新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科学 准教授、病院教授

日本外科学会 外科専門医・指導医・代議員 三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者 日本臨床補助人工心臓研究会 植込型補助人工心臓実施医 日本移植学会 移植認定医・代議員・幹事 日本心臓血管外科学会 評議員 日本胸部外科学会 評議員 日本人工臓器学会 評議員 国際人工臓器学会(IFAO) 理事 International Society for Mechanical Circulatory Support(ISMCS) 理事 補助人工心臓治療関連学会協議会 世話人

戸田 宏一 とだ こういち 先生

公開日
2021/06/15

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 戸田先生の心臓弁膜症に関する得意な領域
    • 右小開胸低侵襲弁膜症手術(僧帽弁・大動脈弁)
    • カテーテル弁置換術・弁形成術
  • 【疾患名】冠動脈疾患【治療法】左小開胸 (MICS) 冠動脈バイパス手術
  • 【疾患名】重症心不全【治療法】補助人工心臓、心臓移植
  • 【得意な領域】重症心不全に対する再生治療・外科治療【治療法】再生医療、左室形成術

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医・代議員
三学会構成心臓血管外科専門医認定機構 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者
日本臨床補助人工心臓研究会 植込型補助人工心臓実施医
日本移植学会 移植認定医・代議員・幹事
日本心臓血管外科学会 評議員
日本胸部外科学会 評議員
日本人工臓器学会 評議員
国際人工臓器学会(IFAO) 理事
International Society for Mechanical Circulatory Support(ISMCS) 理事
補助人工心臓治療関連学会協議会 世話人
  • 大阪大学大学院医学系研究科 外科学講座 心臓血管外科学 准教授、病院教授
  • 大阪府 難病指定医
  • 身体障害者福祉法第15条指定医師

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」 徒歩1分 京都線「茨木駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線「茨木市駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄「千里中央駅」 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
大阪大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1989年 大阪大学医学部 卒業
1989年 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科 研修医
1991年 日生病院 外科医員
1993年 国立循環器病センター研究所 人工臓器部研究員
1996年 米国コロンビア大学心臓外科 リサーチフェロー
1998年 米国オクシュナークリニック胸部心臓血管外科 レジデント
2000年 米国ブラウン大学心臓血管外科 クリニカルフェロー
2001年 桜橋渡辺病院心臓血管外科 医長・部長
2003年 大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 助手
2005年 大阪労災病院心臓血管外科 副部長
2008年 国立循環器病センター 心臓血管外科医長
2012年 大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 准教授
2021年 現在に至る

論文

  • 1. Sympathetic nerve activities in pulsatile and nonpulsatile systemic circulation in anesthetized goats. Am J Physiol. 1996; 271 (Heart Circ. Physiol.):H15-22.

    Toda K, Tatsumi E, Taenaka Y, Masuzawa T, Takano H.

  • 2. ICAM-1 Antisense Oligodeoxyribonucleotide Delivered During Lung Preservation Inhibits Early ICAM-1 Expression and Improves Graft Function after Transplantation. Circ Res. 2000; 86:166-174.

    Toda K, Kayano K, Karimova A, Naka Y, Wang CY, Fujita T, Pinsky DJ.

  • 3. Paradoxical rescue from ischemic lung injury by inhaled carbon monoxide driven by derepression of fibrinolysis. Nat Med. 2001; 7:598-604.

    Fujita T, Toda K, Karimova A, Yan SF, Naka Y, Yet SF, Pinsky DJ.

  • 4. Revascularization in Severe Ventricular Dysfunction (15%≤LVEF≤30%): A Comparison of Bypass Surgery and Percutaneous Intervention. Ann Thorac Surg. 2002; 74:2082-7.

    Toda K, Mackenzie K, Mehra MR, Dicorte CJ, Davis JE, McFadden PM, Ochsner JL, White C, Van Meter CH.

  • 5. Single-stage repair of arch aneurysms with a long elephant trunk: medium-term follow-up of thromboexcluded aneurysms. J Thorac Cardiovasc Surg. 2007; 134:47-52.

    Toda K, Taniguchi K, Hata H, Shudo Y, Matsue H, Kuki S, Sawa Y.

  • 6. Novel technique for reimplantation of intercostal arteries using tailored patch graft. Eur J Cardiothorac Surg. 2008; 34:458-9.

    Toda K, Taniguchi K, Kainuma S, Yokota T.

  • 7. Late aortic insufficiency related to poor prognosis during left ventricular assist device support. Ann Thorac Surg. 2011; 92:929-34.

    Toda K, Fujita T, Domae, K, Shimahara Y, Kobayashi J, Nakatani T.

  • 8. Risk analysis of bloodstream infection during long-term left ventricular assist device support. Ann Thorac Surg. 2012; 94:1387-93.

    Toda K, Yonemoto Y, Fujita T, Shimahara Y, Sato S, Nakatani T, Kobayashi J.

  • 9. Role of percutaneous veno-arterial extracorporeal membrane oxygenation as bridge to left ventricular assist device. J Artif Organs. 2018 Mar;21(1):39-45.

    Toda K, Fujita T, Seguchi O, Yanase M, Nakatani T.

  • 10. Computational fluid dynamics visualizes turbulent flow in the aortic root of a patient under continuous-flow left ventricular assist device support J Thorac Cardiovasc Surg. 2020 Mar;159(3):e205-e207.

