順天堂大学 医学部整形外科講座 講師

日本整形外科学会 整形外科専門医

齋田 良知 さいた よしとも 先生

  • 東京都
  • 整形外科

順天堂大学医学部を卒業後、順天堂大学整形外科・スポーツ診療科に入局。自身もサッカー経験があることから、サッカーを中心とした豊富なスポーツドクター歴を持つ。女子サッカー日本代表(なでしこジャパン)のチームドクターを務め、2015年にはイタリアのサッカークラブACミランに帯同した。2018年現在いわきFCのチームドクターを務める。

基本情報

診療科

  • 整形外科

受診可能な病気と得意な領域

  • 変形性関節症
    詳細
    齋田先生の変形性関節症に関する得意な領域
    • 保存療法
    • 手術
  • 上腕骨外側上顆炎
    詳細
    齋田先生の上腕骨外側上顆炎に関する得意な領域
    • 保存療法
    • 手術
  • 膝靭帯損傷
    詳細
    齋田先生の膝靭帯損傷に関する得意な領域
    • 保存療法
    • 手術

その他の得意な領域

  • スポーツ外傷
  • スポーツ障害
  • 膝、スポーツ整形外科

資格・所属学会

日本整形外科学会 整形外科専門医

役職など

  • 順天堂大学 医学部整形外科講座 講師
  • 日本整形外科学会認定 スポーツ医
  • 医学博士 取得

所属病院

医療記事

来歴等

略歴

2001年 順天堂大学医学部医学科 卒業
2001年 順天堂大学 整形外科・スポーツ診療科 入局
2002年 ジェフユナイテッド千葉 チームドクター
2003年 順天堂大学大学院入学 東京医科歯科大学難治疾患研究所分子薬理学教室にて骨代謝学を研究
2007年 医学博士 取得
2008年 U18男子サッカー日本代表 帯同ドクター
2008年 U20女子サッカー日本代表 帯同ドクター
2009年 順天堂大学 整形外科 助教
2010年 なでしこジャパン 帯同ドクター
2015年 Istituto Orthopedico Galeazzi (Milano, Italy) 留学
2015年 AC Milan(イタリア) Fellowship
2017年 順天堂大学 整形外科助教 再就任
2017年 いわきFC チームドクター 就任
2018年 順天堂大学 整形外科 講師

論文

  • ゲルセパレーターを用いて精製した多血小板血漿中の細胞種および成長因子濃度の検討 日本整形外科スポーツ医学会雑誌 (1340-8577)35巻1号 Page32-37(2015.03)

    齋田 良知, 小林 洋平, 長尾 雅史, 高澤 祐治, 池田 浩, 金子 和夫

  • Range limitation in hip internal rotation and fifth metatarsal stress fractures (Jones fracture) in professional football players. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2017 [Epub ahead of print]

    Saita Y, Nagao M, Kawasaki T, Kobayashi Y, Kobayashi K, Nakajima H, Takazawa Y, Kaneko K, Ikeda H.

  • Return to Play of Rugby Players After Anterior Cruciate Ligament Reconstruction Using Hamstring Autograft: Return to Sports and Graft Failure According to Age. Arthroscopy. 2017 33(1):181-189.

    Takazawa Y, Ikeda H, Saita Y, Kawasaki T, Ishijima M, Nagayama M, Kaneko H, Kaneko K.

  • Leukocyte concentration and composition in platelet-rich plasma (PRP) influences the growth factor and protease concentrations. J Orthop Sci. 2016 21(5):683-9.

    Kobayashi Y, Saita Y, Nishio H, Ikeda H, Takazawa Y, Nagao M, Takaku T, Komatsu N, Kaneko K.

  • A novel patient-reported outcome measure for anterior cruciate ligament injury: evaluating the reliability, validity, and responsiveness of Japanese anterior cruciate ligament questionnaire 25. Knee Surg Sports Traumatol Arthrosc. 2016 24(9):2973-82.

    Nagao M, Doi T, Saita Y, Kobayashi Y, Kubota M, Kaneko H, Takazawa Y, Ishijima M, Kurosawa H, Kaneko K, Nozawa M, Ikeda H, Kim SG.

  • Anterior cruciate ligament injuries in elite and high school rugby players: a 11-year review. Phys Sportsmed. 2016;44(1):53-8.

    Takazawa Y, Nagayama M, Ikeda H, Kawasaki T, Ishijima M, Saita Y, Kaneko H, Kobayashi Y, Hada S, Kaneko K.

  • The incidence of and risk factors for developing atypical femoral fractures in Japan. J Bone Miner Metab. 2015 33(3):311-8.

    Saita Y, Ishijima M, Mogami A, Kubota M, