目

白内障(はくないしょう)

白内障とは

白内障とは、水晶体が混濁することで視力の低下をきたす目の病気です。その原因のほとんどは加齢によるものです。日本においては、加齢に伴う発生頻度の上昇が認められ、70代の方の80%以上が罹患していると考えられており、誰もが発症する可能性のある目の老化現象と捉えることもできます。加齢による白内障の場合、数年単位で徐々に視力が低下したり、ものの見え方が変化していくため症状に気がつかず、ある程度進行してしまってから発見されることも少なくありません。視力の低下が引き起こされる白内障ですが、近視や遠視、乱視などとは異なり、眼鏡やコンタクトレンズでは視力矯正できないことが大きな特徴として挙げられます。しかし、現在ではその治療法が確立され、必要とされる場合には手術を受けることで視力の回復を十分に期待することができます。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③記事④をご参照ください

原因

白内障の原因の90%以上は加齢です。白内障は眼球を構成する組織の中でも、レンズの役割を果たす水晶体という部分が白く濁ることで発症します。水晶体の加齢自体は突然起こるものではなく、実は10代後半から少しずつ始まっているのです。徐々に物を見る力が弱くなり、一般的に30代を過ぎた頃には水晶体が硬くなり、弾力性がなくなってピントの調整が難しくなります。さらに加齢が進むと、レンズ自体がひずみを生じてしまい、乱視、遠視といった屈折の異常が認められます。ここからさらに症状が進行し、水晶体がますます硬くなった後、最終的に白濁した状態になると「白内障」として診断されます。

この他、長期にわたってリウマチ、ぜんそく、膠原病などにより副腎皮質ホルモン(ステロイド)を服用している場合にも、白内障発症のリスクがあります。また、糖尿病の方、がん治療などで多量の放射線を受けた方も、白内障発症のリスクが高いといわれています。アトピー性皮膚炎は、10~20歳代の若年性白内障の原因として最も多いことが知られています。

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

白内障手術が原因で後発白内障になることも

ごくまれに、眼内レンズを包んでいる嚢に濁りが生じる、「後発白内障」を術後数年で発症することがあります。眼内レンズを移植するために残した水晶体を包んでいる透明なカプセルと眼内レンズの間に、水晶体の細胞が増殖して濁りをつくる病態です。

詳細:https://medicalnote.jp/contents/160404-019-NY 

種類

皮質白内障

水晶体周辺部のやわらかい部分、つまり皮質が濁る白内障。水晶体の端の方から楔状に濁りが生じます。「白内障」と診断される多くの場合がこの皮質白内障であることが多いのですが、周辺部に濁りがあっても、光の通り道(瞳孔領)に掛からない限りは、まったく症候は現れません。進行はゆっくりで、濁りが中心部に達するまでには何年も要します。

核白内障

水晶体の中央部、つまり核の部分が硬くなって均一に濁る白内障。水晶体の中央から濁りが生じ、黄色っぽい濁りから茶色い濁りに変化していきます。近視がどんどん進みます。もともと近視の強い方や、紫外線の強い地域である中近東、東南アジア、赤道直下の日差しの強い国の方たちに発症しやすい傾向があります。最近では、近視を治す手術、レーシックを受けた方に多いという報告があります。進行した白内障は術中合併症の原因にもなるので、矯正視力がよくても、早めに治療するのが望ましいと言えます。

後嚢下白内障

水晶体を包んでいる袋(囊)の後ろの部分が濁る白内障。中心部からすりガラス状の濁りが生じます。光の通り道にあたる中心部が濁るため、初期のうちから症状が現れることが多く、視力低下の進行が早いのが特徴です。

前嚢下白内障

囊の前の部分の中央が強く濁る白内障。30代後半から40代にかけての若年性白内障によくみられます。瞳の中心部に濁りが掛かるため、明るい所で瞳が小さくなると、視界が真っ白になって強い視力障害をきたします。濁りが小さい初期の段階では、瞳が大きくなる暗所でみやすいという現象が起こります。

 より詳しい情報は、こちらをご参照ください

症状

初期症状

人の加齢はゆっくりと起こるものですから、白内障も突然発症したり急激に進行したりする病気ではありません。
水晶体の加齢自体は10代後半から始まります。少しずつゆっくりと物を見る力が弱くなっていき、一般的に30代を過ぎたころにははっきりと「老眼」として自覚症状が現れはじめます(ここでいう老眼とは、水晶体が硬くなり、かつ弾力性がなくなってピント調整が困難になることを指します)。
さらに加齢が進行するとやがてレンズ自体がひずみを生じてしまい、乱視や遠視といった屈折の異常を発症します。40代以降になってから眼鏡(老眼鏡)を頻繁に替える方が多いのはこのためです。
ただし、屈折異常の時点でははっきりと物が見える状態ですから白内障ではありません。さらに症状が進行して水晶体が益々硬くなり、最終的に白濁した状態になると「白内障」という病気として診断されます。
このように考えると、白内障は加齢現象の最終到達点であるということができます。

