クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Neck
甲状腺がん
甲状腺に発生するがんには、甲状腺がんと悪性リンパ腫があります。甲状腺がんが90%以上を占め、下記の4つのタイプに分けられます。 乳頭がん 濾胞がん 未分化がん 髄様がん ...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
首

甲状腺がんこうじょうせんがん (別:甲状腺癌)

甲状腺がんの記事にご協力いただいている医師

  • 宮内 昭 先生

    宮内 昭 先生

    医療法人神甲会 隈病院 院長

    甲状腺・副甲状腺疾患の診療・研究に40年以上携わってきた第一人者。特に甲状腺がんの診断と治療を専門とし、この手術にともなう反回神経麻痺に対する頸神経ワナ・反回神経吻合による再建を日本で最初に考案・施行した。また急性化膿性甲状腺炎の原因となる一種の発生異常の存在を世界で初めて発見し、下咽頭梨状窩瘻と名付けた。カルシトニンのダブリングタイム(Ct-DT)が髄様がんの予後因子であることを世界で初めて報告し、最近ではサイログロブリンのダブリングタイム(Tg-DT)が乳頭がんの強力な予後因子であることを見出している。最近、小さい甲状腺乳頭癌が世界的に増加し、その取扱いが問題となっている。宮内の提唱により1993年から隈病院では世界で初めて低リスクの甲状腺微小乳頭癌に対して、非手術経過観察を行っており、大多数の微小癌は進行しないこと、少し進行してもその時点で手術を行えば手遅れとはならないこと、隈病院のような専門病院で手術を行っても、手術群の方が経過観察群より声帯麻痺などの不都合事象が多いことを明らかにした。この成果は2015年版アメリカ甲状腺学会の甲状腺腫瘍取扱いガイドラインに大きく取り上げられた。

  • 西尾 正道 先生

    西尾 正道 先生

    北海道がんセンター名誉院長 北海道医薬専門学校学校長 北海道厚生局臨床研修審査専門員

    札幌医科大学を卒業後、国立病院機構北海道がんセンター(旧名:国立札幌病院・北海道地方がんセンター)放射線科に39年間務め、2013年に同院名誉院長に就任。「市民のためのがん治療の会」を設立させ、常にひとりひとりの患者と向き合ってきた数少ない放射線治療医。また、手術室に入り外科治療と連携した小線源治療も行う。放射線治療を啓発している医師としても名高い。

  • 伊藤 充 先生

    伊藤 充 先生

    神甲会隈病院 内科部長

    香川医科大学医学部を卒業後、大阪医科大学第一内科を経て、現在、甲状腺専門病院である神甲会隈病院内科部長を務める。甲状腺機能低下症における脂質代謝異常、T3優位型バセドウ病、甲状腺全摘術後の甲状腺ホルモンバランスなどを、臨床研究のテーマとしてきた。甲状腺疾患の現状と治療法について詳しく説明し、 患者のニーズに応える診療を心がけている。

甲状腺がんの記事一覧