獨協医科大学埼玉医療センター 糖尿病内分泌・血液内科 准教授

日本内科学会 認定内科医・指導医・総合内科専門医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員 日本骨髄腫学会 代議員・診療委員会 委員 日本輸血・細胞治療学会 学会認定医・細胞治療認定管理師 日本造血・免疫細胞療法学会 認定医 日本リンパ網内系学会 会員 American Society of Hematology(ASH) International member 日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医・保険委員会 委員 日本癌治療学会 会員

木口 亨 きぐち とおる 先生

公開日
2022/01/18

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 木口先生の急性骨髄性白血病の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
    • 細胞療法
  • 木口先生の急性リンパ性白血病の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
    • 細胞療法
  • 木口先生の骨髄異形成症候群の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
  • 木口先生の悪性リンパ腫の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植
  • 木口先生の多発性骨髄腫の専門領域
    • 化学療法
    • 造血幹細胞移植

続きを読む

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医・指導医・総合内科専門医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医・評議員
日本骨髄腫学会 代議員・診療委員会 委員
日本輸血・細胞治療学会 学会認定医・細胞治療認定管理師
日本造血・免疫細胞療法学会 認定医
日本リンパ網内系学会 会員
American Society of Hematology(ASH) International member
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医・指導医・保険委員会 委員
日本癌治療学会 会員
  • 獨協医科大学埼玉医療センター 糖尿病内分泌・血液内科 准教授
  • JALSG 監査役、再発APL : Principal Investigator

所属病院

獨協医科大学埼玉医療センター

  • 内科 アレルギー科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 頭頸部外科 総合診療科 病理診断科
  • 埼玉県越谷市南越谷2丁目1-50
  • 東武伊勢崎線 新越谷 徒歩3分 JR武蔵野線 南越谷 徒歩3分
  • 048-965-1111
公式ウェブサイト
獨協医科大学埼玉医療センター

来歴等

略歴

1996年 鹿児島大学医学部医学科 卒業
2001年 岡山労災病院 内科 医長
2001年 岡山大学大学院医学研究科 内科学第二 卒業
2003年 香川労災病院 内科 副部長
2007年 東京医科大学 内科学第一講座 助教
2011年 中国中央病院 血液内科 部長
2015年 岡山大学 医学部医学科 臨床講師
2016年 岡山大学 医学部医学科 臨床准教授
2021年 獨協医科大学埼玉医療センター 糖尿病内分泌・血液内科 准教授

論文

  • 1. Efficacy and safety of Wilms’ tumor 1 helper peptide OCV-501 in elderly patients with acute myeloid leukemia: a multicenter, randomized, double-blind, placebo-controlled phase 2 trial. Cancer Immunology, Immunotherapy 2021 Oct 22. doi: 10.1007/s00262-021-03074-4.

    Kiguchi T, Yamaguchi M, Takezako N, Miyawaki S, Masui K, Ihara Y, Hirota M, Shimofurutani N, Naoe T.

  • 2. Low-dose dasatinib in older patients with chronic myeloid leukaemia in chronic phase (DAVLEC): a single-arm, multicentre, phase 2 trial. Lancet Haematol. 2021 Dec;8(12):e902-e911.

    Murai K, Ureshino H, Kumagai T, Tanaka H, Nishiwaki K, Wakita S, Inokuchi K, Fukushima T, Yoshida C, Uoshima N, Kiguchi T, Mita M, Aoki J, Kimura S, Karimata K, Usuki K, Shimono J, Chinen Y, Kuroda J, Matsuda Y, Nakao K, Ono T, Fujimaki K, Shibayama H, Mizumoto C, Takeoka T, Io K, Kondo T, Miura M, Minami Y, Ikezoe T, Imagawa J, Takamori A, Kawaguchi A, Sakamoto J, Kimura S.

  • 4. Implications of TP53 allelic state for genome stability, clinical presentation and outcomes in myelodysplastic syndromes. Nat Med. 2020 Oct;26(10):1549-1556.

