平野 聡 先生のプロフィール

平野 聡 先生

ひらの さとし

平野 聡 先生

北海道大学大学院医学研究科外科学講座 消化器外科学分野Ⅱ 教授、北海道大学病院 消化器外科Ⅱ 科長

専門分野

肝胆膵外科

紹介

1988年北海道大学医学部卒業。外科医として複数の病院にて経験を積み、1998年には医学博士学位を取得。肝胆膵外科を専門分野とし、北海道大学病院で膵臓がんを担当する消化器外科IIの科長(教授)として、「患者は家族」をモットーに日々高度な手術治療を行っている。

略歴

1988年 北海道大学医学部医学科卒業
1988年 栗山赤十字病院 外科
1989年 倶知安厚生病院 外科
1990年 伊達赤十字病院 外科
1991年 北海道大学医学部附属病院第二外科
1992年 恵佑会札幌病院 外科
1994年 函館中央病院 外科
1998年 北海道大学医学部附属病院第二外科
1998年 医学博士学位取得(北海道大学)
2000年 北海道大学医学部附属病院第二外科 助手
2003年 北海道大学医学部附属病院第二外科 講師
2005年 北海道大学医学研究科腫瘍外科学分野 助教授
2005年 英国セント・ジェームス大学病院リーズ 肝胆膵・移植外科
2007年 北海道大学医学研究科腫瘍外科学分野 准教授
2008年 北海道大学病院 診療教授(第二外科)
2011年 北海道大学大学院医学研究科外科学講座 消化器外科学分野Ⅱ 教授

所属学会・資格・役職など

日本外科学会指導医・専門医・理事
日本消化器外科学会指導医・専門医・評議員
日本消化器病学会指導医・専門医
日本肝胆膵外科学会評議員・高度技能指導医
日本胆道学会理事・評議員・認定指導医
日本臨床外科学会評議員
インフェクションコントロールドクター
消化器がん外科治療認定医
がん治療暫定教育医

受賞・著書・論文など

【論文】(2016年分、膵癌関連のみ)
1: Kitayama H, Tsuji Y, Kondo T, Sugiyama J, Hirayama M, Yamamoto K, Kawarada Y, Oyamada Y, Hirano S. Conversion therapy for pancreatic cancer with peritoneal
metastases using intravenous and intraperitoneal paclitaxel with S-1. Mol Clin
Oncol. 2016; 5(6): 779-782.

2: Tsuchikawa T, Takeuchi S, Nakamura T, Shichinohe T, Hirano S. Clinical impact of chemotherapy to improve tumor microenvironment of pancreatic cancer. World J Gastrointest Oncol. 2016; 8(11):786-792.

3: Nitta T, Nakamura T, Mitsuhashi T, Asano T, Okamura K, Tsuchikawa T, Tamoto E, Murakami S, Noji T, K

【論文】(2016年分、膵癌関連のみ)
1: Kitayama H, Tsuji Y, Kondo T, Sugiyama J, Hirayama M, Yamamoto K, Kawarada Y, Oyamada Y, Hirano S. Conversion therapy for pancreatic cancer with peritoneal
metastases using intravenous and intraperitoneal paclitaxel with S-1. Mol Clin
Oncol. 2016; 5(6): 779-782.

2: Tsuchikawa T, Takeuchi S, Nakamura T, Shichinohe T, Hirano S. Clinical impact of chemotherapy to improve tumor microenvironment of pancreatic cancer. World J Gastrointest Oncol. 2016; 8(11):786-792.

3: Nitta T, Nakamura T, Mitsuhashi T, Asano T, Okamura K, Tsuchikawa T, Tamoto E, Murakami S, Noji T, Kurashima Y, Ebihara Y, Nakanishi Y, Shichinohe T, Hirano S. The impact of margin status determined by the one-millimeter rule on tumor recurrence and survival following pancreaticoduodenectomy for pancreatic ductal adenocarcinoma. Surg Today. 2017; 47(4): 490-497.

