かんせんせいかくまくえん

感染性角膜炎

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

感染性角膜炎とは文字通り角膜に何らかの病原体による感染をおこした状態です。角膜は本来透明な組織です。感染が軽症の場合は最終的には角膜はほぼ透明に近い状態に戻りますが、重症の場合は感染が治っても角膜に濁りが残ってしまい、視力が低下したり、まぶしさや乱視の原因になったりします。

つまり、感染性角膜炎は早期に治療を開始して少しでも角膜に濁りを残さずに治すことが大切です。
 

原因

感染の原因になる病原体には細菌、真菌(いわゆるカビ)、ウイルス、アカントアメーバなどがあり、原因になっている病原体によって治療方法も変わってきます。

コンタクトレンズユーザーの場合、レンズのケアがきちんとできていないと感染性角膜炎をおこしやすくなります。たとえばレンズケースの中の保存液を毎回交換しなかったり、ケースを定期的に洗って乾かしたりせずにいると、知らない間にケースの中でさまざまな目に見えない病原体が繁殖していきます。ケースの中で繁殖した病原体がコンタクトレンズに付着し、そのコンタクトレンズを装用することで角膜に感染をおこします。

感染性角膜炎にならないようにするためには、レンズのケア方法をきちんと守ることや、レンズを触る前に必ず手を洗うことが大切です。また、目に違和感があればコンタクトは中止して早めに眼科に行くことも大切です。

コンタクトレンズユーザーでなくても、体の抵抗力が落ちているときや高齢者におこりやすい感染性角膜炎(真菌やヘルペスウイルスによるもの)もありますし、農作業や井戸水の使用では真菌による角膜炎をおこしやすくなります。病原体自体は普段の環境の中にたくさんいるため、感染性角膜炎はいつでも、誰にでも起こる可能性があるのです。
 

症状

感染の原因や重症度によってさまざまです。初期には軽い充血や異物感程度のこともありますが、進行すると激しい痛み、めやに、充血、視力低下がおきます。痛みが強いと目をあけていることも困難になります。

原因がアカントアメーバの場合は比較的初期から激しい痛みを伴うことが多く、反対に原因が真菌の場合は自覚症状が軽度のこともあります。
 

検査・診断

まずは眼科医による診察が必要です。診察の結果から感染源となっている病原体が推察できれば、その時点で治療を開始する場合もあります。

診察の所見だけでは感染源がわからない場合や開始した治療であまり効果がない場合には、感染の原因となっている病原体が何かをつきとめるためのさらに詳しい検査が必要です。そのために角膜の感染をおこしている部分を削り取り、特殊な染色をして顕微鏡で観察します。その段階で明らかに何らかの病原体が観察できた場合はその病原体に有効な治療を開始しますが、病原体が必ずしも観察できるとはかぎりません。

その場合は削り取った角膜を培養することで、少し時間はかかりますが病原体を特定できることがあります。さらに、培養検査では検出された病原体にどんな種類の薬が効くかも調べることができます。
 

治療

前述のように、感染源である病原体によって治療は異なります。細菌に対しては抗生物質の点眼(重症であれば内服や点滴も)、真菌に対しては抗真菌薬の点眼(これも重症であれば内服や点滴も)といった具合です。ただし、抗生物質、抗真菌薬、抗ウイルス薬にはたくさんの種類がありますが、すべての薬がすべての細菌(あるいは真菌、ウイルス)に効くわけではありません。そのため、検査の項で述べたように病原体の種類をきちんと特定し、その病原体に有効な薬を適正に使用することが大切です。

アカントアメーバに関しては、アメーバに直接効く薬は今のところはありません。感染性角膜炎の原因がアカントアメーバだった場合は、まずは感染している部分の角膜を何度も削り取ること(直接アメーバを除去する目的)が治療になります。それに加えて消毒薬の点眼(よく手指を消毒するための消毒薬をみかけると思いますが、そのうちの一部の消毒薬を、点眼しても安全な濃度に調整して使用します)や抗真菌薬を組み合わせることが現在の治療のスタンダードです。

治療によって感染が治ったとしても、最初に述べたように角膜に濁りが残ってしまうことがあります。その場合には濁りを少しでも減らすためにステロイドホルモンという種類の点眼を使うことがあります。

ただし、ステロイドホルモンは免疫力を抑えてしまう作用があるため、感染が完全に治っていない状況で使うと感染自体がぶりかえしてしまう可能性があり、注意しながら使用しないといけません。