北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻 教授

日本神経眼科学会 理事長 日本眼科学会 評議員・眼科専門医 アジア神経眼科学会 editorial board・secretary general 日本自律神経学会 評議員 日本眼薬理学会 評議員 Neuro-Ophthalmology Associate Editor

石川 均 いしかわ ひとし 先生

公開日
2020/07/13

1988年に北里大学医学部を卒業後、オハイオ州立大学への留学や国際医療福祉大学 助教授を経て、2005年より北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 教授。特に神経眼科分野や斜視の診療を専門としており、日本神経眼科学会 理事長としても活躍している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 【得意な領域】神経眼科
  • 【疾患】視神経疾患【治療法】副腎皮質ステロイド(全身投与:内服、点滴)治療、免疫グロブリン治療、発作予防薬治療、他科との連携による手術
  • 【疾患】眼球運動障害(神経麻痺、重症筋無力症、筋原性麻痺による複視)【治療法】副腎皮質ステロイド(全身投与:内服、点滴)、免疫グロブリン投与、発作予防薬投与、プリズム眼鏡、ボツリヌス注射、斜視手術
  • 【疾患】自律神経障害による瞳孔異常【治療法】点眼等、眼鏡

資格・学会・役職

日本神経眼科学会 理事長
日本眼科学会 評議員・眼科専門医
アジア神経眼科学会 editorial board・secretary general
日本自律神経学会 評議員
日本眼薬理学会 評議員
Neuro-Ophthalmology Associate Editor
  • 北里大学医療衛生学部視覚機能療法学専攻 教授

所属病院

北里大学病院

  • 内科 血液内科 外科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科
  • 神奈川県相模原市南区北里1丁目15-1
  • JR相模線 原当麻 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模大野駅北口行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス15分 小田急線 相模大野 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模原駅南口行き/上溝駅行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス25分 JR相模線 原当麻 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模大野駅北口行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス15分 小田急線 相模大野 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模原駅南口行き/上溝駅行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス25分
  • 042-778-8111
公式ウェブサイト
北里大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 北里大学医学部 卒業
1994年 北里大学大学院 博士課程修了
1994年 オハイオ州立大学薬理学教室 留学
1996年 北里大学医学部眼科 講師
2002年 国際医療福祉大学眼科 助教授
2005年 北里大学 医療衛生学部 視覚機能療法学 教授
2005年 北里大学大学院 医療系研究科 視覚情報科学 教授

論文

  • Epidemiological and Clinical Characteristics of Optic Neuritis in Japan. Ophthalmology. 126(10):1385-1398, 2019

    Ishikawa H, Kezuka T, Shikishima K, Yamagami A, Hiraoka M, Chuman H, Nakamura M, Hoshi K, Goseki T, Mashimo K, Mimura O, Yoshitomi T, Tanaka K

  • Clinical Characteristics of Anti-aquaporin 4 Antibody Positive Optic Neuritis in Japan. Neuro-Ophthalmology 43(2):71-80, 2019

    Yamagami A, Wakakura M, Inoue K, Ishikawa H, Takahashi T, Tanaka K

  • Pupil fields in a patient with early-onset postgeniculate lesions.Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol.257(2):441-443,2019

    Asakawa K,Ishikawa H

  • Evaluation of pupil fields using a newly developed perimeter in glaucoma patients.Cur Eye Res 44(5): 527-532, 2019

    Totsuka K,Asakawa K,Ishikawa H,Shoji N

  • Effects of 0.4%ripasudil hydrochloride hydrate on morphological changes in rabbit eyes.Int J Ophthalmol.12(10):1637-1642,2019

    Limratchatamorn B,Asakawa K,Mashimo K,Uga S,Ishikawa H

  • Investigation of Stress and Distress Experienced by Guardians of Children with Strabismus and/or Amblyopia. J Binocul Vis Ocul Motil. 70(1):21-28, 2019

    Kitasato M, Iwamitsu Y, Iwata Y, Ueta T, Fukaya E, Ishikawa H

  • Adaptation, electroretinography and pupillography in healthy subjects.Doc Ophthalmol.139(1):33-44,2019

    Asakawa K,Ito A,Kobayashi H,Iwai A,Ito C,Ishikawa H

  • Monocular Visual Acuity Measured with the OccluPad Binocular Vision Test in Patients with Unilateral Functional Visual Loss. Optical Review 26(2):301-302, 2019.

