きゅうせいこつずいせいはっけつびょう

急性骨髄性白血病

血液

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

急性骨髄性白血病は血液のがんです。急性とは、急激に発症し進行するという意味です。血液にはさまざまな細胞が含まれ、骨髄で主に作られます。急性骨髄性白血病では、骨髄の中で白血病細胞(がん細胞)が異常に増殖し、正常な血液細胞を作ることが難しくなります。そのため、血液細胞が不足し、さまざまな症状が起きます。

血液細胞のひとつである白血球は、大きく骨髄性とリンパ性に分類され、白血病細胞の特徴によって、いくつかの異なるタイプに分けられます。また、白血病細胞は血液の流れにのって体中を巡り、ときには皮膚や骨、内臓などに塊を作ることがあります。

原因

血液にはさまざまな細胞が含まれ、骨の中にある骨髄と呼ばれる場所で主に作られます。骨髄には、骨髄前駆細胞(こつずいぜんくさいぼう)と呼ばれる白血球を作る大本の細胞が存在しています。

急性骨髄性白血病は、細胞の設計図(遺伝子)に傷がつき、この細胞が白血病細胞に変わる(がん化する)ことで発症します。加齢により、白血病にかかわる変異が起こる頻度が有意に増加することが知られています。

症状

急性骨髄性白血病では、白血病細胞が異常に増殖し、正常な血液細胞が不足することでさまざまな症状が起きます。自覚症状としては、いつもより風邪をひきやすい、少し動いただけで息切れする、全身がだるく疲れやすい、めまいがする、鼻血などが出やすいなどがあります。

また、血液細胞は大きく3種類(白血球、赤血球、血小板)に分けられ、不足する血液細胞によって症状は異なります。それぞれが不足した場合に起きる詳細な症状は以下の通りです。

白血球減少

白血球は、ウイルスや細菌といった外敵が体の中に入り込もうとすること(感染症)を防ぐはたらきがあります。そのため、白血球が不足することで感染症にかかりやすくなります。また、肺炎などが重症化することもあります。

赤血球減少

赤血球は体中に酸素を運ぶはたらきがあります。心臓や脳は、赤血球が運んできた酸素を取り込んで動いています。そのため、赤血球が不足すると貧血が起き、心臓や脳がうまくはたらかなくなることがあります。心臓がうまくはたらかないと息切れや足のむくみ、全身のだるさを感じ、脳がうまくはたらかないことで、めまいが起きます。また、進行すると意識を失うことがあります。

血小板減少

血小板は止血するはたらきがあります。これが不足することで、簡単に血が出やすくなったり、止まらなくなったりします。また、頭の中や内臓など、目に見えないところに出血が起こると命にかかわることもあります。

検査・診断

急性骨髄性白血病の検査では、血液に含まれる細胞の数や形などを調べるために血液検査があります。また、血液を作る工場である骨髄の一部をとる骨髄検査もなされます。骨髄検査では、顕微鏡を使って骨髄前駆細胞の状態を詳細に観察し、正常に血液細胞を作っているか、悪性の細胞がいないかどうかをチェックします。また、染色体検査といって、細胞の中の設計図にどのような異常が起きているのかについても調べることもあります。

治療

急性骨髄性白血病の治療は大きく2つの段階に分けられます。

寛解導入療法

最初は寛解導入療法を行います。寛解とは、血液検査上、白血病細胞がいなくなることを意味しています。寛解導入療法では、抗がん剤などの薬物を用いて悪性細胞を退治します。一部のタイプの急性骨髄性白血病(急性前骨髄球性白血病)では、ビタミンAの一種である飲み薬を併用します。

抗がん剤治療で寛解に到達しても体の中に目に見えない微細な白血病細胞が残っています。そのため、再び白血病細胞が増えてくることを防ぐための治療が必要となります。

寛解後療法

目に見えないレベルで体の中に残っている白血病細胞を取り除くため、地固め療法と呼ばれる抗がん剤治療をします。寛解後療法では、地固め療法を繰り返し行っていきます。また、皮膚や骨、内臓に塊を作っている場合は、放射線で白血病細胞を取り除くことがあります。

そのほかに、造血幹細胞移植療法があります。造血幹細胞移植療法は、HLA(組織適合性抗原)という型が一致するドナーから提供された造血幹細胞を移植することで、血液の大本の細胞を入れ替える治療です。寛解導入療法や地固め療法といった治療を行い、病気をよい状態にコントロールしたあとに行うことがあります。