新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

JA愛知厚生連 豊田厚生病院 院長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本胸部外科学会 指導医 日本心臓血管外科学会 会員

川口 鎮 かわぐち おさむ 先生

患者さんの価値観を尊重した治療を

1981年に名古屋大学医学部を卒業、心臓外科医師としてのキャリアを歩みはじめる。アメリカ・ペンシルバニアやオーストラリアなど海外での臨床研究経験が長い。医師側から患者さんに対して、情報を開示して治療方法の選択肢を提案するなど、患者さんの納得度や満足度も重視した治療の提供に努めている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 心臓外科全般

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本心臓血管外科学会 会員
  • JA愛知厚生連 豊田厚生病院 院長
  • 心臓血管外科 専門医
  • 心臓血管外科専門医認定機構 修練指導者
  • 医学博士 取得
  • 臨床研修 指導医
  • 日本胸部外科学会 評議員
  • 日本心臓血管外科学会 評議員

所属病院

豊田厚生病院

  • 内科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 神経内科 内分泌・代謝内科 腎臓内科 血液内科 アレルギー科 緩和ケア内科 精神科 小児科 放射線科 放射線治療科 放射線診断科 臨床検査科 病理診断科 外科 消化器外科 乳腺外科 血管外科 小児外科 呼吸器外科 脳神経外科 心臓外科 救急科 泌尿器科 眼科 耳鼻いんこう科 麻酔科 歯科口腔外科 整形外科 リウマチ科 形成外科 皮膚科 産婦人科 リハビリテーション科 化学療法内科
  • 愛知県豊田市浄水町伊保原500-1
  • 名鉄豊田線「浄水駅」 徒歩5分
  • 0565-43-5000
豊田厚生病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 名古屋大学医学部 卒業
1986年 国立循環器病研究センター レジデント
1991年 米国ペンシルバニア州立大学心臓外科 研究員
1994年 名古屋大学胸部外科 医員
1995年 オーストラリアロイヤルノースショア病院心臓外科 医員
2001年 愛知医科大学胸部外科 助教授
2010年 JA愛知厚生連 豊田厚生病院 副院長
2011年 名古屋大学医学部 臨床教授
2015年 JA愛知厚生連 豊田厚生病院 院長

論文

  • Two-stage operation for isolated pulmonary valve infectious endocarditis with Candida parapsilosis.Interact Cardiovasc Thorac Surg. 2013 Aug;17(2):426-7. doi: 10.1093/icvts/ivt189. Epub 2013 Apr 30.

    Uchida W, Hirate Y, Ito H, Kawaguchi O.

  • Prediction of the external work of the native heart from the dynamic H-Q curves of the rotary blood pumps during left heart bypass.Artif Organs. 2010 Sep;34(9):766-77. doi: 10.1111/j.1525-1594.2010.01101.x.

    Yokoyama Y, Kawaguchi O, Kitao T, Kimura T, Steinseifer U, Takatani S.

  • A new pulse duplicator with a passive fill ventricle for analysis of cardiac dynamics.J Artif Organs. 2010 Dec;13(4):189-96. doi: 10.1007/s10047-010-0518-8. Epub 2010 Sep 28.

    Yokoyama Y, Kawaguchi O, Shinshi T, Steinseifer U, Takatani S.

  • Clinical characteristics of bicuspid aortic valves in surgical patients.Asian Cardiovasc Thorac Ann. 2006 Jun;14(3):210-2.

    Ichihara T, Fujii G, Sasaki M, Kawaguchi O, Ueda Y.

  • Successfully treated infected left ventricular pseudoaneurysm after the Dor operation.Jpn J Thorac Cardiovasc Surg. 2006 Mar;54(3):128-31.

    Aoyama T, Kawaguchi O, Teramoto T, Narumiya C, Hachiya J, Nagata Y.

  • Pressure-volume relationship in isolated working heart with crystalloid perfusate in swine and imaging the valve motion.Eur J Cardiothorac Surg. 2005 Sep;28(3):435-42.

    Araki Y, Usui A, Kawaguchi O, Saito S, Song MH, Akita T, Ueda Y.

  • Remodeling of the chronic severely failing ischemic sheep heart after coronary microembolization: functional, energetic, structural, and cellular responses.Am J Physiol Heart Circ Physiol. 2004 Jun;286(6):H2141-50.

    Huang Y, Hunyor SN, Jiang L, Kawaguchi O, Shirota K, Ikeda Y, Yuasa T, Gallagher G, Zeng B, Zheng X.

  • Direct compression of the failing heart reestablishes maximal mechanical efficiency.Ann Thorac Surg. 2003 Jan;75(1):190-6.

    Carrington RA, Huang Y, Kawaguchi O, Yuasa T, Shirota K, Martin D, Hunyor SN.

  • Cardiomyoplasty reduces myocardial oxygen consumption: implications for direct mechanical compression.Ann Thorac Surg. 2002 Oct;74(4):1092-6; discussion 1096-7.

    Kawaguchi O, Huang YF, Yuasa T, Shirota K, Carrington RA, Hunyor SN.

  • Functional recovery of the native heart after cardiomyoplasty in sheep with heart failure: passive and dynamic effects of volume loading.Ann Thorac Surg. 2002 Mar;73(3):849-54.

    Shirota K, Huang Y, Kawaguchi O, Yuasa T, Brady PW, Ueda Y, Hunyor SN.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。