名古屋市立大学病院 臨床腫瘍部 部長、名古屋市立大学大学院医学研究科臨床腫瘍部 教授

日本内科学会 認定内科医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

小松 弘和 こまつ ひろかず 先生

  • 愛知県
  • 内科

基本情報

診療科

  • 内科

その他の得意な領域

  • 腫瘍内科
  • 希少がん(肉腫、原発不明がん等)に対する薬物療法、集学的治療

資格・所属学会

日本内科学会 認定内科医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

役職など

  • 名古屋市立大学病院 臨床腫瘍部 部長
  • 名古屋市立大学大学院医学研究科臨床腫瘍部 教授
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 名古屋市立大学病院 第二内科 臨床研修医
1990年 静岡済生会総合病院 血液内科 医師
1992年 愛知県がんセンター病院 血液化学療法部 レジデント
1994年 名古屋市立大学医学部 第二内科 臨床研究医
1998年 Institute for cancer genetics Columbia University Visiting Scientist
2001年 名古屋市立大学大学院医学研究科 臨床分子内科学分野 助手
2007年 名古屋市立大学大学院医学研究科 化学療法部 講師
2008年 名古屋市立大学大学院医学研究科 化学療法部 准教授
2019年 名古屋市立大学大学院医学研究科 臨床腫瘍部 教授

論文

  • The Successful Treatment of Metastatic Extraosseous Ewing Sarcoma with Pazopanib.

    Mori Y, Kinoshita S, Kanamori T, Kataoka H, Joh T, Iida S, Takemoto M, Kondo M, Kuroda J, Komatsu H. Intern Med. 2018 May 18. doi: 10.2169/internalmedicine.9879-17.

  • Clinical impact of underweight status at diagnosis on elderly patients with acute myeloid leukemia: a retrospective study of JALSG GML200.

    Harada K, Doki N, Miyazaki Y, Wakita A, Ohtake S, Takada S, Komatsu H, Kubo K, Takeshita A, Adachi Y, Kiyoi H, Yamaguchi T, Yoshida M, Naoe T, Ohashi K. Ann Hematol. 2018 Aug;97(8):1481-1483. doi: 10.1007/s00277-018-3281-1.

  • Psychological burden on patients with cancer of unknown primary: from onset of symptoms to initial treatment.

    Ishida K, Ando S, Komatsu H, Kinoshita S, Mori Y, Akechi T. Jpn J Clin Oncol. 2016 Jul;46(7):652-60. doi: 10.1093/jjco/hyw048.

  • Medical Decision-Making Incapacity among Newly Diagnosed Older Patients with Hematological Malignancy Receiving First Line Chemotherapy: A Cross-Sectional Study of Patients and Physicians.

    Sugano K, Okuyama T, Iida S, Komatsu H, Ishida T, Kusumoto S, Uchida M, Nakaguchi T, Kubota Y, Ito Y, Takahashi K, Akechi T. PLoS One. 2015 Aug 21;10(8):e0136163. doi: 10.1371/journal.pone.0136163.

  • Highly frequent and enhanced injection site reaction induced by peripheral venous injection of fosaprepitant in anthracycline-treated patients.

    Sato Y, Kondo M, Inagaki A, Komatsu H, Okada C, Naruse K, Sahashi T, Kuroda J, Ogura H, Uegaki S, Yoshida T, Mori Y, Sawada H, Watanabe S, Sugiura H, Endo Y, Yoshimoto N, Toyama T, Iida S, Yamada K, Kimura K, Wakita A. J Cancer. 2014 Apr 24;5(5):390-7. doi: 10.7150/jca.7706.

  • Oncology nurses' recognition of supportive care needs and symptoms of their patients undergoing chemotherapy.

    Nakaguchi T, Okuyama T, Uchida M, Ito Y, Komatsu H, Wada M, Akechi T. Jpn J Clin Oncol. 2013 Apr;43(4):369-76. doi: 10.1093/jjco/hyt003.

