鈴木 道雄 先生のプロフィール

鈴木 道雄 先生

すずき みちお

鈴木 道雄 先生

富山大学大学院医学薬学研究部(医学)神経精神医学講座教授

専門分野

精神科 生物学的精神医学 神経画像学 精神疾患への早期介入

紹介

富山大学大学院医学薬学研究部神経精神医学講座教授として、「臨床」「教育」「研究」のバランスを重視しながら、精神医学の向上を目指している。統合失調症の病態解明のための神経画像研究などに長年取り組み、近年は統合失調症前駆期の病態研究や、精神疾患の長期予後改善を目的とした早期介入・早期支援に関する研究を行っている。

略歴

1984年 金沢大学医学部医学科卒業
1988年 金沢大学大学院医学研究科(博士課程)修了 医学博士
1988年 金沢大学医学部附属病院神経科精神科 医員
1989年 高岡市民病院神経精神科医師
1991年 富山医科薬科大学医学部精神神経医学講座 助手
1994年 文部省在外研究員としてスウェーデン・カロリンスカ研究所臨床神経科学部門に研究留学
1995年 富山医科薬科大学附属病院神経科精神科 講師
1998年 富山医科薬科大学医学部精神神経医学講座 助教授
2005年 富山大学医学部精神神経医学講座 助教授
2006年 富山大学大学院医学薬学研究部(医学)神経精神医学講座 助教授
2007年 富山大学大学院医学薬学研究部(医学)神経精神医学講座 准教授
2007年 富山大学大学院医学薬学研究部(医学)神経精神医学講座 教授

所属学会・資格・役職など

【所属学会】
日本精神保健・予防学会 理事長
日本統合失調症学会 理事
日本精神科診断学会 理事
その他
【資格】
精神保健指定医
日本精神神経学会 専門医、指導医

受賞・著書・論文など

【編書】
早期精神病の診断と治療、医学書院、2010年
精神疾患の脳画像ケースカンファレンス:診断と治療へのアプローチ、中山書店、2014年
【分担執筆】
精神医学の方位、中山書店、2007年
精神疾患の脳画像解析・診断学、南山堂、2008年
精神疾患と脳画像、専門医のための精神科臨床リュミエール2、中山書店、2008年
統合失調症の早期診断と早期介入、専門医のための精神科臨床リュミエール5、中山書店2009年
精神科専門医のためのプラクティカル精神医学、中山書店、2009年
レジリアンス-現代精神医学の新しいパラダイム-、金原出版、2009年
脳科学エッセンシャル-精神疾患の生物学的理解のために、専門医のための精神科臨床リュミエール16、中山書店、2010年
精神疾患における前頭葉の構造と機能-統合失調症. 前頭葉でわかる精神疾患の臨床、専門医のための精神科臨床リュミエール21、中山書店、2010年
専門医をめざす人の精神医学第3版、医学書院、2011年
精神疾患診断のための脳形態・機能検査法、新興医学出版社、2012年
統合失調症、医学書院、2013年
重症化させないための精神疾患の診方と対応、医学書院、2014年
標準精神医学第6版、医学書院、2015年
精神疾患のバイオマーカー、星和書店、2015年
その他
【論文】
1. Suzuk

