S414x320 2cf28220 595e 4ad9 ae46 71c7532c5225

タイアップ

公開日 : 2017 年 01 月 16 日
更新日 : 2017 年 10 月 19 日

肩の脱臼の手術:肩の強度をより高める関節鏡視下バンカート&ブリストウ法とは?

目次

肩を脱臼してしまった場合、患者さんが抱える症状やライフスタイルによっては「手術」が必要になります。肩の手術手法は実にたくさんの種類がありますが、現在ではより負担の少ない、効果の高い手術法に集約されてきました。日本でも世界でもスタンダードな手術法となった「関節鏡視下バンカート法」、そして、より高い肩強度が実現できることで注目されている「関節鏡視下バンカート&ブリストウ法」の第一人者である麻生総合病院 スポーツ整形外科部長 鈴木一秀先生にお話を伺いました。

 

肩の痛み、肩の脱臼についてはこちらの記事をご覧ください。

記事1『肩の痛みは自然に治るの?症状の種類と対処法・治療方法・重症度を紹介』

記事2『激しい痛みを伴う「肩関節の脱臼」をレントゲン写真でみる』

関節鏡視下バンカート法とは?

関節鏡視下バンカート法による治療

記事2「なぜ肩の脱臼は癖になってしまうのか?」でご紹介したように、肩の脱臼をおこしたとき、関節受け皿の周りにある軟骨(関節唇)がはがれてしまう「バンカート損傷」を起こし、肩関節の安定性が低下しています。この損傷を治していく方法が「バンカート法」です。上記のイラストのように、はがれてしまった関節唇を縫って修復していきます。この手術を行うことで、肩の強度を元の状態まで戻すことができ、繰り返す脱臼を治すことに繋がります。

この手術は、15年ほど前まで、メスを入れて、肩を開いて行われていました。しかし近年、肩周辺にいくつかの小さな傷だけで手術ができる「関節鏡視下バンカート法」が広まってきました。この方法は関節鏡とよばれる小さなカメラと、細かい手術器具を使って手術を行う方法です。この手術は1cm程度の小さな傷2-3ヵ所だけで行える低侵襲が最大のメリットです。近年では日本でも世界においても、この方法が標準的な手術療法として扱われるようになってきました。

鏡視下バンカート法術後縫合創

記事のトップへ

関節鏡視下バンカート&ブリストウ法とは?

バンカート法で関節唇を修復すると数か月後には正常肩と同等の強度に回復するため、肩脱臼の治療としては非常に一般的です。しかし、バンカート法の場合、術後にまた初回脱臼と同じような強い外力が加われば、再び脱臼をおこしてしまいます。

例えば、コンタクトスポーツ選手など、術後も強い外力が加わる環境にいる方には、バンカート法では十分とは言えません。そこで、肩の関節外で前方の筋肉を補強することで関節が外れないようにしよう、というコンセプトのもと生まれた手術方法が「ブリストウ法」です。

そして、バンカート法とブリストウ法を関節鏡視下に同時に行う手術を「関節鏡視下バンカート&ブリストウ法」といいます。

記事のトップへ

肩関節脱臼のページへ

関連記事