新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

菊名記念病院 乳腺外科 部長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医・QI委員会委員 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本癌治療学会 会員 日本臨床腫瘍学会 会員

井手 佳美 いで よしみ 先生

公開日
2021/10/28

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 乳腺外科
  • 井手先生の乳がんの専門領域
    • 手術
    • 抗がん剤治療
    • ホルモン療法

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本乳癌学会 乳腺専門医・指導医・QI委員会委員
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本癌治療学会 会員
日本臨床腫瘍学会 会員
  • 菊名記念病院 乳腺外科 部長

所属病院

菊名記念病院

  • 内科 アレルギー科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 肝臓内科 内視鏡内科 糖尿病内科 美容皮膚科 総合診療科 病理診断科
  • 神奈川県横浜市港北区菊名4丁目4-27
  • JR横浜線 菊名 東京急行電鉄東横線も利用可  東口 徒歩4分
  • 045-402-7111
公式ウェブサイト
菊名記念病院

医療記事

来歴等

略歴

1996年 浜松医科大学 医学部医学科 入学
2002年 浜松医科大学 医学部医学科 卒業
2002年 浜松医科大学附属病院 第一外科 研修医
2003年 富士宮市立病院 外科 研修医~専攻医(第一外科の人事にて)
2005年 豊橋市立豊橋市民病院 外科(第一外科の人事にて)
2007年 がん研有明病院 乳腺科 シニアレジデント うち1年間、癌研究所 病理部 研修生(第一外科の人事にて)
2010年 浜松医科大学附属病院 第一外科 大学院生~助教
2015年 昭和大学病院 乳腺外科 助教
2019年 昭和大学病院 乳腺外科 講師
2020年 菊名記念病院 乳腺外科
2021年 菊名記念病院 乳腺外科 部長

論文

  • 1. Single cell lipidomics of SKBR-3 breast cancer cells by using time-of-flight secondary-ion mass spectrometry Surface and Interface Analysis, Volume 46, Issue S1, pages 181–184, November 2014

    Yoshimi Ide, Michihiko Waki, Itsuko Ishizaki, Yasuyuki Nagata, Fumiyoshi Yamazaki, Takahiro Hayasaka, Noritaka Masaki, Koji Ikegami, Takeshi Kondo, Kiyoshi Shibata, Hiroyuki Ogura, Noriaki Sanada, and Mitsutoshi Setou

  • 2. Single-cell time-of-flight secondary ion mass spectrometry reveals that human breast cancer stem cells have significantly lower content of palmitoleic acid compared to their counterpart non-stem cancer cells. Biochimie 2014 Dec;107 Pt A:73-7. doi: 10.1016/j.biochi.2014

    Waki M, Ide Y, Ishizaki I, Nagata Y, Masaki N, Sugiyama E, Kurabe N, Nicolaescu D, Yamazaki F, Hayasaka T, Ikegami K, Kondo T, Shibata K, Hiraide T, Taki Y, Ogura H, Shiiya N, Sanada N, Setou M

  • 3. Human breast cancer tissues contain abundant phosphatidylcholine(36∶1) with high stearoyl-CoA desaturase-1 expression. PLoS One. Apr 16;8(4):e61204. 2013

    Ide Y, Waki M, Hayasaka T, Nishio T, Morita Y, Tanaka H, Sasaki T, Koizumi K, Matsunuma R, Hosokawa Y, Ogura H, Shiiya N, Setou M

  • 4. Hepatitis B virus reactivation in adjuvant chemotherapy for breast cancer.  Breast Cancer. 2013 Oct;20(4):367-70. doi: 10.1007/s12282-010-0213-x. Epub 2010 Jul 24.

    Ide Y, Ito Y, Takahashi S, Tokudome N, Kobayashi K, Sugihara T, Hattori M, Yokoyama M, Uchiyama A, Inoue K, Sakurai N, Hatake K

  • 5. Clinicopathological significance of invasive micropapillary carcinoma component in invasive breast carcinoma. Pathol Int. Dec;61(12):731-6. 2011

    Ide Y, Horii R, Osako T, Ogura K, Yoshida R, Iwase T, Akiyama F

  • 6. Frequency of high-risk hormone receptor-positive breast cancer patients was much higher in Japanese breast cancer patients with germline BRCA1/2 mutations than in sporadic breast cancer patients  Breast J. 2021 Feb;27(2):188-190.

    Yoshimi Ide, Lei Liu, Sakiko Miura, Mayuko Inuzuka, Sadako Akashi-Tanaka, Terumasa Sawada, Seigo Nakamura

  • 7. BRCAness as a prognostic indicator in patients with early breast cancer. Scientific reports 10(1) 21173 – 21173, 2020

    Lei Liu, Yuki Matsunaga, Junji Tsurutani, Sadako Akashi-Tanaka, Hiroko Masuda, Yoshimi Ide, Rikako Hashimoto, Mayuko Inuzuka, Chie Watanabe, Kanae Taruno, Terumasa Sawada, Hiromi Okuyama, Arisa Ata, Takashi Kuwayama, Sayuka Nakayama, Yumi Tonouchi, Seigo Nakamura

  • 8. 「乳癌領域におけるNCD登録の活用法 現行と将来展望」 第120回日本外科学会定期学術集会 (7)NCDの10年を振り返る -課題と展望-「特別企画記録」

    井手 佳美, 山内 英子, 渡邊 知映, 中村清吾

  • 9. 「技師の知っておくべき乳癌診断後のストラテジー 技師の知っておくべき乳癌診断後のストラテジー ここを見せてほしい!術前化学療法 前・中・後の乳腺超音波」

