小椋 祐一郎 先生のプロフィール

小椋 祐一郎 先生

おぐら ゆういちろう

小椋 祐一郎 先生

名古屋市立大学病院 病院長

小椋 祐一郎 先生のストーリー記事を読む

専門分野

網膜硝子体、黄斑疾患(加齢黄斑変性、糖尿病性網膜症など)

紹介

日本における黄斑疾患の名医。糖尿病網膜症や加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症などの網膜硝子体疾患をはじめ、白内障や緑内障などの幅広い眼疾患の治療研究に携わる。日本糖尿病眼学会の理事長も務めており、糖尿病患者の早期眼科受診の重要性を周知するために尽力している。最近の関心事はワインと料理、フライフィッシング。

略歴

1980年 京都大学医学部卒業
1986年 京都大学医学部眼科助手
1993年 京都大学医学部眼科講師
1995年 京都大学医学部眼科助教授
1997年 名古屋市立大学医学部眼科教授
2002年 名古屋市立大学大学院医学研究科視覚科学教授
2017年 名古屋市立大学病院病院長

所属学会・資格・役職など

日本眼科学会評議員
日本糖尿病眼学会理事長
日本網膜硝子体学会理事長
日本眼循環学会常務理事
日本微小循環学会理事
日本糖尿病合併症学会評議員
Retina World Congress 理事
Euretina 理事
日本眼薬理学会評議員

受賞・著書・論文など

【受賞】
1989年8月 International Research Scholar Awards (Research to Prevent Blindness, NY, USA)
1994年年6月 Cibret International Award, 2nd Prize (Merk & Co, N.J., U.S.A.)
1999年年10月 日本糖尿病合併症学会、Young Investigator Award
1999年年11月 日本医師会 医学研究助成
2007年年4月 日本眼科学会 評議員会賞
2015年年12月 日本眼循環学会 第4回松山賞

【著書】
i. 小椋祐一郎、根木昭(編集):網膜.東京、メジカルビュー、1999.
ii. 小椋祐一郎(編集):眼科診療プラクティス 黄斑浮腫の診療、東京 文光堂、2000.
iii. 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学7 網膜・硝子体Ⅰ、東京、文光堂、2012.
iv. 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、2012.

【原著論文】
i. Nishiwaki H, Ogura Y, Kimura H, Kiryu J, Miyamoto K, Matsuda N: Visualization and quantitative analysis of le

【受賞】
1989年8月 International Research Scholar Awards (Research to Prevent Blindness, NY, USA)
1994年年6月 Cibret International Award, 2nd Prize (Merk & Co, N.J., U.S.A.)
1999年年10月 日本糖尿病合併症学会、Young Investigator Award
1999年年11月 日本医師会 医学研究助成
2007年年4月 日本眼科学会 評議員会賞
2015年年12月 日本眼循環学会 第4回松山賞

【著書】
i. 小椋祐一郎、根木昭(編集):網膜.東京、メジカルビュー、1999.
ii. 小椋祐一郎(編集):眼科診療プラクティス 黄斑浮腫の診療、東京 文光堂、2000.
iii. 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学7 網膜・硝子体Ⅰ、東京、文光堂、2012.
iv. 小椋祐一郎、門之園一明(編集):眼手術学8 網膜・硝子体Ⅱ、東京、文光堂、2012.