【編書】
早期精神病の診断と治療、医学書院、2010年
精神疾患の脳画像ケースカンファレンス:診断と治療へのアプローチ、中山書店、2014年
【分担執筆】
精神医学の方位、中山書店、2007年
精神疾患の脳画像解析・診断学、南山堂、2008年
精神疾患と脳画像、専門医のための精神科臨床リュミエール2、中山書店、2008年
統合失調症の早期診断と早期介入、専門医のための精神科臨床リュミエール5、中山書店2009年
精神科専門医のためのプラクティカル精神医学、中山書店、2009年
レジリアンス-現代精神医学の新しいパラダイム-、金原出版、2009年
脳科学エッセンシャル-精神疾患の生物学的理解のために、専門医のための精神科臨床リュミエール16、中山書店、2010年
精神疾患における前頭葉の構造と機能-統合失調症. 前頭葉でわかる精神疾患の臨床、専門医のための精神科臨床リュミエール21、中山書店、2010年
専門医をめざす人の精神医学第3版、医学書院、2011年
精神疾患診断のための脳形態・機能検査法、新興医学出版社、2012年
統合失調症、医学書院、2013年
重症化させないための精神疾患の診方と対応、医学書院、2014年
標準精神医学第6版、医学書院、2015年
精神疾患のバイオマーカー、星和書店、2015年
その他
【論文】
1. Suzuki M, Nohara S, Hagino H, Kurakawa K, Yotsutsuji T, Kawasaki Y, Takahashi T, Matsui M, Watanabe N, Seto H, and Kurachi M: Regional changes in brain gray and white matter in patients with schizophrenia demonstrated with voxel-based analysis of MRI. Schizophrenia Research 55: 41-54, 2002
2. Takahashi T, Suzuki M, Kawasaki Y, Hagino H, Yamashita I, Nohara S, Nakamura K, Seto H, and Kurachi M.: Perigenual cingulated gyrus volume in patients with schizophrenia: A magnetic resonance imaging study. Biological Psychiatry 53: 593-600, 2003
3. Zhou S-Y, Suzuki M, Hagino H, Takahashi T, Kawasaki Y, Nohara S, Yamashita I, Seto H, and Kurachi M: Decreased volume and increased asymmetry of the anterior limb of the internal capsule in patients with schizophrenia. Biological Psychiatry 54: 427-436, 2003
4. Nakamura K, Kawasaki Y, Suzuki M, Hagino H, Kurokawa K, Takahashi T, Niu L, Matsui M, Seto H, and Kurachi M: Multiple structural brain measures obtained by three-dimensional magnetic resonance imaging to distinguish between schizophrenia patients and normal subjects. Schizophrenia Bulletin 30: 393-404, 2004
5. Suzuki M, Zhou S-Y, Hagino H, Niu L, Takahashi T, Kawasaki Y, Matusi M, Seto H, Ono T, and Kurachi M: Morphological brain changes associated with Schneider’s first rank symptoms in schizophrenia: a MRI study. Psychological Medicine 35: 549-560, 2005
6. Suzuki M, Zhou S-Y, Takahashi T, Hagino H, Kawasaki Y, Niu L, Matsui M, Seto H, and Kurachi M: Differential contributions of prefrontal and temporolimbic pathology to mechanisms of psychosis. Brain 128: 2109-2122, 2005
7. Kawasaki Y, Suzuki M, Kherif F, Takahashi T, Zhou S-Y, Nakamura K, Matsui M, Sumiyoshi T, Seto H, Kurachi M: Multivariate voxel-based morphometry successfully differentiates schizophrenia patients from healthy controls. NeuroImage 34: 235-242, 2007
8. Takahashi T, Suzuki M, Tanino R, Zhou S-Y, Hagino H, Niu L, Kawasaki Y, Seto H, Kurachi M: Volume reduction of the left planum temporale gray matter associated with long duration of untreated psychosis: a preliminary report. Psychiatry Research Neuroimaging 154: 209–219, 2007
9. Kawasaki Y, Suzuki M, Takahashi T, Nohara S, McGuire PK, Seto H, Kurachi M: Anomalous cerebral asymmetry in patients with schizophrenia demonstrated by voxel-based morphometry. Biological Psychiatry 63: 793-800, 2008
10. Takahashi T, Wood SJ, Yung AR, Soulsby B, McGorry PD, Suzuki M, Kawasaki Y, Phillips LJ, Velakoulis D, Pantelis C: Progressive gray matter reduction of the superior temporal gyrus during transition to psychosis. Archives of General Psychiatry 66: 366-376, 2009
