新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

北海道大学 大学院医学研究院内科学講座

日本内科学会 認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本糖尿病学会 糖尿病専門医

辻野 一三 つじの いちぞう 先生

1990年に北海道大学医学部卒業後、北海道大学病院 内科I(第一内科) 助手を務め、2005年には米国Stanford大学留学。帰国後、北海道大学病院 内科I(第一内科) 講師を経て、2015年北海道大学大学院内科学講座 特任教授に任命される。肺高血圧症以外にも糖尿病や内科一般の診療にも注力し、一人一人の患者様にベストの診療を提供できるよう日々診療に全力を尽くす。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器内科

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本糖尿病学会 糖尿病専門医
  • 北海道大学 大学院医学研究院内科学講座
  • 医学博士 取得(北海道大学)
  • 日本循環器学会 支部評議員
  • 日本呼吸器学会 会員
  • 日本肺高血圧学会 評議員
  • 日本心血管インターベンション学会 会員

所属病院

北海道大学病院

  • 内科Ⅰ 内科Ⅱ 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 北海道札幌市北区北十四条西5丁目
  • 札幌市営地下鉄南北線「北12条駅」 徒歩6分 JR函館本線(小樽~旭川)「札幌駅」 徒歩15分
  • 011-716-1161
北海道大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1990年 北海道大学医学部 卒業
北海道大学医学部附属病院 第一内科 医員
帯広厚生病院など道内基幹病院 内科 医師
1997年 北海道大学医学部附属病院 第一内科 医員
2000年 北海道社会保険中央病院 循環器科 医師
2001年 北海道大学医学部附属病院 第一内科 医員
2002年 北海道大学医学部附属病院 第一内科 助手
 (2003年10月1日に北海道大学病院に配置換)
2005年 米国スタンフォード大学 Cardiovascular Core Analysis Laboratory Research fellow
2007年 北海道大学病院 第一内科 助教
北海道大学病院 第一内科 講師
2012年 北海道大学病院 内科I 診療准教授
2015年 北海道大学大学院 医学研究科 内科学講座 特任教授
現在に至る

論文

1: Sato T, Ohira H, Tsujino I. Representative Chest Auscultation Findings in
Pulmonary Hypertension: Phonocardiograms and Sound Clips. Ann Am Thorac Soc. 2017
May;14(5):e1-e3. doi: 10.1513/AnnalsATS.201612-1031LE. PubMed PMID: 28253449.

2: Sato T, Tsujino I, Sugimoto A, Nakaya T, Watanabe T, Ohira H, Suzuki M, Konno
S, Oyama-Manabe N, Nishimura M. The effects of pulmonary vasodilating agents on
right ventricular parameters in severe group 3 pulmonary hypertension: a pilot
study. Pulm Circ. 2016 Dec;6(4):524-531. doi: 10.1086/688712. PubMed PMID:
28090294; PubMed Central PMCID: PMC5210053.

3: Noguchi A, Kato M, Kono M, Ohmura K, Ohira H, Tsujino I, Oyama-Manabe N, Oku
K, Bohgaki T, Horita T, Yasuda S, Nishimura M, Atsumi T. Bi-ventricular interplay
in patients with systemic sclerosis-associated pulmonary arterial hypertension:
Detection by cardiac magnetic resonance. Mod Rheumatol. 2017 May;27(3):481-488.
doi: 10.1080/14397595.2016.1218597. Epub 2016 Aug 18. PubMed PMID: 27535805.

4: Tanabe N, Taniguchi H, Tsujino I, Sakamaki F, Emoto N, Kimura H, Takamura K,
Hanaoka M, Nishimura M, Tatsumi K; JRS Lung Disease PH Study Group..
Multi-institutional retrospective cohort study of patients with severe pulmonary
hypertension associated with respiratory diseases. Respirology. 2015
Jul;20(5):805-12. doi: 10.1111/resp.12530. Epub 2015 Mar 31. PubMed PMID:
25828844.

5: Sato T, Tsujino I, Ohira H, Oyama-Manabe N, Ito YM, Yamada A, Ikeda D,
Watanabe T, Nishimura M. Right atrial volume and reservoir function are novel
independent predictors of clinical worsening in patients with pulmonary
hypertension. J Heart Lung Transplant. 2015 Mar;34(3):414-23. doi:
10.1016/j.healun.2015.01.984. Epub 2015 Feb 7. PubMed PMID: 25813768.

6: Yamashita Y, Tsujino I, Sato T, Yamada A, Watanabe T, Ohira H, Nishimura M.
Hemodynamic effects of ambrisentan-tadalafil combination therapy on progressive
portopulmonary hypertension. World J Hepatol. 2014 Nov 27;6(11):825-9. doi:
10.4254/wjh.v6.i11.825. PubMed PMID: 25429321; PubMed Central PMCID: PMC4243157.

7: Yoshida T, Konno S, Tsujino I, Sato T, Ohira H, Chen F, Date H, Ishizu A, Haga
H, Tanino M, Nishimura M. Severe pulmonary hypertension in adult pulmonary
Langerhans cell histiocytosis: the effect of sildenafil as a bridge to lung
transplantation. Intern Med. 2014;53(17):1985-90. Epub 2014 Sep 1. PubMed PMID:
25175135.

8: Tanabe N, Taniguchi H, Tsujino I, Sakamaki F, Emoto N, Kimura H, Miyaji K,
Takamura K, Hayashi S, Hanaoka M, Tatsumi K; Japanese Respiratory Society Lung
Disease Pulmonary Hypertension Study Group.. Current trends in the management of
pulmonary hypertension associated with respiratory disease in institutions
approved by the Japanese Respiratory Society. Respir Investig. 2014
May;52(3):167-72. doi: 10.1016/j.resinv.2013.11.003. Epub 2013 Dec 18. PubMed
PMID: 24853016.

9: Sato T, Tsujino I, Oyama-Manabe N, Ohira H, Ito YM, Sugimori H, Yamada A,
Takashina C, Watanabe T, Nishimura M. Simple prediction of right ventricular
ejection fraction using tricuspid annular plane systolic excursion in pulmonary
hypertension. Int J Cardiovasc Imaging. 2013 Dec;29(8):1799-805. doi:
10.1007/s10554-013-0286-7. Epub 2013 Sep 4. PubMed PMID: 24002782.

10: Sato T, Tsujino I, Tanino M, Ohira H, Nishimura M. Broad and heterogeneous
vasculopathy in pulmonary fibrosis and emphysema with pulmonary hypertension.
Respirol Case Rep. 2013 Sep;1(1):10-3. doi: 10.1002/rcr2.7. PubMed PMID:
25473528; PubMed Central PMCID: PMC4184639.

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。