大阪市立十三市民病院 副院長

日本内科学会 内科指導医・認定内科医 日本肝臓学会 肝臓指導医・肝臓専門医 日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医 日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医・消化器内視鏡専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本静脈経腸栄養学会 認定医

倉井 修 くらい おさむ 先生

  • 大阪府
  • 消化器内科

島根医科大学を卒業後、大阪市立大学医学部附属病院、芦原病院、大阪市立住吉市民病院、大阪市立総合医療センターを経て、2004年より大阪市立十三市民病院消化器内科。2014年からは同院副院長を務める。肝臓病学の専門家として、患者さんに日々向き合っている。地域と共同で患者さんを診療する「がん地域医療連携クリニカルパス」にも積極的に取り組んでおり、地域の肝臓がん患者さんの治療に力を注ぐ。

S120x120 6db84f71 5256 4ca9 8b02 9b576dff4e20
人との縁を大切にしながら、患者さんと向き合う医療を提供したい

今までも、そしてこれからも、人との縁を医師としての成長の糧にする、倉井修先生のストーリー

基本情報

診療科

  • 消化器内科

受診可能な病気と得意な領域

その他の得意な領域

  • 消化器内科(肝臓病学)

資格・所属学会

日本内科学会 内科指導医・認定内科医
日本肝臓学会 肝臓指導医・肝臓専門医
日本消化器病学会 消化器病指導医・消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会 消化器内視鏡指導医・消化器内視鏡専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本静脈経腸栄養学会 認定医

役職など

  • 大阪市立十三市民病院 副院長
  • 大阪市淀川区医師会 理事
  • 日本消化器病学会 近畿支部評議員
  • 日本病態栄養学会 評議員
  • 医学博士 取得
  • 身体障害者福祉法第5条 「肝機能障害」指定医
  • 認知症 サポート医

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 島根医科大学 卒業
1985年 大阪市立大学医学部附属病院第三内科 臨床研修医
1991年 大阪市立大学医学部大学院 卒業 医学博士取得
1991年 浪速医療生活協同組合 芦原病院 内科
1995年 大阪市立住吉市民病院 内科
1997年 大阪市立総合医療センター 消化器内科 医長
2001年 大阪市立総合医療センター 消化器内科 副部長
2004年 大阪市立十三市民病院 消化器内科 副部長
2008年 大阪市立十三市民病院 消化器内科 部長
2014年 大阪市立十三市民病院 副院長

論文

仲島信也, 黒木哲夫, 倉井 修, 他. Interferon治療によるB型慢性肝炎末梢血単核細胞のinterferon receptorの動態. 日消誌. 1987; 84: 2353-60.
Nakajima S, Kuroki T, Kurai O, et al. Interferon receptors during treatment of chronic hepatitis B with interferon. J Gastroenterol Hepatol. 1989; 4: 419-27.
Nakajima S, Kuroki T, Kurai O, et al. Changes in interferon receptors on peripheral blood mononuclear cells from patients with chronic hepatitis B being treated with interferon. Hepatology 1990; 12: 1261-65
倉井 修, 仲島信也, 黒木哲夫, 他. B型慢性肝疾患の病態とIFN-α/βreceptorについて. 日消誌. 1990; 87: 973-78.
倉井 修, 木岡清英, 中井隆志, 他. 肝細胞癌初回治療後5年以上生存例の背景因子について. J.New Remediies &Clinics, 1998; 47:1491
倉井 修, 川崎靖子, 木岡清英, 岡 博子, 針原重義. 乙字湯により著明な肝内胆汁うっ滞を呈した薬剤性肝障害の一例. 消化器科, 2000; 31(4): 468-473
Kurai O, Kioka K, Nakai T, et al. Assessment of monotherapy with UDCA for autoimmune hepatitis. APDW suppl. 2001
Kioka K, Kawasaki Y, Kurai O, et al. A study of hepatocellar carcinoma patients surviving for 10 years -Comparison of hepatectomy and percutaneous ablation therapy-. J.Microwave Surg. 2009; 27: 65-70
宮野正人, 倉井 修, 平松慎介, 他. テガフール/ウラシル顆粒が奏功したStageⅣ-A(VP3)肝細胞癌の一例. 癌と化学療法. 2010; 6: 1139-1143
Tamori A, Kioka K, Kurai O, et al. Favorable factors for re-treatement with pegylated interferon α2a plus ribavirin in patients with high viral loads of genotype 1 hepatitis C virus. Hepatology Reserch. 2011; 41: 1169-1177
Fujii H, Nishimoto N, Yamaguchi S, Kurai O, et al. The Alcohol Use Disorders Identification Test for Consumrtion(AUDIT-C) is more useful than pre-existing laboratory tests for predicting kazardous drinking: a cross-sectional study. BMC Public Health. 2016; 16: 379-386
山口誓子, 塚本忠司, 川村悦史, 中内脩介, 小野洋嗣, 宮野正人, 上田 渉, 青木哲哉, 倉井 修, 大川清孝. StageⅠ肝細胞癌に対する局所治療後孤立性リンパ節転移の1切除例と本邦報告例の追跡調査結果. 日消誌. 2019; 116(9): 764-772

著書

  • 消化器疾患の基礎と臨床 -最新の歩み-、東京医学社、1997年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。