    Bernard E, Nannya Y, Hasserjian RP, Devlin SM, Tuechler H, Medina-Martinez JS, Yoshizato T, Shiozawa Y, Saiki R, Malcovati L, Levine MF, Arango JE, Zhou Y, Solé F, Cargo CA, Haase D, Creignou M, Germing U, Zhang Y, Gundem G, Sarian A, van de Loosdrecht AA, Jädersten M, Tobiasson M, Kosmider O, Follo MY, Thol F, Pinheiro RF, Santini V, Kotsianidis I, Boultwood J, Santos FPS, Schanz J, Kasahara S, Ishikawa T, Tsurumi H, Takaori-Kondo A, Kiguchi T, Polprasert C, Bennett JM, Klimek VM, Savona MR, Belickova M, Ganster C, Palomo L, Sanz G, Ades L, Della Porta MG, Smith AG, Werner Y, Patel M, Viale A, Vanness K, Neuberg DS, Stevenson KE, Menghrajani K, Bolton KL, Fenaux P, Pellagatti A, Platzbecker U, Heuser M, Valent P, Chiba S, Miyazaki Y, Finelli C, Voso MT, Shih LY, Fontenay M, Jansen JH, Cervera J, Atsuta Y, Gattermann N, Ebert BL, Bejar R, Greenberg PL, Cazzola M, Hellström-Lindberg E, Ogawa S, Papaemmanuil E.

  • 3. Maintenance therapy for acute myeloid leukemia (including in patients who have undergone transplantation) including off-label use drugs in Japan. Rinsho Ketsueki. 2021 62(8):978-987.

    Kiguchi T.

  • 5. A case of reversible cerebral vasoconstriction syndrome developing during treatment of adult aplastic anemia. Ann Hematol. 2019; 98(2):511-513.

    Yamamoto A, Meguri Y, Fukuda A, Kambara Y, Urata T, Kuroi T, Masunari T, Sezaki N, Kiguchi T.

  • 6. A case report of TAFRO syndrome successfully treated by immunosuppressive therapies with plasma exchange. Ann Hematol. 2019;98(2):537-539.

    Meguri Y, Asada N, Nakasako Y, Kondo E, Kambara Y, Yamamoto A, Masunari T, Sezaki N, Ikeda G, Toji T, Yoshino T, Kiguchi T.

  • 7. Development of unexpected severe thrombocytopenia just after initiating lenalidomide: possible involvement of an immunologic mechanism. Int J Myeloma 8(1): 1–3, 2018

    Meguri Y, Kambara Y, Yamamoto A, Masunari T, Sezaki N, Kiguchi T.

  • 8. State-of-the-art treatment of acute promyelocytic leukemia. Rinsho Ketsueki. 2018 59(10):2007-2018.

    Kiguchi T.

  • 9. Speciation of arsenic trioxide penetrates into cerebrospinal fluid in patients with acute promyelocytic leukemia. Leuk Res.;34(3):403-5, 2010

    Kiguchi T, Yoshino Y, Yuan B, Yoshizawa S, Kitahara T, Akahane D, Gotoh M, Kaise T, Toyoda H, Ohyashiki K.

  • 10. Restoration of cardiac function by an iron chelator, deferasirox, in a patient with aplastic anemia and cardiac iron overload. Int J Hematol. 2009 ;89(4):546-8.

    Kiguchi T, Ito Y, Kimura Y, Ohyashiki K.

  • 11. Compliance with taking imatinib mesylate in patients with chronic myeloid leukemia in the chronic phase. Leuk Res. 2009 ;33(3):506-8.

    Kiguchi T, Tauchi T, Ito Y, Miyazawa K, Kimura Y, Ohyashiki K.

  • 12. Isolated erythrocythemia: a distinct entity or a sub-type of polycythemia vera?. Jpn J Clin Oncol. 38(3):230-232 2008.

    Ohyashiki K, Kiguchi T, Ito Y, Gotoh A, Tauchi T, Miyazawa K, Kimura Y, Hisatomi H, Ohyashiki JH.

  • 13. Leukocytosis is linked to thrombosis at diagnosis, while JAK2 V617F mutation is associated with thrombosis during the course of essential thrombocythemia. Int J Hematol. 2008 ;87(4):446-8.

    Ohyashiki K, Kiguchi T, Ito Y, Fujimoto H, Gotoh A, Tauchi T, Miyazawa K, Kimura Y, Ohyashiki JH.

  • 14. Induction of urokinase-type plasminogen activator by the anthracycline antibiotic in human RC-K8 lymphoma and H69 lung carcinoma cells. Int J Cancer. 93(6):792-797, 2001

    Kiguchi T, Niiya K, Shibakura M, Miyazono T, Shinagawa K, Ishimaru F, Kiura K, Ikeda K, Nakata Y, Harada M.

