新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

筑波大学 医学医療系整形外科 准教授

日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医 日本整形外科学会 整形外科専門医・認定脊椎脊髄病医

國府田 正雄 こうだ まさお 先生

千葉大学医学部、千葉市立青葉病院整形外科、千葉大学大学院医学研究院整形外科を経て現在は筑波大学医学医療系整形外科で特任准教授を務める。脊椎脊髄外科医、特に頚椎外科を専門としており、日本脊椎脊髄病学会では評議員ならびに脊椎指導医を務める。脊髄損傷治療の研究も手がけており、医師主導治験「急性脊髄損傷に対する顆粒球コロニー刺激因子を用いたランダム化・二重盲検試験」を平成27年8月より開始し、現在施行中。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 整形外科一般
  • 脊椎脊髄外科
  • 頸椎外科

資格・学会・役職

日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会 整形外科専門医・認定脊椎脊髄病医
  • 筑波大学 医学医療系整形外科 准教授
  • 日本脊椎脊髄病学会  評議員/脊椎指導医
  • 日本脊髄障害医学会 評議員
  • Cervical Spine Research Society 会員
  • International Spinal Cord Society 会員
  • National Neurotrauma 会員

所属病院

筑波大学附属病院

  • 内科 膠原病・リウマチ・アレルギー内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 茨城県つくば市天久保2丁目1-1
  • つくばエクスプレス「つくば駅」 A3出口 つくばセンターバスターミナルより乗車(所要時間約5~10分)  筑波大学循環(右回り)/筑波大学中央行き/石下駅行き 筑波大学病院入口下車、または筑波大学病院行き終点下車 バス JR常磐線(取手~いわき)「土浦駅」 西口  筑波大学中央行き 筑波大学病院入口下車、  石下駅行き 筑波大学病院下車 バス30分 JR常磐線(取手~いわき)「荒川沖駅」 西口  筑波大学中央行き 筑波大学病院入口下車、  筑波大学病院行き終点下車 バス35分
  • 029-853-3900
筑波大学附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1991年 千葉大学医学部卒業、関連病院にて研修
2003年 千葉大学大学院医学研究院SRL環境健康医学寄附講座 助手
2004年 千葉県立東金病院整形外科部長
2009年 千葉市立青葉病院整形外科 副部長
2013年 千葉大学大学院医学研究院整形外科
2015年 千葉大学大学院医学研究院整形外科 特任准教授
2017年 筑波大学医学医療系整形外科 准教授

論文

1. Koda M, Furuya T, Okawa A, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Takahashi K, Yamazaki M, Aramomi M, Ikeda O, Mannoji C. Mid- to long-term outcomes of posterior decompression with instrumented fusion for thoracic ossification of the posterior longitudinal ligament. J Clin Neurosci in press

2. Maki S, Koda M, et al. Reduced Field-of-View Diffusion Tensor Imaging of the Spinal Cord Shows Motor Dysfunction of the Lower Extremities in Patients with Cervical Compression Myelopathy. Spine in press

3. Koda M, Mannoji C, Oikawa M, Murakami M, Okamoto Y, Kon T, Okawa A, Ikeda O, Yamazaki M, Furuya T. Herpes zoster sciatica mimicking lumbar canal stenosis: a case report. BMC Res Notes in press

4. Kato K, Koda M, Takahashi H, Sakuma T, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Okawa A, Takahashi K, Yamazaki M, Aramomi M, Hashimoto M, Ikeda O, Mannoji C, Furuya T. Granulocyte colony-stimulating factor attenuates spinal cord injury-induced mechanical allodynia in adult rats. J Neurol Sci 2015 [Epub ahead of print]

5. Takahashi H, Koda M, Hashimoto M, Furuya T, Sakuma T, Kato K, Okawa A, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Takahashi K, Yamazaki M, Mannoji C. Transplanted peripheral blood stem cells mobilized by granulocyte colony-stimulating factor promoted hindlimb functional recovery after spinal cord injury in mice. Cell Transplant 2015 [Epub ahead of print]

6. Koda M, Furuya T, Okawa A, Aramomi M, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Ikeda O, Takahashi K, Yamazaki M, Mannoji C. Bone union and remodeling of disruption in thoracic ossification of the longitudinal ligament after posterior decompression and fusion surgery. Eur Spine J in press

7. Koda M, Mannoji C, Inada T, Kamiya K, Ota M, Maki S, Takahashi K, Yamazaki M, Aramomi M, Ikeda O, Furuya T. Neurological deterioration induced by sitting in patients after cervicothoracic posterior decompression with instrumented fusion surgery for ossification of the longitudinal ligament: two cases reports. BMC Res Notes 2015 8 (1):133.

