国立研究開発法人 国立成育医療研究センター病院

この病院の診療科

診療科
  • 内科
  • アレルギー科
  • 血液内科
  • リウマチ科
  • 外科
  • 心療内科
  • 精神科
  • 神経内科
  • 脳神経外科
  • 腎臓内科
  • 心臓血管外科
  • 小児科
  • 小児外科
  • 整形外科
  • 形成外科
  • 皮膚科
  • 泌尿器科
  • 産婦人科
  • 眼科
  • 耳鼻咽喉科
  • リハビリテーション科
  • 放射線科
  • 歯科
  • 矯正歯科
  • 小児歯科
  • 麻酔科
  • 呼吸器内科
  • 循環器内科
  • 消化器内科
  • 免疫科

認定/指定情報

法令による大臣または各都道府県知事承認・指定のあるもの

  • 小児がん拠点病院
  • 小児がん中央機関
  • 総合周産期母子医療センター

この病院の医師

  • 国立成育医療研究センター 教育センター センター長/臨床研究センター 副センター長/臨床研究教育部長(併任)/血液内科診療部長(併任)

    石黒 精先生

    血液学をはじめ多分野に精通している小児医療のスペシャリスト。国立成育医療研究センターの血液内科の診療部長を併任している。また、教育研修センター・センター長として若手医師やメディカルスタッフの育成に力を入れ、臨床研究の教育を重点的に実践している。

  • の受診相談が可能

    国立成育医療研究センター 総合診療部 部長、栃木県先天性代謝異常等検査 アドバイザー

    窪田 満先生

    北海道大学医学部、手稲渓仁会病院、埼玉県立小児医療センターを経て現在は国立成育医療研究センター総合診療部で部長を務める小児科医師であり、先天代謝異常症のエキスパート。日本の小児総合診療を牽引すると共に、若手小児科医の育成にも全力を注ぐ。

  • の受診相談が可能

    国立成育医療研究センター 産科医員

    小川 浩平先生

    年間2000分娩を取り扱う独立行政法人国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター産科医員。一般診療のほか、専門分野である骨盤位や多胎妊娠の専門外来を担当しており、様々なハイリスク妊娠・分娩症例に対応している。また、正確なエビデンスに基づく情報提供ができるよう、疫学研究などにも精力的に取り組んでいる。

  • 国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター 胎児診療科 医長

    和田 誠司先生

    東京慈恵会医科大学を卒業後、神奈川県立厚木病院を経て、現在は国立成育医療研究センターにおいて胎児診療科の医長をつとめている。胎児医療を専門としており、その中でも胎児診断、胎児治療を特に専門としている。

  • 国立成育医療研究センター 器官病態系内科部 消化器科 医員

    竹内 一朗先生

    国立成育医療研究センター 器官病態系内科部 消化器科 医員を務める。患者さんおよびその家族に医療情報を分かりやすく伝えることが、より良い小児医療を実現するために重要であると考えており、「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    久貝 太麻衣先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 周産期・母性診療センター妊娠免疫科医長

    小澤 伸晃先生

    慶應義塾大学を卒業後、国立病院機構東京医療センター産婦人科医長を経て、現在は国立成育医療研究センター周産期・母性診療センター妊娠免疫科で医長を務める。大きな悲しみをもたらす「不育症」も専門として活躍している。

  • の受診相談が可能

    国立成育医療研究センター 周産期・母子診療センター 不育診療科 医長

    三井 真理先生

    高齢出産と定義される女性の妊娠・出産に数多く携わる経験から、女性の体に対する正しい知識と理解の普及につとめる。不育症に対して独立した専門的な診療を行いながら、他科との連携によって妊娠から出産までの強力なサポートを可能にしている。

  • 国立成育医療研究センター病院 周産期・母性診療センター 産科医員

    梅原 永能先生

    東京慈恵会医科大学を卒業後、独立行政法人国立成育医療研究センター病院周産期・母性診療センター産科医員。胎児発育不全(FGR)などを対象とした、周産期医療の専門家。「胎児が無事に産まれ健康に育つために産婦人科医ができることは何か」を考え、胎児発育不全(FGR)管理指針作成のための多施設共同研究にも参画。母児ともに健康であるための医療を提供し続けている。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系レジデント

    村上 瑛梨先生

    国立成育医療研究センター小児医療系レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 免疫アレルギー・感染研究部 上級研究員/生体防御系内科部 アレルギー科 医員(併任)

    野村 伊知郎先生

    子どものアレルギーを専門とし、指定難病であり日本を中心に患者数が増加している新生児-乳児食物蛋白誘発胃腸炎の疾患概念確立、実態把握、診断治療指針作成 に関する研究班にて研究代表者を務めている。嘔吐や血便症状のない新生児食物蛋白誘発胃腸炎を早期に発見し、不可逆的な障害が起こる前に治療介入できるよう、各種診断法の開発に取り組んでいる。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    永井 康貴先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系レジデント