【原著論文】
i. Nishiwaki H, Ogura Y, Kimura H, Kiryu J, Miyamoto K, Matsuda N: Visualization and quantitative analysis of leukocyte dynamics in retinal microcirculation in rats. Invest Ophthalmol Vis Sci 37:1341-1347, 1996.
ii. Miyamoto K, Khosrof S, Bursell S, Rohan R, Murata T, Clermont A, Aiello L, Ogura Y, Adamis A: Prevention of leukostasis and vascular leakage in streptozotocin-induced diabetic retinopathy via intercellular adhesion molecule-1 inhibition. Proc Natl Sci USA 96:10836-10841, 1999.
iii. Ishida S, Yamashiro K, Usui T, Kaji Y, Ogura Y, Hida T, Honda Y, Oguchi Y, Adamis AP: Leukocytes mediate retinal vascular remodeling during development and vaso-obliteration in disease. Nat Med 9 : 781-788, 2003.
iv. Nozaki M, Sakurai E, Raisler BJ, Baffi JZ, Witta J, Ogura Y, Brekken RA, Sage EH, Ambati BK, Ambati J: Loss of SPARC-mediated VEGFR-1 suppression after injury reveals a novel antiangiogenic activity of VEGF-A. J Clin Invest 116 : 422-429, 2006.
v. Ambati BK, Nozaki M, Singh N, Takeda A, Jani PD, Suthar T, Albuquerque RJC, Richter E, Sakurai E, Newcomb MT, Kleinman ME, Caldwell RB, Lin Q, Ogura Y, Orecchia A, Samuelson DA, Agnew DW, St Leger J, Green WR, Mahasreshti PJ, Curiel DT, Kwan D, Marsh H, Ikeda S, Leiper LJ, Collinson JM, Bogdanovich S, Khurana TS, Shibuya M, Baldwin ME, Ferrara N, Gerber HP, De Falco S, Witta J, Baffi JZ, Raisler BJ, Ambati J: Corneal avascularity is due to soluble VEGF receptor-1. Nature 443 : 993-997, 2006.
vi. Takeda A, Baffi JZ, Kleinman ME, Cho WG, Nozaki M, Yamada K, Kaneko H, Albuquerque RJC, Dridi S, Saito K, Raisler BJ, Budd SJ, Geisen P, Munitz A, Ambati BK, Green MG, Ishibashi T, Wright JD, Humbles AA, Gerard CJ, Ogura Y, Pan Y, Smith JR, Grisanti S, Hartnett ME, Rothenberg ME, Ambati J: CCR3 is a target for age-related macular degeneration diagnosis and therapy. Nature 460 : 225-230, 2009.
vii. Tarallo V, Hirano Y, Gelfand BD, Dridi S, Kerur N, Kim Y, Cho WG, Kaneko H, Fowler BJ, Bogdanovich S, Albuquerque RJ, Hauswirth WW, Chiodo VA, Kugel JF, Goodrich JA, Ponicsan SL, Chaudhuri G, Murphy MP, Dunaief JL, Ambati BK, Ogura Y, Yoo JW, Lee DK, Provost P, Hinton DR, Núñez G, Baffi JZ, Kleinman ME, Ambati J: DICER1 loss and Alu RNA induse age-related macular degeneration via the NLRP3 inflammasome and MyD88. Cell 149 : 847-859, 2012.
viii. Hirano Y, Yasuma T, Mizutani T, Fowler BJ, Tarallo V, Yasuma R, Kim Y, Bastos-Cavalho A, Kerur N, Gelfand BD, Bogdanovich S, He S, Zhang X, Nozaki M, Iijima R, Kaneko H, Ogura Y, Terasaki H, Nagai H, Haro I, Núñez G, Ambati BK, Hinton DR, Ambati J: IL-18 is not therapeutic for neovascular age-related macular degeneration. Nat Med 20: 1372-1375, 2014.
ix. Ogura Y, Roider J, Korobelnik JF, Holz FG, Simader C, Schmidt-Erfurth U, Vitti R, Berliner AJ, Hiemeyer F, Stemper B, Zeitz O, Sandbrink R; GALILEO Study Group: Intravitreal aflibercept for macular edema secondary to central retinal vein occlusion: 18-month results of the phase 3 GALILEO study. Am J Ophthalmol 158: 1032-1038, 2014.
x. Ogura Y, Terasaki H, Gomi F, Yuzawa M, Iida T, Honda M, Nishijo K, Sowade O, Komori T, Schmidt-Erfurth U, Simader C, Chong V; for the VIEW 2 Investigators: Efficacy and safety of intravitreal aflibercept injection in wet age-related macular degeneration: outcomes in the Japanese subgroup of the VIEW 2 study. Br J Ophthalmol 99: 92-97, 2015.

他477編

続きを見る

小椋 祐一郎先生 の所属する医療機関

名古屋市立大学病院

TEL: 052-851-5511

名古屋市立大学病院

愛知県名古屋市瑞穂区瑞穂町川澄1

名古屋市営地下鉄桜通線「桜山駅」 3番出口 徒歩1分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介・予約制(予約は紹介元医療機関経由) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

小椋 祐一郎 先生 の記事