新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

筑波大学 医学医療系血液内科 教授

日本内科学会 認定内科医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本臨床腫瘍学会 暫定指導医 日本免疫学会 会員 日本分子生物学会 会員

千葉 滋 ちば しげる 先生

1984年に筑波大学医学専門学群を卒業後、筑波大学附属病院、虎の門病院で卒後内科臨床研修をおこなう。1991年に東京大学大学院医学系研究科の博士課程を修了。2001年 東京大学医学部講師(血液・腫瘍内科)、2003年同助教授(無菌治療部)を経て、2008年より筑波大学大学院人間総合科学研究科(後改組により医学医療系)血液内科 教授に就任。血液内科学を専門とし、熱心に後進の指導にあたっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 血液内科学

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本臨床腫瘍学会 暫定指導医
日本免疫学会 会員
日本分子生物学会 会員
  • 筑波大学 医学医療系血液内科 教授
  • 日本血液学会 理事
  • 日本造血細胞移植学会 評議員
  • 日本癌学会 評議員
  • 米国血液学会 (American Society of Hematology) 会員
  • 欧州血液学会 (European Hematology Association) 会員
  • 国際幹細胞学会 (International Society for Stem Cell Research) 会員

所属病院

筑波大学附属病院

  • 内科 膠原病・リウマチ・アレルギー内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 茨城県つくば市天久保2丁目1-1
  • つくばエクスプレス つくば A3出口 つくばセンターバスターミナルより乗車 筑波大学循環(右回り)・筑波大学中央・石下駅行きなど 筑波大学病院入口下車徒歩1分 バス10分 JR常磐線(取手~いわき) 土浦 車20分
  • 029-853-3900
公式ウェブサイト
筑波大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 筑波大学医学専門学群卒業
1984年 筑波大学附属病院、虎の門病院で卒後内科臨床研修
1991年 東京大学大学院医学系研究科博士課程修了
1992年 東京大学医学部助手(第三内科)
1993年 Yale大学(リサーチフェロー)(1995年まで)
2001年 東京大学医学部講師(血液・腫瘍内科)
2003年 東京大学医学部助教授(無菌治療部)
2008年 筑波大学大学院人間総合科学研究科(後改組により医学医療系)医学医療系血液内科 教授

論文

1) Pierini A, Nishikii H, Baker J, Kimura T, Kwon H-S, Pan Y, Chen Y, Alvarez M, Strober W, Velardi A, Shizuru JA, Wu JY, Chiba S, Negrin RS. Foxp3+ regulatory T cells maintain the bone marrow microenvironment for B cell lymphopoiesis. Nature Communications. 8:15068, 2017
2) Kurita N, Gosho M, Yokoyama Y, Kato T, Obara N, Sakata-Yanagimoto M, Hasegawa Y, Uchida N, Takahashi S, Kouzai Y, Atsuta Y, Kurata M, Ichinohe T, Chiba S. A phase I/II trial of intrabone marrow cord blood transplantation and comparison of the hematological recovery with the Japanese nationwide database. Bone Marrow Transplantation. 52(4):574-579, 2017
3) Chiba S. Dysregulation of TET2 in hematologic malignancies. International Journal of Hematology. 105(1):17-22, 2017
4) Chiba S. Guest editorial: pre-leukemia/pre-lymphoma-what is old, what is new? International Journal of Hematology. 102(5):511-2, 2015
5) Sakata-Yanagimoto M, Enami T, Yoshida K, Shiraishi Y, Ishii R, Miyake Y, Muto H, Tsuyama N, Sato-Otsubo A, Okuno Y, Sakata S, Kamada Y, Nakamoto-Matsubara R, Tran NB, Izutsu K, Sato Y, Ohta Y, Furuta J, Shimizu S, Komeno T, Sato Y, Ito T, Noguchi M, Noguchi E, Sanada M, Chiba K, Tanaka H, Suzukawa K, Nanmoku T, Hasegawa Y, Nureki O, Miyano S, Nakamura N, Takeuchi K, Ogawa S, Chiba S. Somatic RHOA mutation in angioimmunoblastic T cell lymphoma. Nature Genetics. 46(2):171-5, 2014
6) Yoshida K, Sanada M, Shiraishi Y, Nowak D, Nagata Y, Yamamoto R, Sato Y, Sato-Otsubo A, Kon A, Nagasaki M, Chalkidis G, Suzuki Y, Shiosaka M, Kawahata R, Yamaguchi T, Otsu M, Obara N, Sakata-Yanagimoto M, Ishiyama K, Mori H, Nolte F, Hofmann WK, Miyawaki S, Sugano S, Haferlach C, Koeffler HP, Shih LY, Haferlach T, Chiba S, Nakauchi H, Miyano S, Ogawa S. Frequent pathway mutations of splicing machinery in myelodysplasia. Nature. 478(7367):64-9, 2011
7) Chiba S. Notch signaling in stem cell systems. Stem Cells. 24(11):2437-47, 2006
8) 千葉 滋. 骨髄異形成症候群のゲノム異常と病態. 臨床血液. 54(10):1687-96,2013
9) 千葉 滋. 白血病の染色体異常と遺伝子異常. 日本内科学会雑誌102(7): 1661-6,2013
10) 千葉 滋. 骨髄系腫瘍におけるエピゲノム異常. 血液内科. 66(3):291-7, 2013

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。