4: Jang JY, Park T, Lee S, Kim Y, Lee SY, Kim SW, Kim SC, Song KB, Yamamoto M, Hatori T, Hirono S, Satoi S, Fujii T, Hirano S, Hashimoto Y, Shimizu Y, Choi DW, Choi SH, Heo JS, Motoi F, Matsumoto I, Lee WJ, Kang CM, Han HS, Yoon YS, Sho M, Nagano H, Honda G, Kim SG, Yu HC, Chung JC, Nagakawa Y, Seo HI, Yamaue H. Proposed Nomogram Predicting the Individual Risk of Malignancy in the Patients With Branch Duct Type Intraductal Papillary Mucinous Neoplasms of the Pancreas. Ann Surg. 2016 Sep 6. [Epub ahead of print]

5: Nakamura T, Hirano S, Noji T, Asano T, Okamura K, Tsuchikawa T, Murakami S, Kurashima Y, Ebihara Y, Nakanishi Y, Tanaka K, Shichinohe T. Distal Pancreatectomy with en Bloc Celiac Axis Resection (Modified Appleby Procedure) for Locally Advanced Pancreatic Body Cancer: A Single-Center Review of 80 Consecutive Patients. Ann Surg Oncol. 2016; 23 (Suppl 5): 969-975.

6: Nakamura T, Katagiri T, Sato S, Kushibiki T, Hontani K, Tsuchikawa T, Hirano S, Nakamura Y. Overexpression of C16orf74 is involved in aggressive pancreatic cancers. Oncotarget. 2016 [Epub ahead of print]

7: Teramura K, Noji T, Nakamura T, Asano T, Tanaka K, Nakanishi Y, Tsuchikawa T, Okamura K, Shichinohe T, Hirano S. Preoperative diagnosis of portal vein invasion in pancreatic head cancer: appropriate indications for concomitant portal vein resection. J Hepatobiliary Pancreat Sci. 2016; 23(10): 643-649.

8: Uesaka K, Boku N, Fukutomi A, Okamura Y, Konishi M, Matsumoto I, Kaneoka Y, Shimizu Y, Nakamori S, Sakamoto H, Morinaga S, Kainuma O, Imai K, Sata N, Hishinuma S, Ojima H, Yamaguchi R, Hirano S, Sudo T, Ohashi Y; JASPAC 01 Study Group. Adjuvant chemotherapy of S-1 versus gemcitabine for resected pancreatic cancer: a phase 3, open-label, randomised, non-inferiority trial (JASPAC 01). Lancet. 2016; 388 (10041): 248-257.

9: Sato D, Tsuchikawa T, Mitsuhashi T, Hatanaka Y, Marukawa K, Morooka A, Nakamura T, Shichinohe T, Matsuno Y, Hirano S. Stromal Palladin Expression Is an Independent Prognostic Factor in Pancreatic Ductal Adenocarcinoma. PLoS One. 2016; 11 (3):e0152523.

【論文(和文)】
1. 平野 聡, 岡村 圭祐, 土川 貴裕, 中村 透, 田本 英司, 野路 武寛, 七戸 俊明.膵癌の診断と治療2016~2018,膵癌の外科治療,膵体尾部切除術.コンセンサス癌治.2016;114 (2):80-84.

2. 浅野 賢道, 平野 聡, 中村 透, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明.膵切除・膵再建を再考する,膵全摘術.手術.2016; 70 (7) : 893-899

3. 中村 透, 平野 聡, 浅野 賢道, 中西 喜嗣, 田中 公貴, 倉島 庸, 海老原 裕磨, 村上 壮一, 野路 武寛, 土川 貴裕, 岡村 圭祐, 七戸 俊明.膵癌血管浸潤例の外科切除適応と治療ストラテジー:Up to date 2016,血管合併切除を伴う外科切除手技のポイント,腹腔動脈浸潤を示す膵体尾部癌の外科切除術式.胆と膵.2016; 37 (7): 629-633.

続きを見る

平野 聡先生 の所属する医療機関

北海道大学病院

TEL: 011-716-1161

北海道大学病院

北海道札幌市北区北十四条西5丁目

地下鉄南北線「北12条駅」 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30~12:00 紹介予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

平野 聡 先生 の記事