新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

キーンベック病の治療-手術や薬剤治療のうち、根本的治療とは?

キーンベック病の治療-手術や薬剤治療のうち、根本的治療とは?
岩崎 倫政 先生

北海道大学大学院医学研究院機能再生医学分野整形外科学教室 教授

岩崎 倫政 先生

キーンベック病は、月状骨(げつじょうこつ)という手首の骨が、血行不全により壊死し、つぶれることで手首の痛みなどの症状が現れる疾患です。

治療の選択肢には、主に手術と、薬剤や装具による保存的療法による治療があるそうですが、それぞれの治療にはどのような効果が期待できるのでしょうか。

北海道大学の教授である岩崎 倫政先生は、整形外科医として、キーンベック病の治療に携わっていらっしゃいます。今回は、同大学の岩崎 倫政先生に、キーンベック病の治療についてお伺いしました。

キーンベック病の症状や診断については記事1『手首に痛みが生じるキーンベック病とは?』をご覧ください。

キーンベック病の治療には、主に薬剤や装具などを用いた保存的療法による治療と手術があります。このうち、キーンベック病の根本的治療は手術です。そのため、外来を受診される患者さんの大部分には手術が適応されるでしょう。

しかし、若年者の初期の病変、高齢であるために手術の適応が難しい患者さんや、すぐに手術をすることが難しい状態であると、保存的療法による治療が適応されます。保存的療法の適応は、基本的に根本的な治療にはなりませんが、治癒能力が高い疾患初期の若い方であれば、治療によって治ることもまれにあるでしょう。

薬

保存的療法とは、主に薬剤の使用や装具の着用による治療を指します。薬剤治療は、主に消炎鎮痛剤の服用や湿布によって症状を抑える治療です。また、シーネや装具によって固定をして痛みの生じる部位の安静をはかり、症状を抑える治療を行うケースもあるでしょう。

キーンベック病に適応される手術には、主に以下のような方法があります。どの方法を適応するかは、患者さんの状態により決定されます。

手術

血液を送り込み元の骨に完全に戻す、再血行化(さいけっこうか)の手術が適応となることがあります。一般的には、月状骨にかかる余分なストレスをとり除き、治ることを期待して適応される除圧術と呼ばれる手術が適応されるケースが多いです。

さらに、疾患が進行し骨が完全につぶれ元に戻らないような状態であれば、手術によって月状骨をとってしまうケースや、動きをとめてしまう固定術が適応されるケースもあるでしょう。

これらの手術法は単独で適応されることもありますが、いくつかの方法を組み合わせて適応されることもあります。

月状骨をとってしまうと他の骨に負担がかかってしまうため、月状骨は可能な限りとらないほうがよいといわれています。そのため、適応されることが最も多いものは、月状骨を残した上で、骨に力をかけないようにする手術です。

月状骨を残し、少しでも元の状態に戻したうえで、それ以上の進行を防ぐことが原則になります。しかし、骨がつぶれて元に戻らないという場合には、月状骨をとる手術が適応されるでしょう。

キーンベック病の再発は、ほぼありません。特に、手術をした患者さんであれば、普段通りに生活をしていただいても再発の可能性は低いといえるでしょう。しかし、手の使いすぎには十分に注意していただきたいと思っています。

元気に社会生活を送る若い男性

記事1『手首に痛みが生じるキーンベック病とは?』でもお話ししましたが、手首の痛みが1か月程度継続するようであれば、早めに病院を受診していただきたいと思います。一般的に、少しくらい手首に痛みを感じることがあっても、放置してしまう方もいるでしょう。もちろん、キーンベック病が原因であるとは限りませんが、早期発見によって重症化を防ぐためには、早めの受診をおすすめします。

キーンベック病の手術法は多岐にわたるため、どの方法を適応するかは、専門知識をもつ医師でなければ判断できないケースもあります。このため、キーンベック病の治療を受ける際には、手関節の疾患を専門とする医師を選ぶとよいでしょう。

 

受診について相談する
  • 北海道大学 大学院医学研究院機能再生医学分野整形外科学教室 教授

    岩崎 倫政 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「キーンベック病」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。