    Yoshida S, Toda K, Miyagawa S, Sawa Y.

著書

  • 1. Toda K, E.Tatsumi, Masuzawa T, Y.Taenaka, K.Eya, H.Takano: Characteristics of sympathetic nerve activity during nonpulsatile circulation. Heart Replacement-Artificial Heart 5. Akutsu T, Koyanagi H(eds). Springer-Verlag Tokyo. 5, 307-310, 1996.

  • 2. atsumi E, Toda K, Miyazaki K, Taenaka Y, Nakatani T, Masuzawa T, Baba Y, Wakisaka Y, Eya K, Nishimura T, Takewa Y, Ohno T, Nakamura M, Endo S, Takiura K, Sohn YS, Takano H.: Altered hemodynamic, humoral, and metabolic conditions in nonpulsatile systemic circulation. Heart Replacement-Artificial Heart 6. Akutsu T, Koyanagi H (Eds.). Springer-Verlag Tokyo. 6, 295-302, 1998.

  • 3. 戸田宏一: 研修医、コメデイカルのためのプラクテイカル補助循環ガイド, 澤 芳樹 代表監修, 第5章3 – 5,PP. 192 – 204, メデイカ出版, 大阪、 2007

  • 4. 戸田宏一: 感染性心内膜炎 – 心臓血管外科医からの一言 臨床心血管エコ-, 西野雅巳 編著, 第I - 2章 F. 感染性心内膜炎、108:中外医学社, 東京, 2009

  • 5. 戸田宏一: ロングエレファントトランクを用いた低侵襲弓部大動脈瘤手術 臨床心血管エコ-, 西野雅巳 編著, 第II - 2章 C. 大動脈エコ- (TEE)、PP.268, 中外医学社, 東京, 2009

  • 6. 戸田宏一: 重症心不全に対するLVAS (左心補助人工心臓)治療. 最新循環器診療マニュアル(友池仁暢 編著) PP.426-8中山書店, 東京, 2009

  • 7. 戸田宏一: 僧帽弁閉鎖不全症. 最新循環器診療マニュアル(友池仁暢 編著) PP.150-4 中山書店, 東京, 2009

  • 8. 戸田宏一、小林順二郎: 弁膜症外科手術後の外来管理. 循環器疾患最新の治療2010-201, 堀 正二、永井良三 編著, PP.174-176, 南江堂, 東京, 2010

  • 10. 戸田宏一: 体外式補助人工心臓. 心臓移植 , 松田 暉 監修, Part XI 3-1, PP.325 – 329 シュプリンガー・ジャパン, 東京, 2011

  • 11. 戸田宏一: destination therapyとしてのLVAS. 今日の心臓手術の適応と至適時期 (吉川純一 監修), PP.380-381. 文光堂, 東京, 2011

  • 12. 戸田宏一: 心不全外科治療における周術期の抗血栓、出血対策. 心臓外科 Knack & Pitfalls 心不全外科治療の要点と盲点, 高本眞一 監修, 許 俊鋭 編集, PP.120-123. 文光堂, 東京, 2012

  • 13. 戸田宏一、澤 芳樹: 特発性心筋症を原疾患とする慢性心不全. 心臓外科 Knack & Pitfalls 心不全外科治療の要点と盲点, 高本眞一 監修, 許 俊鋭 編集, PP.49-52. 文光堂, 東京, 2012

  • 14. 戸田宏一:AVR日本の現状:手術適応・成績,「Coronary Intervention特集:経カテーテル大動脈弁留置術:TAVI」, PP.54-58,メディアルファ,東京, 2013

  • 15. 戸田宏一,澤芳樹:植込み型補助人工心臓(分担),「内科医に求められる他科の知識」内科vol.114 No.6増大号, PP.950-952, 南江堂, 東京, 2014

  • 16. 戸田宏一,久保田香:重症心不全に対する手術1.補助人工心臓植え込み術(分担),「心臓外科手術の術式別ケア」(HEART nursing2015秋季増刊) 監修 宮本伸二, pp.218-223, メディカ出版, 大阪, 2015

  • 17. 戸田宏一:補助人工心臓(VAD)・左室補助人工心臓(LVAD), 「プラクティカル補助循環ガイド」, 澤芳樹(総監修), PP.234-238,メディカ出版, 大阪, 2016

  • 18. 戸田宏一:植込型左心補助人工心臓destination therapy, 「Clinical Engineering 9, 特集 補助循環の最近の進歩」, 許 俊鋭編集, PP.748-753, 秀潤社, 東京, 2016

  • 19. 戸田宏一:解説・高齢者のLVAD療法は日本に導入されるのか? 「循環器内科」第81巻第2号, PP.202-206, 科学評論社, 東京, 2017

  • 20. 戸田宏一 補助人工心臓の進歩と課題 小野稔 編集 医歯薬出版株式会社PP.82‐87, 2018

  • 21. 戸田宏一 "補助人工心臓治療チーム実践ガイド IV-2. Destination Therapyの臨床導入" 補助人工心臓治療チーム実践ガイド(改訂第二版) メジカルビュー社, 2018

その他

  • 【ガイドライン策定】戸田宏一(合同研究班班長 筒井裕之) 急性・慢性心不全診療ガイドライン(2017年改訂版)日本循環器学会/日本心不全学会合同ガイドライン (2018年3月23日発行)2018

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師