新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

公益財団法人日本生命済生会 日本生命病院 院長

日本内科学会 内科指導医・認定内科医 日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医・内分泌代謝科専門医 日本糖尿病学会 糖尿病研修指導医・糖尿病専門医

笠山 宗正 かさやま そうじ 先生

1980年より内科医師としてのキャリアをはじめる。大学に帰局後はステロイドホルモンの作用機構に関する研究に従事する。2004年、大阪大学第三内科助教授に就任。間脳下垂体疾患や副腎疾患を中心とする内分泌・代謝内科領域の診療・研究ではわが国を代表する医師のひとりである。2007年に日生病院副院長に着任し、2012年より同院長として新病院の新築・移転にも携わる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 内科
  • 内科(特に内分泌疾患・糖尿病)

資格・学会・役職

日本内科学会 内科指導医・認定内科医
日本内分泌学会 内分泌代謝科指導医・内分泌代謝科専門医
日本糖尿病学会 糖尿病研修指導医・糖尿病専門医
  • 公益財団法人日本生命済生会 日本生命病院 院長
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 近畿支部評議員
  • 日本内分泌学会 評議員
  • 日本糖尿病学会 学術評議員
  • 日本間脳下垂体腫瘍学会 理事
  • 日本ステロイドホルモン学会 評議員
  • 日本医療マネジメント学会 大阪支部 幹事

所属病院

日本生命病院

  • 内科 血液内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 麻酔科 乳腺外科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科 呼吸器内科 リウマチ科 精神科 緩和ケア内科
  • 大阪府大阪市西区江之子島2丁目1-54
  • 大阪メトロ中央線 阿波座 7、8、10番出口(エレベーターは3、5番出口)  大阪メトロ千日前線も利用可 徒歩5分
  • 06-6443-3446
公式ウェブサイト
日本生命病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 大阪大学医学部卒業
1983年 大阪大学医学部第三内科 医員
1987年 米国National Institutes of Health (NIH)客員研究員
1991年 大阪大学医学部第三内科 助手
2001年 大阪大学医学部第三内科 講師
2004年 大阪大学医学部第三内科 助教授
2005年 大阪大学付属病院内分泌・代謝内科 病院教授(併任)
2007年 日本生命済生会付属日生病院 副院長、総合内科部長
2012年 日本生命済生会付属日生病院 院長
2018年 日本生命済生会日本生命病院 院長<病院名変更>

論文

Kasayama S, Ohba Y, Oka T: Epidermal growth factor deficiency associated with diabetes mellitus. Proc Natl Acad Sci USA. 1989; 86(19): 7644-7648.
Otsuki M, Hashimoto K, Morimoto Y, Kishimoto T, Kasayama S: Circulating vascular adhesion molecule-1 (VCAM-1) in atherosclerotic NIDDM patients. Diabetes, 1997; 46(12): 2096-2102.
Kasayama S, Otsuki M, Takagi M, Saito H, Sumitani S, Kouhara H, Koga M, Saitoh Y, Ohnishi T, Arita N: Impaired beta-cell function in the presence of reduced insulin sensitivity determines glucose tolerance status in acromegalic patients. Clin Endocrinol. 2000; 52(5): 549-555.
Xu X, Otsuki M, Saito H, Sumitani S, Yamamoto H, Asanuma N, Kouhara H, Kasayama S: PPARalpha and GR differentially down-regulate the expression of nuclear factor-kappaB-responsive genes in vascular endothelial cells. Endocrinology. 2001; 142(8): 3332-3339.
Goya K, Sumitani S, Xu X, Kitamura T, Yamamoto H, Kurebayashi S, Saito H, Kouhara H, Kasayama S, Kawase I: Peroxisome proliferators-activated receptor alpha agonists increase nitric oxide synthase expression in vascular endothelial cells. Arterioscler Throm Vasc Biol. 2004; 24(4): 658-663.
Morita S, Kasayama S, Otsuki M, Asanuma N, Mukai M, Koga M: Atherosclerotic risk factors in Japanese subjects with isolated impaired fasting glucose and those with isolated impaired glucose tolerance according to 1997 and 2003 American Diabetes Association criteria. Diabetes Care. 2006; 29(9): 2123-2126.
Koga M, Murai J, Saito H, Kasayama S: Glycated albumin and glycated hemoglobin are differently influenced by endogenous insulin secretion in patients with type 2 diabetes mellitus. Diabetes Care. 2010; 33(2): 270-272.
Otsuki M, Miyatake A, Fujita K, Hamasaki T, Kasayama S: Reduced carotid atherosclerosis in asthmatic patients treated with inhaled corticosteroids. Eur Res J. 2010; 36(3): 503-508.
Koga M, Murai J, Saito H, Kasayama S: Prediction of near-future glycated hemoglobin levels using glycated albumin levels before and after treatment for diabetes. J Diabetes Invest. 2011; 2(4): 304-309.
Yanase T, Tajima T, Katabami T, Iwasaki Y, Tanahashi Y, Sugawara A, Hasegawa T, Mune T, Oki Y, Nakagawa Y, Miyamura N, Shimizu C, Otsuki M, Nomura M, Akehi Y, Tanabe M, Kasayama S: Diagnosis and treatment of adrenal insufficiency including adrenal crisis: a Japan Endocrine Society clinical practice guideline. Endocrine J. 2016; 63(9): 765-784.

著書

内分泌代謝疾患・糖尿病診療マニュアル(松澤佑次総監修、網野信行、池上博、笠山宗正、船橋徹、宮川潤一郎、山崎義光監修)、150-153、医薬ジャーナル社、2002.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師