    伊東 藍先生

    国立成育医療研究センター小児医療系レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 肝臓内科医長

    工藤 豊一郎先生

    筑波大学准教授、茨城県立こども病院感染症消化器科部長を経て現在は国立成育医療研究センター肝臓内科医長を務め、小児肝臓病学を専門とする。いまだわが国では歴史の浅い小児肝臓病学の確立と教育に取り組んでいる。

  • 国立成育医療研究センター研究所 分子内分泌研究部臨床内分泌研究室・室長

    鏡 雅代先生

    小児の成長障害、特にインプリンティング異常症の研究を専門としている。

  • 国立成育医療研究センター ライソゾーム病センター センター長 臨床検査部 部長 臨床検査部 検体検査室 室長(併任)

    奥山 虎之先生
  • 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 理事長

    五十嵐 隆先生

    東京大学小児科教授、東京大学医学部附属病院副院長を経て現在は国立成育医療研究センター理事長を務める。日本小児科学会では前会長、現在は監事を務め小児腎臓病学を専門とする。これからの小児科医のあり方についても提唱を行うとともに、後進の教育や日本の小児医療をより良くするためのアウトリーチ活動にも積極的に取り組んでいる。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系レジデント

    西 健太朗先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    室伏 佑香先生
  • 国立成育医療研究センター 救急診療科

    多賀谷 貴史先生

    2003年秋田大学医学部卒。現在は国立成育医療研究センターにて救急診療を務める。小児科と救急科双方の知識と経験、技能を持つ。子どもの救命救急医療をはじめとして、家族や両親が子どもの救命措置を行えるようにBLS(一次救命処置)指導を行う。

  • 国立成育医療研究センター

    田中 俊之先生

    国立成育医療センターレジデント。メディカルノートの成育PJに参画。

  • 国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 感染症科 フェロー

    松井 俊大先生

    小児感染症を専門とする医師。国立成育医療研究センターに勤め、小児感染症の臨床と研究に携わっている。親しみやすい人柄で、子どもやその親御さんからも慕われている。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    井上 健斗先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    水野 貴基先生

    2015年より成育医療研究センター小児系レジデントとして専門研修中。小児医療について幅広い研修を行っている。二人の娘たちの父親でもあり、子どもたちと一緒に寝るのが家での楽しみ。

  • 国立成育医療研究センター病院 生体防御系内科部 免疫科 医長

    小野寺 雅史先生
  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    川井 未知子先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部レジデント

    津村 悠介先生

    国立成育医療研究センター小児医療系総合診療部レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター こころの診療部 フェロー

    多門 裕貴先生

    国立成育医療研究センターこころの診療部フェロー。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

  • 国立成育医療研究センター 小児医療系総合診療部 レジデント

    鈴木 大地先生

    2015年より成育医療研究センター小児系レジデントとして研修中。

  • 国立研究開発法人国立成育医療研究センター 小児医療系レジデント

    金森 啓太先生

    国立成育医療研究センター小児医療系レジデント。「メディカルノート小児科プロジェクト」に参画。

診療受付時間

受付時間

08:30-17:00
  • 8:30~17:00  原則紹介・予約制  科により異なる  臨時休診あり  成育医療(小児・周産期)専門病院

検診プランpowered by

    その他の病院情報

    公式サイトhttps://www.ncchd.go.jp/index.html
    連絡先

    TEL 03-3416-0181

    住所〒157-8535 東京都世田谷区大蔵2丁目10-1 GoogleMapで見る
    アクセス小田急線 成城学園前 南口 バスの利用も可能(所要時間約10分 小田急バス/東急バス 国立成育医療センター前下車 徒歩1分) 車5分
    東急田園都市線 用賀 成城学園前駅行 国立成育医療センター前下車 徒歩1分 バス15分

    この病院の記事

    メディカルノート病院検索サービスに掲載されている各種情報は、弊社が取材した情報のほか、ティーペック株式会社及びマーソ株式会社より提供を受けた情報が含まれております。できる限り正確な情報掲載に努めておりますが、弊社において内容を完全に保証するものではありませんので、受診の際には必ず事前に各医療機関にご連絡のうえご確認いただきますようお願い申し上げます。なお、掲載されている情報に誤りがある場合は、お手数ですが、お問い合わせフォームからご連絡をいただけますようお願いいたします。ご指摘内容の修正・更新につきましても、外部より提供を受けた情報につきましては、弊社においてその対応を保証するものではございません。

    オンライン診療に関するデータは、原則として「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて」に基づく対応を行っている医療機関として厚生労働省のウェブサイトに掲載された情報に準拠していますが、一部、弊社およびMICIN社にてオンライン診療の実施の確認が取れた医療機関につき情報を追加しています。