp246-250

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。