名古屋市立大学病院 病院長、名古屋市立大学 理事

小椋 祐一郎 おぐら ゆういちろう 先生

  • 愛知県
  • 眼科

基本情報

診療科

  • 眼科

受診可能な病気と得意な領域

  • 網膜剥離
    詳細
    小椋先生の網膜剥離に関する得意な領域
    • 網膜硝子体手術
    • 薬物治療(抗VEGF薬など)
    • レーザー光凝固術
  • 糖尿病性網膜症
    詳細
    小椋先生の糖尿病性網膜症に関する得意な領域
    • 網膜硝子体手術
    • 薬物治療(抗VEGF薬など)
    • レーザー光凝固術

その他の得意な領域

  • 黄斑疾患(加齢黄斑変性、黄斑上膜、黄斑円孔など)

役職など

  • 名古屋市立大学病院 病院長
  • 名古屋市立大学病院 眼科 部長
  • 名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学分野 教授
  • 名古屋市立大学 理事
  • 日本眼科学会 常務理事
  • 日本網膜硝子体学会 理事長
  • 日本糖尿病眼学会 理事
  • 日本眼循環学会 理事
  • 日本微小循環学会 理事
  • 日本眼薬理学会 理事
  • 日本糖尿病合併症学会 評議員
  • Retina World Congress (世界網膜学会) 理事
  • Euretina(欧州網膜学会) 理事

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 京都大学医学部 卒業
1986年 京都大学医学部眼科 助手
1993年 京都大学医学部眼科 講師
1995年 京都大学医学部眼科 助教授
1997年 名古屋市立大学医学部眼科 教授
2002年 名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学分野 教授
2017年 名古屋市立大学病院 病院長

論文

  • Improved visualization of macular hole lesions by laser biomicroscopy. Arch Ophthalmol 109:957-961, 1991.

    Ogura Y, Shahidi M, Mori MT, Blair NP, Zeimer R

  • Quantitative evaluation of leukocyte dynamics in retinal microcirculation. Invest Ophthalmol Vis Sci 36:123-130, 1995.

    Nishiwaki H, Ogura Y, Kimura H, Kiryu J, Honda Y

  • Visualization and quantitative analysis of leukocyte dynamics in retinal microcirculation in rats. Invest Ophthalmol Vis Sci 37:1341-1347, 1996.

    Nishiwaki H, Ogura Y, Kimura H, Kiryu J, Miyamoto K, Matsuda N

  • Prevention of leukostasis and vascular leakage in streptozotocin-induced diabetic retinopathy via intercellular adhesion molecule-1 inhibition. Proc Natl Sci USA 96:10836-10841, 1999.

    Miyamoto K, Khosrof S, Bursell S, Rohan R, Murata T, Clermont A, Aiello L, Ogura Y, Adamis A

  • Leukocyte-endothelial cell interactions in diabetic retina after transient retinal ischemia. Am J Physiol Regulatory Integrative Comp Physiol 279: R980-R989, 2000.

    Tsujikawa A, Kiryu J, Nonaka A, Yamashiro K, Nishiwaki H, Honda Y, Ogura Y

  • CCR3 is a target for age-related macular degeneration diagnosis and therapy. Nature 460 : 225-230, 2009.

    Takeda A, Baffi JZ, Kleinman ME, Cho WG, Nozaki M, Yamada K, Kaneko H, Albuquerque RJC, Dridi S, Saito K, Raisler BJ, Budd SJ, Geisen P, Munitz A, Ambati BK, Green MG, Ishibashi T, Wright JD, Humbles AA, Gerard CJ, Ogura Y, Pan Y, Smith JR, Grisanti S, Hartnett ME, Rothenberg ME, Ambati J

  • VIEW 1 and VIEW 2 Study Groups : Intravitreal aflibercept (VEGF trap-eye) in wet age-related macular degeneration. Ophthalmology 119: 2537-2548, 2012.

    Heier JS, Brown DM, Chong V, Korobelnik JF, Kaiser PK, Nguyen QD, Kirchhof B, Ho A, Ogura Y, Yancopoulos GD, Stahl N, Vitti R, Berliner AJ, Soo Y, Anderesi M, Groetzbach G, Sommerauer B, Sandbrink R, Simader C, Schmidt-Erfurth U

  • GALILEO Study Group: Intravitreal aflibercept for macular edema secondary to central retinal vein occlusion: 18-month results of the phase 3 GALILEO study. Am J Ophthalmol 158: 1032-1038, 2014.

    Ogura Y, Roider J, Korobelnik JF, Holz FG, Simader C, Schmidt-Erfurth U, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Stemper B, Zeitz O, Sandbrink R

  • for the VIEW 2 Investigators: Efficacy and safety of intravitreal aflibercept injection in wet age-related macular degeneration: outcomes in the Japanese subgroup of the VIEW 2 study. Br J Ohthalmol 99: 92-97, 2015.

    Ogura Y, Terasaki H, Gomi F, Yuzawa M, Iida T, Honda M, Nishijo K, Sowade O, Komori T, Schmidt-Erfurth U, Simader C, Chong V

  • Densitometry of choroidal vessels in eyes with and without central serous chorioretinopathy by wide-field indocyanine green angiography. Am J Ophthalmol 166, 103-111, 2016.

    Hirahara S, Yasukawa T, Kominami A, Nozaki M, Ogura Y

著書

  • 小椋祐一郎、根木昭(編集):網膜.東京、メジカルビュー、1999.

  • 小椋祐一郎(編集):眼科診療プラクティス 黄斑浮腫の診療、東京 文光堂、2000.

  • 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学7 網膜・硝子体Ⅰ、東京、文光堂、2012.

  • 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、2012.

その他

  • 【受賞】1989年8月 International Research Scholar Awards (Research to Prevent Blindness, NY, USA)

  • 【受賞】1994年6月 Cibret International Award, 2nd Prize (Merk & Co, N.J., U.S.A.)

  • 【受賞】1999年10月 日本糖尿病合併症学会、Young Investigator Award

  • 【受賞】1999年11月 日本医師会 医学研究助成

  • 【受賞】2007年4月 日本眼科学会 評議員会賞

  • 【受賞】2015年12月 日本眼循環学会 第4回 松山賞

  • 【受賞】2018年12月 日本網膜硝子体学会 第21回 盛賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師