新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

北里大学 医学部循環器内科学 診療講師 医局長

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医 日本循環器学会 循環器専門医 日本不整脈心電学会 不整脈専門医 日本心臓病学会 会員

深谷 英平 ふかや ひでひら 先生

北里大学医学部循環器内科学の不整脈班の責任者として日々カテーテルアブレーションやデバイス治療を行っている傍ら、医局長として医局の運営に関わる多忙な日々を過ごしている。循環器専門医、不整脈専門医でありながら、内科医であるという初心を忘れない、ということをモットーとしている。その一環として、大学病院でありながら内科全体の合同勉強会を主催するなど、学生教育・研修医教育にも力を入れている。

深谷先生のストーリー記事

どんな病気でも診られる循環器内科医になりたい
どんな病気でも診られる循環器内科医になりたい

専門医である前にひとりの医師でありたいと願う深谷英平先生のストーリー

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 深谷先生の不整脈の専門領域
    • カテーテルアブレーション、デバイス治療

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医・内科指導医
日本循環器学会 循環器専門医
日本不整脈心電学会 不整脈専門医
日本心臓病学会 会員
  • 北里大学 医学部循環器内科学 診療講師 医局長
  • 医学博士 取得
  • American Heart Association 会員
  • Heart Rhythm Society 会員
  • 日本体育協会 認定スポーツドクター(神奈川県体育協会 スポーツ医科学委員)
  • 日本内科学会 JMECC インストラクター
  • 日本救急医学会 ICLS インストラクター

所属病院

北里大学病院

  • 内科 血液内科 外科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科
  • 神奈川県相模原市南区北里1丁目15-1
  • JR相模線 原当麻 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模大野駅北口行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス15分 小田急線 相模大野 神奈中バス 北里大学病院・北里大学行き/相模原駅南口行き/上溝駅行き 「北里大学病院・北里大学」下車すぐ バス25分
  • 042-778-8111
公式ウェブサイト
北里大学病院

来歴等

略歴

2001年 北里大学医学部卒業
2008年 北里大学大学院医療系研究科卒業 医学博士取得
2008年 北里大学医学部循環器内科学助教
2011年 Case Western Reserve University Research Fellow
2016年 北里大学医学部循環器内科学 医局長
2016年 北里大学医学部循環器内科学 診療講師

論文

1. Oikawa J, Niwano S, Fukaya H, Nakamura H, Igarashi T, Fujiishi T, Ishizue N, Yoshizawa T, Satoh A, Kishihara J, Murakami M, Ako J. Novel Scoring System for Distinction Between Paroxysmal and Non-Paroxysmal Atrial Fibrillation. Circ J 2017. Epub ahead of print.
2. Igarashi T, Niwano S, Fukaya H, Yoshizawa T, Nakamura H, Fujiishi T, Ishizue N, Oikawa J, Kishihara J, Murakami M, Niwano H, Ako J, Discrimination of Paroxysmal and Persistent Atrial Fibrillation In Patients with New-onset Atrial Fibrillation. Int Heart J 2016; 57: 573-9.
3. Fukaya H, Niwano S, Oikawa J, Nishinarita R, Horiguchi A, Nakamura H, Fujiishi T, Igarashi T, Ishizue N, Yoshizawa T, Satoh A, Kishihara J, Murakami M, Ako J. Safety of low-dose dabigatran in patients with atrial fibrillation and mild renal insufficiency. J Cardiol 2017; 69: 591-5.
4. Ishizue N, Niwano S, Fukaya H, Nakamura H, Igarashi T, Ishizue N, Fujiishi T, Oikawa J, Kishihara J, Murakami M, Niwano H, Ako J.Ako J. The J-wave as a Predictor of Life-threatening Arrhythmia in ICD patients Int Heart J 2017; 58: 36-42.
5. Ishizue N, Niwano S, Saito M, Fukaya H, Nakamura H, Igarashi T, Fujiishi T, Yoshizawa T, Oikawa J, Satoh A, Kishihara J, Murakami M, Niwano H, Miyaoka H, Ako J. Polytherapy with sodium channel-blocking antiepileptic drugs ins associated with arrhythmogenic ST-T abnormality in patients with epilepsy. Seizure 2016, 40: 81-7.
6. Satoh A, Niwano S, Niwano H, Kishihara J, Aoyama Y, Oikawa J, Fukaya H, Tamaki H, Ako J. Aliskiren suppresses atrial electrical and structural remodeling in a canine model of atrial fibrillation. Heart Vessels 2016; 32: 90-100.
7. Fukaya H, Ako J. Triple antithrombotic therapy. ~ Always one too many ~ Circ J 2016; 80: 316-7.
8. Fujiishi T, Niwano S, Murakami M, Nakamura H, Igarashi T, Ishizue N, Oikawa J, Kishihara J, Fukaya H, Ako J. Efficacy and limitations of tachycardia detection interval guided reprogramming for reduction of inappropriate shock in implantable cardioverter-defibrillation patients. Int Heart J 2016; 25: 304-9. 他

著書

1. 深谷英平 不整脈 -その常識は正しいか?- 心房性頻脈 心房粗動と心房細動で治療方針に違いはあるか? 救急・集中治療 2017; 29: 201-208.
2. 深谷英平、阿古潤哉. DOACの常識・非常識 -抗血栓療法新時代に向けて- DOACと抗血小板薬併用 -そのリスク・ベネフィット- Heart View 2017; 21: 67-73.
3. 深谷英平 これから始めるカテーテルアブレーション:3Dマッピングを使うとなにがわかるの?Medical Review 2016: 69-74.
4. 深谷英平、阿古潤哉. 高齢者における抗血栓療法. 医学のあゆみ 2015; 5: 879-83.
5. 深谷英平、阿古潤哉. PCI 心房細動例における抗凝固薬・抗血小板薬併用. ICUとCCU 2015; 39: 369-74.
6. 深谷英平、阿古潤哉. 虚血性心疾患に合併する心房細動 –その管理指針と抗凝固療法- Medical Practice 2015; 32: 1655-60.
7. 深谷英平、阿古潤哉. ワーファリン内服中の患者のPCI:抗血小板剤はどうする? 救急・集中治療 2014; 24: 114-119.
8. 深谷英平. 【Medical Brief】心血管リスクを持つ2型糖尿病患者の低血糖時の不整脈リスク. CardioVascular Contemporary 2014; 3: 40-1.
9. 深谷英平、阿古潤哉. 虚血性心疾患合併心房細動例における抗凝固療法. Cardio-Coagulation 2014; 1: 241-7. 他

その他

  • 【受賞】2011年 Young Investigator Award: American Heart Association / Resuscitation Symposium

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。