新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

順天堂大学 医学部 眼科学教室 准教授

日本眼科学会 会員 日本角膜学会 会員 日本眼炎症学会 会員

猪俣 武範 いのまた たけのり 先生

公開日
2020/05/12

1981年5月、千葉県船橋市生まれ、茨城県取手市育ち。2006年順天堂大学医学部医学科卒業。2008年東京大学医学部附属病院初期臨床研修医終了。2012年順天堂大学大学院眼科学にて医学博士号ならびに日本眼科学会認定眼科専門医取得。2012年からハーバード大学医学部スケペンス眼研究所へ留学。留学中にはボストン大学経営学部Questrom School of BusinessでMBA取得。2019年11月より順天堂大学医学部附属病院眼科准教授として、臨床、研究、教育、経営に携わる。専門は、ドライアイ、角膜移植免疫、モバイルヘルス、IoMT、AI。趣味は硬式テニス。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 猪俣先生のドライアイに関する得意な領域
    • 個別化医療
    • モバイルヘルス
    • 点眼治療
    • 涙点プラグ
    • 血清点眼
  • 猪俣先生のアレルギー性結膜炎に関する得意な領域
    • 個別化医療
    • モバイルヘルス
    • 点眼治療
  • 猪俣先生の白内障に関する得意な領域
    • 個別化医療
    • 白内障手術
    • 術後ドライアイケア
  • GVHD
  • 個別化医療
  • 点眼治療
  • 血清点眼
  • コンタクトレンズ関連ドライアイ

資格・学会・役職

日本眼科学会 会員
日本角膜学会 会員
日本眼炎症学会 会員
  • 順天堂大学 医学部 眼科学教室 准教授
  • 日本抗加齢医学会 評議員
  • IoMT学会 代表理事
  • The Association for Research in Vision and Ophthalmology
  • Asia-Pacific Association of Cataract and Refractive Surgeons
  • the Tear Film and Ocular Surface Society
  • ドライアイ研究会

所属病院

順天堂大学医学部附属順天堂医院

  • 内科 血液内科 膠原病・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区本郷3丁目1-3
  • JR中央線(快速)「御茶ノ水駅」 御茶ノ水橋口  JR中央・総武線も乗り入れ、東京メトロ丸ノ内線も利用可 徒歩5分 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 徒歩7分
  • 03-3813-3111
順天堂大学医学部附属順天堂医院

医療記事

来歴等

略歴

2006年 順天堂大学医学部医学科 卒業(MD)
2008年 東京大学医学部附属病院臨床研修 修了
2012年 順天堂大学大学院博士課程眼科学 博士号取得(医学博士)
2012年 米国ハーバード大学スペケンス眼研究所 留学
2015年 米国ボストン大学経営学部Questrom School of Business 卒業(MBA)
2015年 順天堂大学医学部眼科学教室 助教
2016年 順天堂大学医学部附属順天堂医院 病院機能管理室 併任
2016年 順天堂大学大学院医学部 戦略的手術室改善マネジメント講座 併任
2019年 順天堂大学大学院医学科病院管理学 併任
2019年 順天堂大学医学部眼科学教室 准教授

論文

  • Large-Scale Crowdsourced Research Using the DryEyeRhythm iPhone Application. Ocul Surf, doi:10.1016/j.jtos.2020.02.007 (2020).

    Inomata, T. et al. Association between Dry Eye and Depressive Symptoms

  • Insights from Immunology and Systems Biology. Journal of Clinical Medicine 9, doi:10.3390/jcm9020586 (2020).

    Di Zazzo, A. et al. Variable Responses to Corneal Grafts

  • Comparison of corneal thickness in patients with dry eye disease using the Pentacam rotating Scheimpflug camera and anterior segment optical coherence tomography. PloS one 15, doi:10.1371/journal.pone.0228567 (2020).

    Fujimoto, K. et al.

  • in IoT・AI, 遠隔機器を活用した保健・医療活動 Vol. 62 保健の科学 (杏林書院, 2020).

    猪俣武範

  • 新しい医療ビッグデータとドライアイ. Frontiers in Dry Eye 14, 16-19 (2019).

    猪俣武範

  • Crowdsourced Research Using DryEyeRhythm. Ophthalmology 126, 766-768, doi:10.1016/j.ophtha.2018.12.013 (2019).

    Inomata, T. et al. Risk Factors for Severe Dry Eye Disease

  • Characteristics and Risk Factors Associated With Diagnosed and Undiagnosed Symptomatic Dry Eye Using a Smartphone Application. JAMA Ophthalmol, doi:10.1001/jamaophthalmol.2019.4815 (2019).

    Inomata, T. et al.

  • Emerging Approaches to Disease Analysis and Therapy. J Clin Med 8, doi:10.3390/jcm8091439 (2019).

