NTT東日本関東病院 循環器内科 部長

日本内科学会 総合内科専門医 日本循環器学会 循環器専門医

山﨑 正雄 やまさき まさお 先生

1988年より循環器内科医師としてキャリアをはじめる。緊急を要する心疾患を専門に臨床研究を重ねる。現在、NTT東日本関東病院にて循環器内科部長を務め、チーム医療の実現に尽力している。

基本情報

診療科

  • 循環器内科

主な領域

  • 血管内イメージング

資格・所属学会

日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医

役職など

  • NTT東日本関東病院 循環器内科 部長
  • 日本心血管インターベンション治療学会 専門医
  • 日本心臓病学会 正会員
  • アメリカ心臓病学会 国際会員
  • 東京大学医学部 循環器内科 講師
  • 東京医療保険大学 臨床教授
  • 日本循環器学会 関東甲信越地方会 評議員
  • 日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越支部 運営委員
  • 東京CCUネットワーク 学術委員(急性心筋梗塞班)
  • 日本循環器学会 ショックレジストリー学術委員
  • 血管内イメージング研究会 世話人
  • 日本血管内OCT/OFDI研究会 世話人

所属病院

NTT東日本関東病院

  • 内科 循環器内科 呼吸器内科 血液内科 消化器内科 脳神経内科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科 脳・血管内科 緩和ケア内科 ペインクリニック内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 頭頸部外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 救急科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 病理診断科
  • 東京都品川区東五反田5丁目9-22
  • 都営浅草線「五反田駅」 徒歩5分
  • 03-3448-6111
NTT東日本関東病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 徳島大学医学部 卒業
1988年 東京大学医学部附属病院
1992年 三井記念病院
2004年 スタンフォード大学
2007年 NTT東日本関東病院

論文

  • Yamasaki M. Hara K. Masaki K. Kobayashi N. Nakajima H. Kouzuma K. Saeki F. Tamura T. Palmaz-Schatz stent implantation for aorto-ostial stenoses of native coronary arteries and saphenous vein grafts. Journal of Cardiology. 31(5):263-71, 1998 May.

  • Yamasaki M. Hara K. Ikari Y. Kobayashi N. Kozuma K. Ohmoto Y. Oh-Hashi Y. Ako J. Nakajima H. Chiku N. Saeki F. Tamura T. Effects of cilostazol on late lumen loss after Palmaz-Schatz stent implantation. Catheterization & Cardiovascular Diagnosis. 44(4):387-91, 1998 Aug.

  • Yamasaki M, Nakaoka T, Ogita T, Kawai J, Fujita T. Inhibitory action of adrenomedullin on rat vascular smooth muscle proliferation in vivo. Journal of Hypertension. 18(Supp 4):201, 2000 Aug. 4.Yamasaki M, Kawai J, Nakaoka T, Ogita T, Tojo A, Fujita T. Adrenomedullin overexpression to Inhibit cuff-Induced arterial intimal formation. Hypertension 41: 302 - 307, 2003 Jan.

  • Masao Yamasaki, Junya Ako, Yasuhiro Honda, Ali Hassan, Bon Koo, Alexandre Abizaid, Peter Fitzgerald, and Robert Whitbourn. Novel Guidewire-Based Stent Delivery System: Examination by Intravascular Ultrasound. Catheterization and Cardiovascular Interventions, 72(1):47-51, 2008 Jul 1

  • Masao Yamasaki, Ryota Sakurai, Atsushi Hirohata, Yasuhiro Honda, Heidi N Bonneau, Helen Luikart, Paul G Yock, Peter J Fitzgerald, Alan C Yeung, Hannah A Valantine, William F Fearon. Impact of Donor-transmitted Atherosclerosis on Early Cardiac Allograft Vasculopathy: New Findings by Volumetric IVUS analysis. Transplantation. 91(12):1406-11, 2011.

  • Masao Yamasaki, Ichizo Tsujino, Moyses O. Lima-Filho, Junya Ako, Takao Shimohama, Takao Hasegawa, Ryota Sakurai, Krishnankutty Sudhir, Gregg W. Stone, Katsuhisa Waseda, Yasuhiro Honda, Peter J. Fitzgerald, for the SPIRIT III Investigators. Comparison of vascular response to the everolimus-eluting stent versus the paclitaxel-eluting stent: intravascular ultrasound results from the SPIRIT III trial. Eurointervention. 8(6):724-31, 2012 Oct.

  • Miura, Mizuki; Yamasaki, Masao; Uemura, Yukari; Yoshikawa, Masatomo; Miyauchi, Katsumi; Tanaka, Hiroyuki; Miyachi, Hideki; Yamashita, Jun; Suzuki, Makoto; Yamamoto, Takeshi; Nagao, Ken; Komuro, Issei; Takayama, Morimasa. Effect of Statin Treatment and Low-Density Lipoprotein-Cholesterol on Short-Term Mortality in Acute Myocardial Infarction Patients Undergoing Primary Percutaneous Coronary Intervention - Multicenter Registry From Tokyo CCU Network Database. Circ J. 2016; 80(2): 461-8, 2016.

  • William Fearon, Masao Yamasaki, et al. The effect of negative remodeling on fractional flow reserve after cardiac transplantation. International Journal of Cardiology. 241:283-287, 2017

  • 山﨑正雄、高木厚、宮内克己、田中博之、宮地秀樹、山本剛、長尾健、高山守正. 急性心筋梗塞発症から救急コールまでの時間に関する因子の検討. ICUとCCU 38: S42-43, 2014

  • 山﨑正雄、三浦瑞樹、高木厚、宮内克己、田中博之、宮地秀樹、山下淳、山本剛、長尾健、高山守正. 80歳以上の高齢急性心筋梗塞患者におけるプライマリーPCIの効果. ICUとCCU 39: S39-40, 2015

  • 山﨑正雄、岸幹夫、その他. 急性心筋梗塞治療における性差の影響について-東京都CCUネットワークからの報告. ICUとCCU 41: S26-27, 2017.

著書

  • 急性心筋梗塞.EB NURSING.2011;11(増刊1 看護の現場で活かす 最新治療・主要検査ガイド):324-329.

  • 血管系からのアプローチ(内科)【フットケア-足元を見つめなおす】. 診断と治療. 2012; 100(4):606-610.

  • 各種検査・処置の際の抗凝固・抗血小板薬の休止について(外来診療のワンポイントアドバイス). 診断と治療. 2012; 100(8):1399-1402.

  • 急性心筋梗塞について. 日比谷同友会会報. 2012;199.

  • 循環器疾患ビジュアルブック初版(2010年)、第2版(2017年)編集・共同執筆

  • 運動負荷心電図の適応と診断精度. Medical Practice. 2018; vol. 35

その他

  • 【受賞】日本心臓病学会優秀演題賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。