    井手佳美、明石定子、沢田晃暢、中村清吾

  • 10. 「術後10年後にリンパ節再発した上行結腸癌の1切除例」 日本臨床外科学会雑誌 (1345-2843)70巻1号 Page146-152(2009.01)

    井手 佳美, 平松 和洋, 吉原 基, 鈴村 潔, 加藤 岳人

  • 11. Innovative use of magnetic resonance imaging-guided focused ultrasound surgery for non-invasive breast cancer: a report of two cases Surgical Case Reports 6, 294, 20020

    Akiko Matsutani, Yoshimi Ide, Masfumi Takimoto, Sadao Amano, Seigo Nakamura

  • 12. Prevalence of disease-causing genes in Japanese patients with BRCA1/2-wildtype hereditary breast and ovarian cancer syndrome 2020 npj Breast Cancer 6:25 ; https://doi.org/10.1038/s41523-020-0163-1

    Tomoko Kaneyasu, Seiichi Mori, Yoshimi Ide, Seigo Nakamura et. al

  • 13. The clinical impact of MRI screening for BRCA mutation carriers: the first report in Japan.  Breast Cancer. 2019 Feb 28. doi: 10.1007/s12282-019-00955-6. [Epub ahead of print]

    Murakami W, Tozaki M, Nakamura S, Ide Y, Inuzuka M, Hirota Y, Murakami K, Takahama N, Ohgiya Y, Gokan T

  • 14. BRCA1/BRCA2 mutations in Japanese women with ductal carcinoma in situ.  Mol Genet Genomic Med. 2019 ;7:e493. doi: 10.1002/mgg3.493.

    Liu Y, Ide Y, Inuzuka M, Tazawa S, Kanada Y, Matsunaga Y, Kuwayama T, Sawada T, Akashi-Tanaka S, Nakamura S

  • 15. A case of Miller Fisher syndrome during preoperative chemotherapy for breast cancer.  Int J Clin Exp Med. 2015 Sep 15;8(9):16914-7. eCollection 2015.

    Taki Y, Ide Y, Tajima S, Hosokawa Y, Matsunuma R, Terada T, Waki M, Ogura H, Shiiya N

  • 16. High-grade breast cancers include both highly sensitive and highly resistant subsets to cytotoxic chemotherapy.  J Cancer Res Clin Oncol. 2010 Sep;136(9):1431-8.

    Osako T, Horii R, Matsuura M, Domoto K, Ide Y, Miyagi Y, Takahashi S, Ito Y, Iwase T, Akiyama F

  • 17. Palmitic acid, verified by lipid profiling using secondary ion mass spectrometry, demonstrates anti-multiple myeloma activity. Leuk Res 2015 Jun;39(6):638-45 doi: 10.1016/j.leukres, 2015

    Nagata Y, Ishizaki I, Waki M, Ide Y, Hossen MA, Ohnishi K, Miyayama T, Setou M

  • 18. Accumulated phosphatidylcholine (16:0/16:1) in human colorectal cancer; possible involvement of LPCAT4. Cancer Sci 2013 Oct;104(10):1295-302

    Kurabe N, Hayasaka T, Ogawa M, Masaki N, Ide Y, Waki M, Nakamura T, Kurachi K, Kahyo T, Shinmura K, Midorikawa Y, Sugiyama Y, Setou M, Sugimura H

  • 19. 術後24年目に下咽頭転移をきたした晩期再発乳癌の1例 日本臨床外科学会雑誌 Vol. 75 (2014) No. 7 p. 1818-1823 2014

    細川優子、小倉廣之、瀧由美子、松沼亮一、井手佳美、椎谷紀彦

著書

  • 1. 井手佳美、明石定子 健診・人間ドック 読み方・進み方ガイドブック~いまさら聞けない改積の基本と対処~ 乳癌検診の現在とこれから 臨床雑誌「内科」118巻3号 2016年9月増大号 p662-665

  • 2. 井手佳美、明石定子 HBOCに対するPARP阻害剤の開発 腫瘍内科、第18巻第3号 2016

  • 3. 乳癌カレントトピックス「NCCN Framework for Resource Stratification of NCCN Guidelines」 CANCER BOARD of the BREAST 2017年2月号(Vol.3 No.1)p48-51 井手佳美、明石定子

  • 4. 【乳癌BOOK 2017】 (第1章)乳癌診断から治療までの最新トピックス(Part 1) 画像診断最新情報 「造影マンモグラフィ」(解説/特集) Rad Fan (1348-3498)15巻8号 Page33-35(2017.06) 井手佳美、明石定子

  • 5. 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)診療の手引き 2017年版 2017年10月25日 発刊 

  • 6. 井手佳美、【乳癌画像診断の課題とこれから】 新しく登場した画像診断モダリティ トモシンセシスと造影マンモグラフィ 日本医事新報 (0385-9215)4901号 Page38-42(2018.03)

  • 7. 井手佳美、【乳癌ゲノム医療最前線-臨床応用はどこまで進んだか】 MammaPrint MINDACT等最新のエビデンスを踏まえて カレントテラピー (0287-8445)35巻9号 Page834-839(2017.09)

  • 8. 井手佳美、 「造影マンモグラフィの臨床応用に向けた現状と将来展望」 INNERVISION 34巻8号 2019年 40-42ページ

その他

  • 1. 若年発症乳癌のサーベイランス法としての造影マンモグラフィーの確立科研費 基盤C 平成28-30年度 代表研究者

  • 2. 2015年~2019年 日本乳癌学会QI委員会 委員

  • 3. 2019年10月20日 朝日こども新聞 朝日おかあさん新聞 「正しく知って、受けよう。乳がん検診」

  • 4. 2020年9月~(任期2年) 日本乳癌学会QI委員会 委員

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。