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H

  • Improvement of Adherence with Occlu-Pad Therapy for Pediatric Patients with Amblyopia. Biomed Res Int, 2018: 2394562, 2018

    Totsuka S, Handa T, Ishikawa H, Shoji N

  • Effects of brimonidine tartrate 0.1% ophthalmic solution on the pupil, refraction, and light reflex. Sci Rep. 8: 9003, 2018

    Kato S, Shimizu K, Kamiya K, Ishikawa H, Igarashi A

  • Evaluation of relative afferent pupillary defect using RAPDx device before and after treatment in patients with optic nerve disease.Neuro-Ophthalmology.42(3):146-149,2018

    Sato T,Ishikawa H,Goseki T,Asakawa K

  • Evaluation of pupil fields using a newly developed head-mounted perimeter in healthy subjects. J Glaucoma.27(9):807-815,2018

    Asakawa K, Nanno M, Ishikawa H, Shoji N

  • Diagnosis and treatment of anti‑myelin oligodendrocyte glycoprotein antibody positive optic neuritis. Jpn J Ophthalmol. 62:101–108, 2018

    Keduka T, Ishikawa H

  • Evaluation of the effects of the occlu-pad for the management of anisometropic amblyopia in children. Curr Eye Res. 43(6):785-787, 2018

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H, Goseki T, Shoji N

  • Comparison between amblyopia treatment with glasses only and combination of glasses and open-type binocular “Occlu-pad” device. Biomed Res Int. 2018:2459696, 2018

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H, Goseki T, Shoji N

  • Effect of visual target blurring on accommodation under distance viewing. Opt Rev. 25(3): 380-382, 2018

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H

  • A Case of Microscopic Amblyopia Successfully Treated using Occlu-Pad. EC ophthalmology. 9(6): 404-407, 2018

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H

  • Causes, background, and characteristics of binocular diplopia in the elderly. Jpn J Ophthalmol. 62: 659-666, 2018.

    Kawai M, Goseki T, Isikawa H, Hoshina M, Shoji N

  • Nationwide epidemiological survey of Leber hereditary optic neuropathy in Japan. J Epidemiol. 27:447-450, 2017

    Ueda K, Morizane Y, Shiraga F, Shikishima K, Ishikawa H, Wakakura M, Nakamura M

  • The prevalence and types of strabismus, and average of stereopsis in Japanese adults. Jpn J Ophthalmol. 61: 280-285, 2017

    Goseki T, Ishikawa H

  • Reproducibility and standard values of the parameters of a new hand-held digital pupillometer. J Clin Exp Ophthalmol. 8:654, 2017

    Asakawa K,Ishikawa H

  • Development of a Novel Stereoacuity Test Device Using a High-Resolution 3D Monitor. EC ophthalmol. 7:129-132. 2017.

    Iwata Y., Handa T., Ishikawa H

  • An attempt of subjective refraction test maintaining everyday pupil diameter using ground glass lens. EC ophthalmol. 9:155-159. 2017.

    Iwata Y., Handa T., Ishikawa H

  • New mydriasis-free electroretinogram recorded with skin electrodes in healthy subjects.Biomed Res Int.2017: 8539747, 2017

    Asakawa K, Amino K, Iwase M, Kusayanagi Y, Nakamura A, Suzuki R, Yuki T, Ishikawa H

  • Effects of ripasudil hydrochloride hydrate instillation on pupil dynamics. Curr. Eye Res. 42(1) : 54-57, 2017

    Sato T., Ishikawa H., Asakawa K., Goseki T., Shimizu K

  • Evaluation of relative afferent pupillary defect using RAPDx® device in patients with optic nerve disease. Neuro-Ophthalmology. 40(3):120-124, 2017

    Sato T, Ishikawa H, Asakawa K, Goseki T, Niida T, Shimizu K.

  • Effects of age and sex on values obtained by RAPDx® pupillometer, and determined the standard values for detecting relative afferent pupillary defect. Transl. Vis. Sci. Technol. 5(2) : 18, 2016

    Satou T, Goseki T, Asakawa K, Ishikawa H, Shimizu K.

