新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

杏林大学医学部腫瘍内科学教室 教授

日本内科学会 認定医・内科指導医 日本膵臓学会 評議員・認定指導医 日本臨床腫瘍学会 協議員・暫定指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本癌治療学会 会員 日本癌学会 会員 日本胆道学会 会員 JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ) 肝胆膵グループ代表

古瀬 純司 ふるせ じゅんじ 先生

千葉大学で門脈亢進症など肝疾患の臨床と研究に従事する。その後、国立がんセンター東病院にて15年半、肝胆膵がんの診療と研究に携わる。1990年代は超音波診断、IVR等の仕事を主体としていたが、1990年代後半から化学療法や化学放射線療法を積極的に取り組む。2008年3月より杏林大学医学部に移動し、腫瘍内科学教室を立ち上げ、現在に至る。新規治療開発や臨床試験の研究グループなどネットワークの組織作りなど、がん治療の進歩に貢献すべく取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 認定医・内科指導医
日本膵臓学会 評議員・認定指導医
日本臨床腫瘍学会 協議員・暫定指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本癌治療学会 会員
日本癌学会 会員
日本胆道学会 会員
JCOG(日本臨床腫瘍研究グループ) 肝胆膵グループ代表
  • 杏林大学医学部腫瘍内科学教室 教授
  • 日本膵臓学会 膵癌診療ガイドライン作成委員、第 50 回日本膵臓学会大会会長 
  • 日本臨床腫瘍学会  協議員、暫定指導医
  • 日本肝胆膵外科学会 胆道癌取扱規約委員会委員、胆道癌診療ガイドライン作成委員
  • 日本がんサポーティブケア学会 評議員
  • 日本肝臓学会 肝癌診療ガイドライン作成委員
  • 日本神経内分泌腫瘍研究会 理事
  • 日本肝癌研究会 幹事
  • ASCO Active member
  • ESMO Active member
  • International Association of Pancreatology Council Member
  • Associate Editor: Jpn J Clin Oncol
  • International Advisory Board: Lancet Oncology
  • Editorial Board: Journal of Cancer Research and Clinical Oncology, BioMed Research  International, Journal of Clinical Oncology & Research, International Journal of Endocrine  Oncology, Pancreas, Case Reports in Internal Medicine
  • Reviewer: Cells、Cancer science, Investigational New Drugs, J Clin Oncol, J of Gastroenterol,  Liver Cancer, Pancreatology, etc.
  • 日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)肝胆膵グループ 代表(2008年4月~)
  • 平成 28 年度日本医療研究開発機構研究費 切除不能膵癌に対する標準治療の確立に関する研究 研究者代表者(2015年4月~)
  • 平成 27 年度国立がん研究センター研究開発費 成人固形がんに対する標準治療確立のための基盤研究 分担研究者(2014年4月~)
  • 医薬品医療機器総合機構 専門委員(2009年4月~)
  • 厚生労働省医療技術参与(2012年4月~)

所属病院

杏林大学医学部付属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都三鷹市新川6丁目20-2
  • 京王線「仙川駅」 小田急バス 三鷹駅行、吉祥寺駅中央口行 杏林大学病院前下車 バス15分 京王井の頭線「三鷹台駅」 みたかシティバス 調布飛行場行 杏林大学病院下車 バス15分 JR中央本線(東京~塩尻)「三鷹駅」 南口 小田急バス 仙川行、晃華学園東行、野ケ谷行き 杏林大学病院前または杏林大学病院入口下車 バス20分
  • 0422-47-5511
杏林大学医学部付属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 千葉大学医学部 卒業
1984年 千葉大学医学部附属病院 第一内科 研修医
1985年 清水厚生病院 内科 医師
1987年 千葉大学医学部附属病院 第一内科 医員
1990年 社会保険船橋中央病院 内科 医長
1992年 国立柏病院 内科 医師
1992年 国立がんセンター東病院 臨床検査部 医員
1999年 国立がんセンター東病院 病棟部 医長(〜2008年2月)
2001年 米国、トーマス・ジェファーソン大学放射線部、腫瘍内科学(〜2002年8月)
2008年 杏林大学医学部内科学腫瘍内科教授 (〜現在まで)
2014年 東京薬科大学 客員教授

論文

1) Valle JW, Furuse J, Jitlal M, Beare S, Mizuno N, Wasan H, Bridgewater J, Okusaka T. Cisplatin and gemcitabine for advanced biliary tract cancer: a meta-analysis of two randomised trials. Ann Oncol 2014;25:391-8
2) Furuse J, Ishii H, Okusaka T. The hepatobiliary and pancreatic oncology (HBPO) group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG): History and future direction. Jpn J Clin Oncol 2013;43:2-7.
3) Furuse J, Ishii H, Okusaka T. The hepatobiliary and pancreatic oncology (HBPO) group of the Japan Clinical Oncology Group (JCOG): History and future direction. Jpn J Clin Oncol 2013;43:2-7
4) Furuse J, Kasuga A, Takasu A, Kitamura H, Nagashima F. Role of chemotherapy in treatments for biliary tract cancer. J Hepatobiliary Pancreat Sci 2012;19:337-41.
5) Furuse J, Okusaka T, Bridgewater J, Taketsuna M, Wasan H, Koshiji M, Valle J. Lessons from the comparison of two randomized clinical trials using gemcitabine and cisplatin for advanced biliary tract cancer. Crit Rev Oncol Hematol 2011;80:31-9.
6) Furuse J, Okusaka T, Kaneko S, Kudo M, Nakachi K, Ueno H, Yamashita T, Ueshima K. Phase I/II study of the pharmacokinetics, safety and efficacy of S-1 in patients with advanced hepatocellular carcinoma. Cancer Sci 2010;101:2606-11.
7) Furuse J: Targeted therapy for biliary-tract cancer. Lancet Oncol 2010;11:5-6

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。