新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

筑波大学 呼吸器内科 教授

日本内科学会 内科指導医・総合内科専門医 日本呼吸器学会 呼吸器指導医・呼吸器専門医 日本アレルギー学会 アレルギー指導医・アレルギー専門医

檜澤 伸之 ひざわ のぶゆき 先生

特に気管支喘息、COPDなどの慢性炎症性肺疾患を専門としており、慢性炎症性肺疾患の遺伝的背景に関する研究業績も多数。喘息やCOPDといった病名ではなく、個々の患者さんの分子病態の多様性に着目したアプローチの確立を目指している。後進の育成にも尽力しており、毎年多くの研修医や大学院生が集まる。

檜澤先生のストーリー記事

未解明のアレルギー疾患の解明が、私の使命
未解明のアレルギー疾患の解明が、私の使命

研究者・教授として、そして一人の医師として奮闘する檜澤伸之先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器内科
  • アレルギー性肺疾患
  • 慢性炎症性肺疾患

資格・学会・役職

日本内科学会 内科指導医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 呼吸器指導医・呼吸器専門医
日本アレルギー学会 アレルギー指導医・アレルギー専門医
  • 筑波大学 呼吸器内科 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 評議員
  • 日本呼吸器学会 代議員
  • 日本アレルギー学会 代議員
  • Clinical Experimental Allergy Associate Editor

所属病院

筑波大学附属病院

  • 内科 膠原病・リウマチ・アレルギー内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 茨城県つくば市天久保2丁目1-1
  • つくばエクスプレス つくば A3出口 つくばセンターバスターミナルより乗車 筑波大学循環(右回り)・筑波大学中央・石下駅行きなど 筑波大学病院入口下車徒歩1分 バス10分 JR常磐線(取手~いわき) 土浦 車20分
  • 029-853-3900
公式ウェブサイト
筑波大学附属病院

来歴等

略歴

1986年 北海道大学医学部卒業
1995年 北海道大学 博士(医学)取得
1998年 北海道大学第一内科 助手
2001年 北海道大学第一内科 講師
2003年 北海道大学第一内科 助教授
2007年 筑波大学呼吸器内科 教授

論文

Kanazawa J, Masuko H, Yatagai Y, Sakamoto T, Yamada H, Kaneko Y, Kitazawa H, Iijima H, Naito T, Saito T, Noguchi E, Konno S, Nishimura M, Hirota T, Tamari M, Hizawa N.
Genetic association of the functional CDHR3 genotype with early-onset adult asthma in Japanese populations.
Allergol Int. 2017 Mar 16. pii: S1323-8930(17)30016-3.
Hizawa N.
Clinical approaches towards asthma and chronic obstructive pulmonary disease based on the heterogeneity of disease pathogenesis.
Clin Exp Allergy. 2016 May;46(5):678-87.
Yatagai Y, Hirota T, Sakamoto T, Yamada H, Masuko H, Kaneko Y, Iijima H, Naito T, Noguchi E, Tamari M, Kubo M, Takahashi A, Konno S, Makita H, Nishimura M, Hijikata M, Keicho N, Homma S, Taguchi Y, Azuma A, Kudoh S, Hizawa N.
Variants near the HLA complex group 22 gene (HCG22) confer increased susceptibility to late-onset asthma in Japanese populations.
J Allergy Clin Immunol. 2016 Jul;138(1):281-283.e13
Yamada H, Masuko H, Yatagai Y, Sakamoto T, Kaneko Y, Iijima H, Naito T, Noguchi E, Konno S, Nishimura M, Hirota T, Tamari M, Hizawa N.
Role of Lung Function Genes in the Development of Asthma.
PLoS One. 2016 Jan 11;11(1):e0145832.
Hizawa N.
LAMA/LABA vs ICS/LABA in the treatment of COPD in Japan based on the disease phenotypes.
Int J Chron Obstruct Pulmon Dis. 2015 Jun 10;10:1093-102.
Yatagai Y, Sakamoto T, Yamada H, Masuko H, Kaneko Y, Iijima H, Naito T, Noguchi E, Hirota T, Tamari M, Konno S, Nishimura M, Hizawa N.
Genomewide association study identifies HAS2 as a novel susceptibility gene for adult asthma in a Japanese population.
Clin Exp Allergy. 2014 Nov;44(11):1327-34.

その他

  • 【受賞】1999年 第9回北陸製薬・アレルギー協会アレルギー学術奨励賞受賞

  • 【受賞】1999年 第28回かなえ医学助成(財団法人かなえ医薬振興財団)受賞

  • 【受賞】2001年 アストラゼネカ喘息研究奨励助成受賞

  • 【受賞】2002年 アストラゼネカ喘息研究奨励助成受賞

  • 【受賞】2005年 第42回ベルツ賞 2等賞受賞(5名の共同受賞)

  • 【受賞】2014年 平成26年度真鍋奨学助成(アレルギー協会)受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。