  • Histopathological change of inner retina,optic disc and optic nerve in rabbit with advanced retinitis pigmentosa.Neuro-Ophthalmol.40(6):286-291,2016

    Asakawa K,Ishikawa H,Uga S,Mashimo K,Kondo M,Terasaki H

  • Efficacy of amblyopia treatment program with both eyes open: a functional near-infrared spectropcopy study. Am orthopt J. 66(1): 87-91, 2016

    Iwata Y, Handa T, Ishikawa H, Shoji N, Shimizu K

  • Electroretinography and pupillography in unilateral foveal hypoplasia. J Pediatr Ophthalmol Strabismus. 53: e26-28, 2016

    Asakawa K, Ishikawa H

  • Pre- and post-synaptic effects of brimonidine to the isolated rabbit iris dilator muscles. Clinical Ophthalmology. 10: 845-849, 2016

    Tatsui S., Ishikawa H., Kimiyo M., Shimizu K

  • Effects of Target Size and Test Distance on Stereoacuity. J Ophthalmol. 7950690. 2016.

    Iwata Y., Fujimura F., Handa T., Shoji N., Ishikawa H

  • Effects of pupil dilation on objective refraction.  Acta Ophthalmol. 94(5): e374-375, 2016

    Iwata Y., Handa T., Shoji N., Ishikawa H., Shimizu K

  • Functional and morphological study of retinal photoreceptor cell degenerationin transgenic rabbits with a P347L rhodopsin mutation.Jpn J Ophthalmol.59(5):353-363,2015

    Asakawa K,Ishikawa H,Uga S,Mashimo K,Shimizu K,Kondo M,Terasaki H

  • Attempt of quantitative determination of ocular deviation using a pupilometer. Optical Review., 22:928-30, 2015.

    Iwata Y., Handa T., Ishikawa H., Shoji N., Shimizu K

  • Pupillary Size and Light Reflex in Premature Infants.Neuro-Ophthalmology39(4):175-179,2015

    Ikeda T, Ishikawa H, Shimizu K, Asakawa K, Goseki T

著書

  • 今日の眼疾患治療方針/医学書院/2016年(瞳孔径計測.瞳孔反応検査.赤外線瞳孔計.)

  • 眼科診療プラクティス 眼科検査ガイド第2版/文光堂/2016年(瞳孔径計測.瞳孔反応検査.点眼検査.赤外線瞳孔計.)

  • ブルーライトテキストブック/金原出版/2016年(ブルーライトと瞳孔反応.)

  • 眼科疾患 最新の治療2016-2018/南江堂/2015年(瞳孔緊張症.)

  • 自律神経機能検査 第5版/文光堂/2015年(F.眼球系 5.調節機能検査.)

  • 今日の治療指針 私はこう治療している TODAY'S THERAPY 2015/医学書院/2015年(24眼科疾患 複視.)

  • 神経眼科診断クローズアップ/メジカルビュー社/2014年(V.瞳孔異常を診たら 瞳孔不同.)

  • 眼科診療クオリファイ/中山書店/2014年(瞳孔計.)

  • イラスト眼科手術シリーズⅣ 斜視手術/金原出版/2013年

  • 眼科疾患 最新の治療/南江堂/2013年(Ⅳ-④ その他の疾患- ④神経眼科疾患 2 Horner症候群.)

  • 脳とこころのプライマリケア3 こころと身体の相互作用/シナジー/2013年(心の影響を受けやすい身体疾患とその症状 眼科領域.)

  • 専門医のための眼科診療クオリファイ⑭網膜機能検査AtoZ/中山書店/2012年(瞳孔反応./クリニカル・クエスチョン 網膜疾患と視神経疾患の瞳孔反応の違いについて,研究的知見を含めて教えてください.)

  • 専門医のための眼科診療クオリファイ⑦視神経疾患のすべて/中山書店/2011年(薬剤性視神経症.)

その他

  • 【受賞】1995年 日本神経眼科学会若手奨励賞 受賞

  • 【受賞】2012年 日本眼科学会評議員会賞 受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。