新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪赤十字病院 病院長

日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本外科学会 外科専門医・指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)

坂井 義治 さかい よしはる 先生

1981年より消化器外科医師としてキャリアをはじめるも、途中で呼吸器外科を修練(約3年)、さらにカナダで肝移植の修練(2年)を受ける。腹腔鏡手術は1992年から修練をはじめ、胆嚢・大腸・胃・食道へと領域が拡大した。2005年に現職となってからは主に大腸領域に特化し2013年からはロボット手術もはじめる。2013年からは日本外科学会理事、2016年からは日本内視鏡外科学会副理事長に就任。

坂井先生のストーリー記事

苦労は、すべて財産になった
苦労は、すべて財産になった

肝臓移植や腹腔鏡下手術など、様々な領域の外科手術を経験してきた坂井義治先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 症性腸疾患

資格・学会・役職

日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本外科学会 外科専門医・指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
  • 大阪赤十字病院 病院長
  • 医学博士 (京都大学)
  • 日本外科学会 理事
  • FRCS (fellow of Royal College of Surgeons) 会員
  • FACS (fellow of American College of Surgeons) 会員
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 副理事長

所属病院

大阪赤十字病院

  • 内科 血液内科 リウマチ・膠原病内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 大阪府大阪市天王寺区筆ケ崎町5-30
  • 大阪環状線「鶴橋駅」 徒歩7分 近鉄大阪線「大阪上本町駅」 病院シャトルバスも運行あり 徒歩10分 大阪メトロ谷町線「谷町九丁目駅」 徒歩15分
  • 06-6774-5111
大阪赤十字病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 京都大学医学部 卒業
1989年 カナダウエスタンオンタリオ大学 外科フェロー(移植外科)
1995年 京都大学 第二外科 助手
1998年 独立行政法人 国立病院機構 京都医療センター 外科医員
2005年 京都大学医学部附属病院 消化管外科 教授
2020年 大阪赤十字病院 病院長

論文

  • Superiority of laparoscopic proximal gastrectomy with hand-sewn esophagogastrostomy over total gastrectomy in improving postoperative body weight loss and quality of life. Surg Endosc. 2017 Jan 11.

    Nishigori T, Okabe H, Tsunoda S, Shinohara H, Obama K, Hosogi H, Hisamori S, Miyazaki K, Nakayama T, Sakai Y.

  • Cellular context-dependent consequences of Apc mutations on gene regulation and cellular behavior. Proc Natl Acad Sci U S A. 2017;114(4):758-763.

    Hashimoto K, Yamada Y, Semi K, Yagi M, Tanaka A, Itakura F, Aoki H, Kunisada T, Woltjen K, Haga H, Sakai Y, Yamamoto T, Yamada Y.

  • PTEN loss is associated with a poor response to trastuzumab in HER2-overexpressing gastroesophageal adenocarcinoma. Gastric Cancer. 2017;20(3):416-427.

    Deguchi Y, Okabe H, Oshima N, Hisamori S, Minamiguchi S, Muto M, Sakai Y.

  • Japanese Study Group for Postoperative Follow-up of Colorectal Cancer.. The role of periodic serum CA19-9 test in surveillance after colorectal cancer surgery. Int J Clin Oncol. 2017;22(1):96-101.

    Okamura R, Hasegawa S, Hida K, Hoshino N, Kawada K, Sugihara K, Sakai Y

  • Impact of hospital volume on risk-adjusted mortality following oesophagectomy in Japan. Br J Surg. 2016;103(13):1880-1886.

    Nishigori T, Miyata H, Okabe H, Toh Y, Matsubara H, Konno H, Seto Y, Sakai Y.

  • Differences in surgical site infection between laparoscopic colon and rectal surgeries: sub-analysis of a multicenter randomized controlled trial (Japan-Multinational Trial Organization PREV 07-01). Int J Colorectal Dis. 2016;31(11):1775-1784.

    Goto S, Hasegawa S, Hata H, Yamaguchi T, Hida K, Nishitai R, Yamanokuchi S, Nomura A, Yamanaka T, Sakai Y.

  • Multicenter analysis of impact of anastomotic leakage on long-term oncologic outcomes after curative resection of colon cancer. Surgery. 2017;162(2):317-324.

  • A Multicenter Phase 2 Study on the Feasibility and Efficacy of Neoadjuvant Chemotherapy Without Radiotherapy for Locally Advanced Rectal Cancer. Ann Surg Oncol. 2017 Jul 6.

  • ICG fluorescence imaging for quantitative evaluation of colonic perfusion in laparoscopic colorectal surgery. Surg Endosc. 2017 Mar 9.

    Hasegawa S, Goto S, Matsumoto T, Hida K, Kawada K, Matsusue R, Yamaguchi T, Nishitai R, Manaka D, Kato S, Kadokawa Y, Yamanokuchi S, Kawamura J, Zaima M, Kyogoku T, Kanazawa A, Mori Y, Kanai M, Matsumoto S, Sakai Y.

  • Loss of SMAD4 Promotes Lung Metastasis of Colorectal Cancer by Accumulation of CCR1+ Tumor-Associated Neutrophils through CCL15-CCR1 Axis. Clin Cancer Res. 2017;23(3):833-844.

    Yamamoto T, Kawada K, Itatani Y, Inamoto S, Okamura R, Iwamoto M, Miyamoto E, Chen-Yoshikawa TF, Hirai H, Hasegawa S, Date H, Taketo MM, Sakai Y.

著書

その他

  • 【受賞】ACS most outstanding video 2008年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。