新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長

日本外科学会 外科専門医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)

熊谷 厚志 くまがい こうし 先生

慶應義塾大学 一般・消化器外科、スウェーデンのカロリンスカ大学病院を経て、がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長を務める。胃がん手術のスペシャリストである。胃がんを治すためにはどのような治療法が適切であるか、患者さんへのわかりやすい説明を常に心がけ、日々の診療に尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 熊谷先生の胃がんに関する得意な領域
    • 手術療法
  • 胃外科
  • 腹腔鏡手術
  • 消化器内視鏡

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
  • がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長
  • 医学博士 取得

所属病院

がん研究会有明病院

  • 内科 血液内科 精神科 呼吸器外科 消化器外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 消化器内科
  • 東京都江東区有明3丁目8-31
  • ゆりかもめ「有明駅」 徒歩2分 りんかい線「国際展示場駅」 徒歩4分
  • 03-3520-0111
がん研究会有明病院

医療記事

来歴等

略歴

2002年 東京慈恵会医科大学卒業
2002年 慶應義塾大学 一般・消化器外科入局
2009年 がん研有明病院 消化器センター 外科 医員
2012年 Center for Digestive Diseases, Karolinska University Hospital, Sweden.
2014年 がん研有明病院 消化器センター 胃外科 副医長

論文

Kumagai K, Saikawa Y, Kitagawa Y, Octreotide acetate successfully treated a bowel obstruction caused by peritoneally disseminated gastric cancer, thereby enabling the subsequent use of oral S-1 chemotherapy. Int J Clin Oncol. 2009;14(4):372-5.

Kumagai K, Hiki N, Nunobe S, Jiang X, Kubota T, Aikou S, Watanabe R, Tanimura S, Sano T, Kitagawa Y, Yamaguchi T, Different Features of Complications with Billroth-I and Roux-en-Y Reconstruction after Laparoscopy-Assisted Distal Gastrectomy. J Gastrointest Surg. 2011;15(12):2145-52.

Kumagai K, Yamamoto N, Miyashiro I, Tomita Y, Katai H, Tuda H, Kushima R, Kitagawa Y, Takeuchi H, Mukai M, Mano M, Mochizuki H, Kato Y, Matsuura N, Sano T, Multicenter study evaluating the clinical performance of the OSNA assay for the molecular detection of lymph node metastases in gastric cancer patients. Gastric Cancer. 2014;17(2):273-80.

Kumagai K, Hiki N, Nunobe S, Jiang X, Kubota T, Aikou S, Tanimura S, Sano T, Yamaguchi T, Potentially fatal complications for elderly patients after laparoscopy-assisted distal gastrectomy. Gastric Cancer. 2014;17(3):548-55. Epub 2013.

Kumagai K, Saikawa Y, Takeuchi H, Suda K, Fukuda K, Nakamura R, Takahashi T, Kawakubo H, Wada N, Miyasho T, Kitagawa Y, The Neutrophil Elastase Inhibitor Sivelestat Suppresses Accelerated Gastrointestinal Tumor Growth via Peritonitis After Cecal Ligation and Puncture. Anticancer Res. 2013;33(9):3653-9.

Kumagai K, Hiki N, Nunobe S, Sekikawa S, Chiba T, Kiyokawa T, Jiang X, Tanimura S, Sano T, Yamaguchi T, Totally laparoscopic pylorus-preserving gastrectomy for early gastric cancer in the middle stomach: technical report and surgical outcomes. Gastric Cancer. 2015;18(1):183-7.2014.

Kumagai K, Kjellin A, Tsai JA, Thorell A, Granqvist S, Lundell L, Håkanson B. Toupet versus Dor as a procedure to prevent reflux after cardiomyotomy for achalasia: Results of a randomized clinical trial. Int J Surg. 2014;12(7):673-80.

Kumagai K, Rouvelas I, Tsai JA, Mariosa D, Lind PA, Lindblad M, Ye W, Lundell L, Schuhmacher C, Mauer M, Burmeister BH, Thomas JM, Stahl M, Nilsson M. Survival benefit and additional value of preoperative chemoradiotherapy in resectable gastric and gastro-oesophageal junction cancer: A direct and adjusted indirect comparison meta-analysis. Eur J Surg Oncol. 2015;41(3):282-94.

Kumagai K, Tsai JA, Thorell A, Lundell L, Håkanson B. Per-Oral Endoscopic Myotomy (POEM) for achalasia. Are results comparable to Laparoscopic Heller myotomy? Scand J Gastroenterol. Scand J Gastroenterol. 2015;50(5):505-12.

Kumagai K, Mariosa D, Tsai JA, Nilsson M, Ye W, Lundell L, Rouvelas I. Systematic review and meta-analysis on the significance of salvage esophagectomy for persistent or recurrent esophageal squamous cell carcinoma after definitive chemoradiotherapy. Dis Esophagus. 2015 Aug 28. [Epub ahead of print]

その他

  • 【受賞】西記念賞(2015年)

  • 【受賞】Kumagai K, Kitagawa Y, Sano T, et al. Multicenter study evaluating the clinical performance of the OSNA assay for the molecular detection of lymph node metastases in gastric cancer patients.Gastric Cancer. 2014;17(2):273-80.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。