11. Takahashi T, Suzuki M, Tsunoda M, Maeno N, Kawasaki Y, Zhou S-Y, Hagino H, Niu L, Tsuneki H, Kobayashi S, Sasaoka T, Seto H, Kurachi M, Ozaki N: The Disrupted-in-Schizophrenia-1 Ser704Cys polymorphism and brain morphology in schizophrenia. Psychiatry Research: Neuroimaging 172: 128-135, 2009
12. Takahashi T, Suzuki M, Zhou S-Y, Tanino R, Nakamura K, Kawasaki Y, Seto H, Kurachi M: A follow-up MRI study of the superior temporal subregions in schizotypal disorder and first-episode schizophrenia. Schizophrenia Research 119: 65-74, 2010
13. Ikeda M, Aleksic B, Kinoshita Y, Okochi T, Kawashima K, Kushima I, Ito Y, Nakamura Y, Kishi T, Okumura T, Fukuo Y, Williams HJ, Hamshere ML, Ivanov D, Inada T, Suzuki M, Hashimoto R, Ujike H, Takeda T, Craddock N, Kaibuchi K, Owen MJ, Ozaki N, O’Donovan MC, Iwata N: Genome-wide association study of schizophrenia in a Japanese population. Biological Psychiatry 69: 472-478, 2011
14. Takayanagi T, Takahashi T, Orikabe L, Mozue Y, Kawasaki Y, Nakamura K, Sato Y, Itokawa M, Yamasue H, Kasai K, Kurachi M, Okazaki Y, Suzuki M: Classification of first-episode schizophrenia patients and healthy subjects by automated MRI measures of regional brain volume and cortical thickness. PLosONE 6: e21047, 2011
15. Nakamura K, Kawasaki Y, Takahashi T, Furuichi A, Noguchi K, Seto H, Suzuki M: Reduced white matter fractional anisotropy and clinical symptoms in schizophrenia: a voxel-based diffusion tensor imaging study. Psychiatry Research Neuroimaging 202: 233-238, 2012
16. Higuchi Y, Sumiyoshi T, Seo T, Miyanishi T, Kawasaki Y, Suzuki M: Mismatch negativity and cognitive performance for the prediction of psychosis in subjects with at-risk mental state. PLoS ONE 8 :e54080, 2013
17. Kido M, Nakamura Y, Nemoto K, Takahashi T, Aleksic B, Furuichi A, Nakamura Y, Ikeda M, Noguchi K, Kaibuchi K, Iwata N, Ozaki N, Suzuki M: The polymorphism of YWHAE, a gene encoding 14-3-3epsilon, and brain morphology in schizophrenia: a voxel-based morphometric study. PLoS ONE 9: e103571, 2014
18. Ito S, Nemoto T, Tsujino N, Ohmuro N, Matsumoto K, Matsuoka H, Tanaka K, Nishiyama S, Suzuki M, Kinoshita H, Ozawa H, Fujita H, Shimodera S, Kishimoto T, Matsumoto K, Hasegawa T, Mizuno M: Differential impacts of duration of untreated psychosis (DUP) on cognitive function in first-episode schizophrenia according to mode of onset. European Psychiatry 30(8): 995-1001, 2015
19. Sasabayashi D, Takayanagi Y, Nishiyama S, Takahashi T, Furuichi A, Kido M, Nishikawa Y, Nakamura M, Noguchi K, Suzuki M: Increased frontal gyrification negatively correlates with executive function in patients with first-episode schizophrenia. Cerebral Cortex (in press) (doi: 10.1093/cercor/bhw101)
20. Takayanagi Y, Kulason S, Sasabayashi D, Takahashi T, Katagiri N, Sakuma A, Obara C, Nakamura M, Kido M, Furuichi A, Nishikawa Y, Noguchi K, Matsumoto K, Mizuno M, Ratnanather JT, Suzuki M: Reduced thickness of the anterior cingulate cortex in individuals at high risk who later develop psychosis. Schizophrenia Bulletin (in press) (doi: 10.1093/schbul/sbw167)
その他

続きを見る

鈴木 道雄先生 の所属する医療機関

富山大学附属病院

TEL: 076-434-2281

富山大学附属病院

富山県富山市杉谷2630

JR北陸本線「富山駅」 富山地鉄バス 富山大学附属病院行き バス30分

- - -

受付時間: 8:30~17:00 原則紹介制 一部診療科予約制 受付は11:00まで 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

鈴木 道雄 先生 の記事