8. Ohara T, Maki S, Furuya T, Inada T, Kamiya K, Ota M, Okawa A, Ikeda O, Takahashi K, Yamazaki M, Koda M. Elderly onset intramedullary epidermoid cyst: a case report. J Med Case Rep 2015; 9(1):7

9. Koda M, Mannoji C, Itabashi T, Kita T, Murakami M, Yamazaki M, Aramomi M, Ikeda O, Furuya T. Intramedullary hemorrhage caused by spinal cord hemangioblastoma: a case report. BMC Res Notes 2014 20;7(1):823.

10. Mannoji C, Koda M, Furuya T, Okamoto Y, Kon T, Takahashi K, Yamazaki M, Murakami M. Radiograms obtained during anterior cervical decompression and fusion can mislead surgeons into performing surgery at the wrong level. Case Rep Orthop 2014;2014:398457. doi: 10.1155/2014/398457. 25386376

11. Koda M, Hisamitsu J, Nakayama S, Nishikawa S, Furuya T, Yamazaki M, Ogino S. Successful closed reduction for iatrogenic displacement of the anatomical neck of the humerus: a case report. BMC Res Notes 2014 Nov 3;7(1):770.

12. Ikeda O, Minami N, Yamazaki M, Koda M, Morinaga T. Hemorrhagic lumbar facet cysts accompanying a spinal subdural hematoma at the same level. J Spinal Cord Med in press

13. Koda M, Mannoji C, Watanabe H, Nakajima A, Yamada T, Rokkaku T, Murakami K, Murakami M, Ikeda O, Yamazaki M, Furuya T. Sciatica caused by pyomyositis of the piriformis muscle. Neurol India 2013;61(6):668-9.

14. Mannoji C, Koda M, Dezawa M, Hashimoto M, Furuya T, Okawa A, Takahashi K, Yamazaki M. Transplantation of human bone marrow stromal cell-derived neuroregenrative cells promotes functional recovery after spinal cord injury in mice. Acta Neurobiol Exp, 2014;74:479-88.

15. Takahashi H, Aoki Y, Nakajima A, Sonobe M, Terajima F, Saito M, Taniguchi S, Yamada M, Watanabe F, Furuya T, Koda M, Yamazaki M, Takahashi K, Nakagawa K. Phosphorylated neurofilament subunit NF-H becomes elevated in the cerebrospinal fluid of patients with acutely worsening symptoms of compression myelopathy. J Clin Neurosci 2014 :S0967-5868(14)00314-2.

16. Kamiya K, Koda M, Furuya T, Kato K, Takahashi H, Sakuma T, Inada T, Ota M, Maki S, Okawa A, Ito Y, Takahashi K, Yamazaki M. Neuroprotective therapy with granulocyte colony-stimulating factor in acute spinal cord injury: a comparison with high-dose methylprednisolone as a historical control. Eur Spine J 2014 [Epub ahead of print]

17. Ikeda O, Furuya T, Yamazaki M, Tsuneizumi Y, Yamauchi T, Yamauchi K, Koda M, Ohi T. A new technique for single-segment bone graft, decompression, and fusion in patients with C1/2 canal stenosis: technical note. J Orthop Sci 2014 [Epub ahead of print]

その他

  • 【受賞】2004年 1st Place Basic Science Research Award 32nd Annual meeting of Cervical Spine Research Society

  • 【受賞】2006年 Research Grant Award (Cervical Spine Research Society)

  • 【受賞】2008年 2007/2008 Grammar Award(European Spine Journal)

  • 【受賞】2012年 第5回日本運動器疼痛学会優秀ポスター賞

  • 【受賞】2013年 Best Poster Presentation Award: 3rd Annual Meeting of Cervical Spine Research Society Asia-Pacific Section

  • 【受賞】2014年 Neuroprotection and Regeneration of the Spinal Cord. Springer

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。