    Heidari, M., Noorizadeh, F., Wu, K., Inomata, T. & Mashaghi, A. Dry Eye Disease

  • Reliability and validity of the Japanese version of the Ocular Surface Disease Index for dry eye disease. BMJ Open 9, e033940, doi:10.1136/bmjopen-2019-033940 (2019).

    Midorikawa-Inomata, A. et al.

  • ResearchKitを用いたアプリケーションによる新しい医療ビッグデータの可能性. Journal of Internet of Medical Things 2, 10-15 (2019).

    猪俣武範

  • IoMTは医療をどう変えるか〜医療におけるデジタルユビキティへの変革〜. Journal of Internet of Medical Things 1, 4-9 (2018).

    猪俣武範

  • ResearchKitを用いて作成したiPhoneアプリケーション「ドライアイリズム」によるドライアイの啓発と新しい大規模臨床研究. あたらしい眼科 35 (2018).

    猪俣武範

  • The immunoregulatory role of corneal epithelium-derived thrombospondin-1 in dry eye disease. Ocul Surf, doi:10.1016/j.jtos.2018.07.005 (2018).

    Tan, X. et al.

  • Regulatory T cell modulation of cytokine and cellular networks in corneal graft rejection. Curr Ophthalmol Rep 6, 266-274 (2018).

    Tahvildari, M., Inomata, T., Amouzegar, A. & Dana, R.

  • Method for selective quantification of immune and inflammatory cells in the cornea using flow cytometry. J Biol Methods 5, e102, doi:10.14440/jbm.2018.237 (2018).

    Ogawa M, Inomata T, Shiang T, Tsubota K & Murakami, A.

  • Changes in Distribution of Dry Eye Disease by the New 2016 Diagnostic Criteria from the Asia Dry Eye Society. Sci Rep 8, 1918, doi:10.1038/s41598-018-19775-3 (2018).

    Inomata, T. et al.

  • The impact of Joint Commission International accreditation on time periods in the operating room: A retrospective observational study. PloS one 13, e0204301, doi:10.1371/journal.pone.0204301 (2018).

    Inomata, T. et al.

  • Maximum blink interval is associated with tear film breakup time: A new simple, screening test for dry eye disease. Sci Rep 8, 13443, doi:10.1038/s41598-018-31814-7 (2018).

    Inomata, T. et al.

  • Corneal Tissue From Dry Eye Donors Leads to Enhanced Graft Rejection. Cornea 37, 95-101, doi:10.1097/ICO.0000000000001400 (2018).

    Inomata, T. et al.

  • Pathological conversion of regulatory T cells is associated with loss of allotolerance. Sci Rep 8, 7059, doi:10.1038/s41598-018-25384-x (2018).

    Hua, J. et al.

  • IoMTの可能性と未来. Vol. 1 (メディカルレビュー社, 2018).

    IoMT学会編集委員会

  • Pre-banking microbial contamination of donor conjunctiva and storage medium for penetrating keratoplasty. Jpn J Ophthalmol 61, 369-377, doi:10.1007/s10384-017-0521-1 (2017).

    Inomata, T. et al.

  • Scaling and maintenance of corneal thickness during aging. PloS one 12, e0185694, doi:10.1371/journal.pone.0185694 (2017).

    Inomata, T., Mashaghi, A., Hong, J., Nakao, T. & Dana, R.

  • Kinetics of Angiogenic Responses in Corneal Transplantation. Cornea 36, 491-496, doi:10.1097/ICO.0000000000001127 (2017).

    Inomata, T. et al.

  • A New Immunotherapy Using Regulatory T-Cells for High-Risk Corneal Transplantation. Juntendo Medical Journal 63, 2-7, doi:10.14789/jmj.63.2 (2017).

    Inomata, T.

  • IFN-gamma-Expressing Th17 Cells Are Required for Development of Severe Ocular Surface Autoimmunity. Journal of immunology 199, 1163-1169, doi:10.4049/jimmunol.1602144 (2017).

    Chen, Y. et al.

  • In Vivo Expansion of Regulatory T Cells by Low-Dose Interleukin-2 Treatment Increases Allograft Survival in Corneal Transplantation. Transplantation 100, 525-532, doi:10.1097/TP.0000000000001044 (2016).

    Tahvildari, M. et al.

  • Impaired Function of Peripherally Induced Regulatory T Cells in Hosts at High Risk of Graft Rejection. Sci Rep 6, 39924, doi:10.1038/srep39924 (2016).

    Inomata, T., Hua, J., Di Zazzo, A. & Dana, R.

  • Ocular surgical models for immune and angiogenic responses. J Biol Methods 2(3):e27, doi:10.14440/jbm.2015.78 (2015).

    Inomata T, Mashaghi A, Di Zazzo A & R., D.

