新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

杏林大学医学部第一内科学教室(腎臓・リウマチ膠原病内科) 教授

日本内科学会 認定内科医 日本リウマチ学会 リウマチ指導医・リウマチ専門医 日本腎臓学会 腎臓指導医・腎臓専門医 日本透析医学会 透析指導医・透析専門医

有村 義宏 ありむら よしひろ 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 腎臓内科
  • アレルギー科
  • リウマチ科
  • 腎臓病学
  • リウマチ・膠原病内科学

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 リウマチ指導医・リウマチ専門医
日本腎臓学会 腎臓指導医・腎臓専門医
日本透析医学会 透析指導医・透析専門医
  • 杏林大学医学部第一内科学教室(腎臓・リウマチ膠原病内科) 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本リウマチ学会 評議員
  • 日本腎臓学会 評議員
  • 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患等政策研究事業) 難治性血管炎に関する調査研究班 研究代表者
  • 日本医療研究開発機構研究費(難治性疾患実用化研究事業)AMED 難治性血管炎診療のエビデンス構築のための戦略的研究班 研究開発代表者
  • Clinical and Experimental Nephrology 副編集長

所属病院

杏林大学医学部付属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都三鷹市新川6丁目20-2
  • 京王線「仙川駅」 小田急バス 三鷹駅行、吉祥寺駅中央口行 杏林大学病院前下車 バス15分 京王井の頭線「三鷹台駅」 みたかシティバス 調布飛行場行 杏林大学病院下車 バス15分 JR中央本線(東京〜塩尻)「三鷹駅」 南口 小田急バス 仙川行、晃華学園東行、野ケ谷行き 杏林大学病院前または杏林大学病院入口下車 バス20分
  • 0422-47-5511
杏林大学医学部付属病院

医療記事

来歴等

略歴

1978年 杏林大学医学部卒
1982年 杏林大学大学院博士課程卒業
1982年 医学博士
1999年 杏林大学医学部助教授
2007年 杏林大学医学部准教授
2008年 杏林大学医学部教授

著書

Protective Role of HLA-DRB1*13:02 against Microscopic Polyangiitis and MPO-ANCA-Positive Vasculitides in a Japanese Population: A Case-Control Study.
Kawasaki A, Hasebe N, Hidaka M, Hirano F, Sada KE, Kobayashi S, Yamada H, Furukawa H, Yamagata K, Sumida T, Miyasaka N, Tohma S, Ozaki S, Matsuo S, Hashimoto H, Makino H, Arimura Y, Harigai M, Tsuchiya N.
PLoS One. 2016 May 11;11(5):e0154393. doi: 10.1371/journal.pone.0154393. eCollection 2016.

Comparison of severity classification in Japanese patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis in a nationwide, prospective, inception cohort study.
Sada KE, Harigai M, Amano K, Atsumi T, Fujimoto S, Yuzawa Y, Takasaki Y, Banno S, Sugihara T, Kobayashi M, Usui J, Yamagata K, Homma S, Dobashi H, Tsuboi N, Ishizu A, Sugiyama H, Okada Y, Arimura Y, Matsuo S, Makino H; for Research Committee of Intractable Vasculitis Syndrome and Research Committee of Intractable Renal Disease of the Ministry of Health, Labour, and Welfare of Japan.
Mod Rheumatol. 2016 Sep;26(5):730-7. doi: 10.3109/14397595.2016.1140274. Epub 2016 Mar 11.

A Case of Concurrent MPO-/PR3-Negative ANCA-Associated Glomerulonephritis and Membranous Glomerulopathy.
Nakada Y, Tsuboi N, Takahashi Y, Yoshida H, Hara Y, Okonogi H, Kawamura T, Arimura Y, Yokoo T.

Pulmonary involvements of anti-neutrophil cytoplasmic autoantibody-associated renal vasculitis in Japan.
Hirayama K, Kobayashi M, Usui J, Arimura Y, Sugiyama H, Nitta K, Muso E, Wada T, Matsuo S, Yamagata K; Japanese RPGN Study Group of Progressive Renal Disease.
Nephrol Dial Transplant. 2015 Apr;30 Suppl 1:i83-93. doi: 10.1093/ndt/gfu385. Epub 2015 Jan 22.

Issues associated with the Ministry of Health, Labour and Welfare diagnostic criteria for antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitides: Reclassification of patients in the prospective cohort study of Remission Induction Therapy in Japanese patients with ANCA-associated vasculitides according to the MHLW criteria.
Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Arimura Y, Makino H; Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan
Mod Rheumatol. 2015 Jul;25(4):657-9. doi: 10.3109/14397595.2014.982270. Epub 2014 Dec 15. Review.

Classification and characteristics of Japanese patients with antineutrophil cytoplasmic antibody-associated vasculitis in a nationwide, prospective, inception cohort study.
Sada KE, Yamamura M, Harigai M, Fujii T, Dobashi H, Takasaki Y, Ito S, Yamada H, Wada T, Hirahashi J, Arimura Y, Makino H; Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour and Welfare of Japan.
Arthritis Res Ther. 2014 Apr 23;16(2):R101. doi: 10.1186/ar4550.

A nationwide survey on the epidemiology and clinical features of eosinophilic granulomatosis with polyangiitis (Churg-Strauss) in Japan.
Sada KE, Amano K, Uehara R, Yamamura M, Arimura Y, Nakamura Y, Makino H; Research Committee on Intractable Vasculitides, the Ministry of Health, Labour, Welfare of Japan.
Mod Rheumatol. 2014 Jul;24(4):640-4. doi: 10.3109/14397595.2013.857582. Epub 2013 Dec 2.

Immunopathologic co-localization of MPO, IgG, and C3 in glomeruli in human MPO-ANCA-associated glomerulonephritis.
Kawashima S, Arimura Y, Sano K, Kudo A, Komagata Y, Kaname S, Kawakami H, Yamada A.
Clin Nephrol. 2013 Apr;79(4):292-301.

The role of myeloperoxidase and myeloperoxidase-antineutrophil cytoplasmic antibodies (MPO-ANCAs) in the pathogenesis of human MPO-ANCA-associated glomerulonephritis.
Arimura Y, Kawashima S, Yoshihara K, Komagata Y, Kaname S, Yamada A.
Clin Exp Nephrol. 2013 Oct;17(5):634-7. doi: 10.1007/s10157-013-0787-7. Epub 2013 Mar 16. Review.

有村義宏,池谷紀子:血管炎症候群.Ⅳ.関節リウマチ以外の膠原病,最近の話題 日本内科学会雑誌 103(10):2492-2500,2014.

有村義宏(共著):RPGN診療ガイドライン作成分科会.エビデンスに基づく急速進行性腎炎症候群(RPGN)診療ガイドライン2014.日本腎臓学会誌57(1)139-232,2014.

有村義宏, 池谷紀子 : 【リウマチ学:診断と治療の進歩】 トピックス 関節リウマチ以外の膠原病、最近の話題 血管炎症候群. 日本内科学会雑誌 103 : 2492-2500, 2014.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。