  • Evidence for a founder effect of the MPL-S505N mutation in eight Italian pedigrees with hereditary thrombocythemia.

    Liu K, Martini M, Rocca B, Amos CI, Teofili L, Giona F, Ding J, Komatsu H, Larocca LM, Skoda RC. Haematologica. 2009 Oct;94(10):1368-74. doi: 10.3324/haematol.2009.005918.

  • The Asn505 mutation of the c-MPL gene, which causes familial essential thrombocythemia, induces autonomous homodimerization of the c-Mpl protein due to strong amino acid polarity.

    Ding J, Komatsu H, Iida S, Yano H, Kusumoto S, Inagaki A, Mori F, Ri M, Ito A, Wakita A, Ishida T, Nitta M, Ueda R. Blood. 2009 Oct 8;114(15):3325-8. doi: 10.1182/blood-2008-04-149047.

  • Familial essential thrombocythemia associated with a dominant-positive activating mutation of the c-MPL gene, which encodes for the receptor for thrombopoietin.

    Ding J, Komatsu H, Wakita A, Kato-Uranishi M, Ito M, Satoh A, Tsuboi K, Nitta M, Miyazaki H, Iida S, Ueda R. Blood. 2004; 103(11):4198-200.

  • T-cell acute lymphoblastic leukemia as a secondary leukemia after a 3-year remission of acute myelocytic leukemia.

    Tsuboi K, Komatsu H, Miwa H, Iida S, Banno S, Wakita A, Nitta M, Ueda R. Int J Hematol. 2003; 77(5):518-21.

  • Lack of Ku80 alteration in multiple myeloma.

    Kato M, Iida S, Komatsu H, Ueda R. Jpn J Cancer Res. 2002; 93(4):359-62.

  • Nucleotide sequence, transcription map, and mutation analysis of the 13q14 chromosomal region deleted in B-cell chronic lymphocytic leukemia.

    Migliazza A, Bosch F, Komatsu H, Cayanis E, Martinotti S, Toniato E, Guccione E, Qu X, Chien M, Murty VV, Gaidano G, Inghirami G, Zhang P, Fischer S, Kalachikov SM, Russo J, Edelman I, Efstratiadis A, Dalla-Favera R. Blood. 2001; 97(7):2098-104.

  • Molecular pathogenesis of B-cell chronic lymphocytic leukemia: analysis of 13q14 chromosomal deletions.

    Migliazza A, Cayanis E, Bosch-Albareda F, Komatsu H, Martinotti S, Toniato E, Kalachikov S, Bonaldo MF, Jelene P, Ye X, Rzhetsky A, Qu X, Chien M, Inghirami G, Gaidano G, Vitolo U, Saglio G, Resegotti L, Zhang P, Soares MB, Russo J, Fischer SG, Edelman IS, Efstratiadis A, Dalla-Favera R. Curr Top Microbiol Immunol. 2000; 252:275-84.

著書

  • 小松弘和、上田龍三 腫瘍治療の目的と役割 編集:門脇 孝 永井 良三 カラー版 内科学 289-293、2012.

  • 小松弘和、上田龍三 安全で有効な外来がん化学療法実践のための医療者の責務 編集:西條長宏 実例から学ぶ安全で有効な外来がん化学療法の実践 先端医学社  2006

  • 小松弘和、上田龍三  「27.高悪性度リンパ腫 (highly aggressive non-Hodgkin's lymphoma aggressive NHL)」、 血液疾患ハンドバッグ ―日常診療の手引きと臨床データ集― 下巻、医薬ジャーナル社、 55-68, 2006.

  • 小松弘和、上田龍三 中村祐輔 稲澤譲治 新規抗がん剤の探索と分子標的治療  編集 東京大学出版会 がん研究のいま 3 がんの診断と治療  2006.

  • 小松弘和、上田龍三  高悪性度リンパ腫 血液疾患ハンドブック 医歯薬ジャーナル社  251-260、2005

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師