新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

北海道大学 大学院医学研究院機能再生医学分野整形外科学教室 教授

日本整形外科学会 整形外科専門医 日本手外科学会 手外科専門医

岩崎 倫政 いわさき のりまさ 先生

1988年より整形外科医師としてキャリアをはじめる。2012年には北海道大学大学院医学研究科機能再生医学講座整形外科学分野 教授に就任。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 上肢の外科

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医
日本手外科学会 手外科専門医
  • 北海道大学 大学院医学研究院機能再生医学分野整形外科学教室 教授
  • 医学博士 取得
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本手外科学会 代議員
  • 日本体育協会 公認スポーツドクター

所属病院

北海道大学病院

  • 内科Ⅰ 内科Ⅱ 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 北海道札幌市北区北十四条西5丁目
  • 札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」 徒歩6分 JR函館本線(小樽~旭川)「札幌駅」 徒歩15分
  • 011-716-1161
北海道大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 旭川医科大学卒業
1998年 北海道大学大学院卒業 医学博士取得
2000年 北海道大学大学院医学研究科運動器再建医学分野 助手
2004年 北海道大学病院整形外科 講師
2010年 北海道大学大学院医学研究科機能再生医学講座整形外科学分野 准教授
2012年 北海道大学大学院医学研究科機能再生医学講座整形外科学分野 教授

論文

Iwasaki N, Genda E, Barrance PJ, Minami A, Kaneda K, Chao EY: Biomechanical analysis of limited intercarpal fusion for the treatment of Kienböck's disease: a three-dimensional theoretical study. J Orthop Res. 16:256-263, 1998

Iwasaki N, Genda E, Minami A, Kaneda K, Chao EY: Force transmission through the wrist joint in Kienböck's disease: a two-dimensional theoretical study. J Hand Surg. 23A:415-424, 1998

Iwasaki N, Minami A, Oizumi N, Suenaga N, Kato H, Minami M: Radial osteotomies for the advanced stages of Kienböck’s disease –Wedge osteotomy versus radial shortening. J Bone Joint Surg. 84B:673-677, 2002

Iwasaki N, Minami A, Oizumi N, Yamane S, Suenaga N, Kato H: Predictors of clinical results of radial osteotomies for Kienböck’s disease. Clin Orthop Relat Res. 415:157-162, 2003

Iwasaki N, Minami A, Ishikawa J, Kato H, Minami M: Radial osteotomies for teenage patients with Kienböck’s disease. Clin Orthop Relat Res. 439:116-122, 2005

著書

手関節・肘関節鏡下手術―肘関節の診察手技― スキル関節鏡下手術アトラス、 文光堂、2011

三角線維軟骨複合体損傷 鏡視下縫合術 整形外科手術イラストレイテッド7巻「手関節・手指の手術」、中山書店, 2012

Kienbock病の診断・治療指針 運動器診療最新ガイドライン「手・手関節の疾患」総合医学社, 2012

離断性骨軟骨炎(上腕骨小頭)モザイクプラスティー 肘関節手術のすべて、Medical View, 2015

末梢神経損傷 標準整形外科学 医学書院、東京, 2016

その他

  • 【受賞】 日本米国手外科学会Traveling Fellow 2006年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。