  • Perlecan-deficient mutation impairs corneal epithelial structure. Invest Ophthalmol Vis Sci 53, 1277-1284, doi:10.1167/iovs.11-8742 (2012).

    Inomata, T. et al.

著書

  • 【著】猪俣武範. ハーバード×MBA×医師 目標を次々に達成する人の最強の勉強法: ディスカヴァー・トゥエンティワン; 2016/2/11.

  • 【著】猪俣武範. ハーバード×MBA×医師 働く人のための最強の休息法: ディスカヴァー・トゥエンティワン; 2017/8/26.

  • 【共著】猪俣武範、中尾武史. ハーバード大学眼科イラストレイテッドマニュアル: 金原出版; 2017 /10/12.

  • 【共著】猪俣武範, 松尾剛行. 医者と弁護士が知っている 日本の病院 7つのなぜ: クロスメディア・パブリッシング(インプレス); 2019/11/15.

特許

  • 猪俣武範, 稲垣精一, 岡本直幸, 平成29年4月4日, 特許第6629782号

その他

  • 【受賞】2010年4月 平成22年度 順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター研究奨励費補助金, 順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター2016年 5th Reduced Port Surgery Forum 山形賞

  • 【受賞】2011年4月 平成23年度順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター研究奨励費補助金, 順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター

  • 【受賞】2011年12月 ボシュロムMEEI海外フェローシップ, ボシュロムジャパン

  • 【受賞】2012年5月 Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) KOWA Travel Grants, Association for Research in Vision and Ophthalmology & KOWA

  • 【受賞】2012年8月 平成23年度 公益財団法人 日本アイバンク協会海外研究助成金, 公益財団法人 日本アイバンク教会 海外助成金

  • 【受賞】2013年8月 平成24年度 公益財団法人 日本アイバンク協会海外研究助成金, 海外研究助成金, 公益財団法人 日本アイバンク協会

  • 【受賞】2014年1月 エグゼクティブMBAスカラーシップ, ボストン大学経営学部

  • 【受賞】2014年10月 順天堂大学医学部同窓会海外留学時助成, 順天堂大学医学部同窓会

  • 【受賞】2015年2月 Regulatory T Cell Dysfunction in High-Risk Corneal Transplantation, Travel Grant for Asia-ARVO 2015 meeting, The Association for Research in Vision and Ophthalmology

  • 【受賞】2015年5月 Blood and lymphatic vessels in the cornea after transplantation, 29th Biennial Cornea Conference Cover Picture Contest, Harvard Medical School, Department of Ophthalmology

  • 【受賞】2016年7月 TFOS Travel Awards 2016, TFOS Travel Awards 2016, Tear Film & Ocular Surface Society

  • 【受賞】2016年 5th Reduced Port Surgery Forum 山形賞

  • 【受賞】2017年10月 The 30th Biennial Cornea Conference Travel Award, The 30th Biennial Cornea Conference

  • 【受賞】2017年11月 Relationship between dry eye subjective symptoms and lifestyle habits: Large-scale clinical research using iPhone application, the KOS Travel Grant, the Korean Ophthalmological Society.

  • 【受賞】2017年11月 IoTを用いたリアルタイム運動施設シェアリングサービス, 異能ジェネレーションアワード特別賞, 総務省

  • 【受賞】2018年2月 制御性T細胞を用いた角膜移植における新規免疫抑制療法開発のための研究, 第15回日本角膜学会学術奨励賞, 日本角膜学会

  • 【受賞】2018年6月 順天堂大学医学部後援会地域学術奨励賞, 順天堂大学医学部後援会

  • 【受賞】2018年11月 平成30年度日本医師会医学研究奨励賞, 日本医師会

  • 【受賞】2018年11月 ドライアイ重症化因子の解明: iPhoneアプリケーションドライリズムを使用したクラウドソース型大規模臨床研究, 公益財団法人興和生命科学振興財団 平成30年度 国際交流助成, 公益財団法人興和生命科学振興財団

  • 【受賞】2018年12月 ドライアイの重症化因子と抑うつ症状の関連の解明: iPhoneアプリケーション「ドライアイリズム」を用いたクラウド型大規模臨床研究, 2018年度 日本抗加齢医学会 研究奨励賞, 日本抗加齢医学会

  • 【受賞】2019年10月 Risk Factors for Severe Dry Eye Disease: Crowdsourced Research Using DryEyeRhythm., 令和元年度公益財団法人日本眼科学会学術奨励賞, 公益財団法人 日本眼科学会

  • 【受賞】2019年11月 Asia Dry Eye Summit Travel Grant 2019, Asia Dry Eye Society

  • 【受賞】2019年12月 Risk Factors for Severe Dry Eye Disease: Crowdsourced Research Using DryEyeRhythm., 令和1年学術奨励賞, 順天堂大学眼科同窓会

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師