詳細:https://medicalnote.jp/contents/160608-006-NP

目の見え方

白内障発症時の目の見え方は、患者さんの水晶体の濁り方によって異なります。水晶体全体に混濁がある場合には、視界全体がぼやける、かすむといった症状が認められます。水晶体の中心のみに混濁が認められる場合には、屈折異常が起こることが多く、近くのものばかりが見えるようになります(近視化)。屈折異常により眼球内で光が散乱してしまうため、明るい場所や逆光になるとまぶしさを感じて対象物が見えにくくなります。また、対象物が二重に見えてしまうこともあります。この他、色の区別がつきにくい、暗くなるとものが見えにくいといった症状などが挙げられます。

より詳しい情報は、記事①記事②をご参照ください

緑内障の併発

白内障を放置していても、多くの方は視力障害により「生活が不便になる」だけです。しかし、全白内障のうち約1割の方は緑内障を併発し、それが原因で失明に至ることもあります。

詳細:https://medicalnote.jp/contents/161111-001-FZ 

検査・診断

白内障の診断にあたっては網羅的な検査を行い、視力低下の症状が近視や遠視、乱視といった他の屈折異常によるものではないか、また他の眼疾患を合併していないかを確認することが重要です。白内障は加齢に伴って発症する一般的な病気であることから、実際には他の病気が原因であっても白内障であると誤解されてしまうことがあります。その一方、白内障と診断された場合にも、他の眼疾患が合併している可能性も考えられ、認められる症状が本当に白内障だけによるものなのか精査する必要があります。具体的に実施される検査としては、視力検査、屈折検査、眼圧検査、眼底検査(散瞳)、細隙灯顕微鏡検査、角膜内皮細胞検査、色覚検査などが挙げられます。

より詳しい情報は、こちらをご参照ください

治療

白内障の治療には薬物療法と手術があります。

目薬や内服薬によって進行を予防

点眼薬や内服薬での治療は、残念ながら水晶体の濁りを改善し視力を回復させることはできません。病気の進行を予防し、経過を観察するに留まります。しかし、白内障は手術によって視力を回復させることが可能な病気です。

手術によって視力の回復が可能

白内障の症状が日常生活を送る上で不便であると感じたときには、手術により視力の回復を期待することができます。白内障の手術は、その手術方法、所要時間、患者さんの負担など、さまざまな点において飛躍的な進歩を遂げ、現在では数分の手術時間でその日のうちに帰宅できるほどになっています。現在主流となっている「超音波乳化吸引術」という方法では、数ミリのごく小さな傷口から超音波で砕いた水晶体を取り除き、そのかわりに「眼内レンズ」という人工の水晶体を挿入します。眼内レンズは半永久的に使用できるため、原則的には1回の手術で済みます。眼内レンズには、色や素材、つくりに応じてさまざな種類が存在します。患者さんの目の状態や術後の生活を考慮して適切なものを選択することが、白内障の手術では重要になります。

手術費用

保険適用のトーリック眼内レンズを選べば、検査から手術まですべて保険診療内で受けられますので、費用は片眼で約5万円ほどとなります。片眼であれば、通院で手術を受けられるため、入院の必要もありません。

多焦点レンズを選ぶと保険からは外れるため、費用にばらつきが生じます。一概にはいえませんが、片眼でおよそ30~50万円といったところなのではないでしょうか。

詳細:https://medicalnote.jp/contents/161111-001-FZ

手術後

現代の白内障手術では、術後永遠に視力を提供することが可能です。そのため、単純に白濁した水晶体を摘出するだけではなく、人工水晶体によって近視や遠視、乱視などの屈折異常を同時に治療する屈折矯正手術の意味合いが強まってきています

詳細:https://medicalnote.jp/contents/160608-007-SZ

より詳しい情報は、記事①記事②記事③記事④記事⑤記事⑥記事⑦をご参照ください

予防

白内障の予防薬として、日本ではカタリン®という点眼液が認可されています。しかし、これは日本独自で認可された薬であり、世界的な観点からみると白内障の予防薬は存在しません。
繰り返しになりますが、白内障は加齢現象の一種といえます。加齢を食い止める薬が無いのと同様、白内障を予防する薬もないのが現状です。

詳細:https://medicalnote.jp/contents/160608-006-NP 

白内障の記事を読む

もっとみる

白内障の記事にご協力いただいている医師