著書

  • 1.医学スーパーラーニングシリーズ 血液内科学 丸善出版 2011年 分担執筆

  • 2. 白血病診療Q & A 一つ上を行く診療の実践 中外医学社 2015年 分担執筆

  • 3. 私の治療 急性前骨髄球性白血病 「日本医事新報」 No.4971 2019年

  • 4. 急性前骨髄球性白血病 「内科」第124巻第4号 南江堂 2019年

  • 5. 高齢者骨髄異形成症候群の治療方針と注意点 「血液内科」 科学評論社,Vol.81-No.2,2020年

  • 6. 目前に控える新たな急性骨髄性白血病治療 「ヘマトロジー2」 クリニコ出版 2020年 分担執筆

  • 7. 急性前骨髄球性白血病に対する治療 「日本臨床」 78巻3号2020年 分担執筆

  • 8. 急性前骨髄球性白血病 「造血器腫瘍学 第2版」 日本臨床,2020年 分担執筆

  • 9. APLの治療(地固め療法)「急性白血病診療テキスト」中外医学社 2020年 分担執筆

  • 10. 急性前骨髄球性白血病 C再発・難治例の治療プロトコール「白血病治療マニュアル 改訂第4版」 南江堂 2020年 分担執筆

  • 11. 急性前骨髄球性白血病(APL)の治療と今後、問題点について 「日本医事新報」 No.5032 2020年

  • 12. 骨髄異形成症候群に対するazacitidine療法の至適化 「血液内科」 科学評論社,Vol.82-No.6,2021年

  • 【総説】1. 骨髄増殖性疾患—今,最も注目される血液疾患の最前線   骨髄増殖性疾患の病態・診断・治療  慢性好酸球性白血病の分子病態と治療  木口亨、大屋敷一馬 カレントテラピー巻:26 号:6 頁:513-516 2008年

  • 【総説】2. 特集 急性骨髄性白血病(AML) -新分類・分子病態・治療- 5. 急性前骨髄球性白血病(APL)の治療選択 木口 亨、廻 勇輔 血液フロンティア Vol.27 No.4 2017 p53-61

学会発表

  • 1. Plenary oral session 第42回日本臨床血液学会総会 3例のI型アンチトロンビン欠損症の遺伝子解析  木口 亨、新谷憲治、藤村欣吾、藤元貴啓、飯島憲司、原田実根 2000. 11. 10(倉敷市民会館)

  • 2. 第80回 日本血液学会学術集会 教育講演  「APL治療の最前線」  大阪国際会議場 2018年10月12日

  • 3. 第81回 日本血液学会学術集会 モーニングセミナー  「急性前骨髄球性白血病の過去と現在、そして未来」  東京国際フォーラム 2019年10月7日

  • 4. 第82回 日本血液学会学術集会 ランチョンセミナー  「MDS、それは特異な“がん” -あまり知られていない病態から最新の治療まで-」  京都国際会議場 2020年11日

  • 5. 第83回 日本血液学会学術集会 教育講演  「AMLの維持療法(移植後も含めて)」 仙台国際センター 2021年9月23日

  • 6. American Society of Hematology 61st ASH annual meeting 2019 Oral type Title: Prospective Comparison of Azacitidine Treatment between 7-Day and 5-Day Schedules for Patients with Higher-Risk Myelodysplastic Syndromes; Results of Japan Adult Leukemia Study Group MDS212 Trial Toru Kiguchi, Shinya Sato, Kensuke Usuki, Ken Ishiyama, Yoshikazu Ito, Takahiro Suzuki, Jun Taguchi, Shigeru Chiba, Nobuaki Dobashi, Akihiro Tomita, Hironori Harada, Hiroshi Handa, Shigeo Horiike, Tomoya Maeda, Mitsuhiro Matsuda, Motoshi Ichikawa, Tomoko Hata, Sumihisa Honda, Satoshi Iyama, Hitoshi Suzushima, Yukiyoshi Moriuchi, Toshiro Kurokawa, Takahiro Yamauchi, Hitoshi Kiyoi, Tomoki Naoe and Yasushi Miyazaki; on behalf of Japan Adult Leukemia Study Group

  • 7. 日本癌治療学会 第58回 日本癌治療学会学術集会 臓器別シンポジウム 「急性前骨髄球性白血病、それは“がん”のパイオニア」  京都国際会議場 2020年10月24日

  • 8. 第39回 日本造血細胞移植学会総会 ランチョンセミナー11「新規治療薬を用いた多発性骨髄腫の治療戦略」    くにびきメッセ 2017年3月14日

その他

  • 【テレビ出演】テレビ派 広島テレビ 2015.4.7

  • 【テレビ出演】テレビ医学監修 爆報!THEフライデー TBS放送 2017.9.15

  • 【ラジオ出演】健康テラス エフエム福山 2013.11.7

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。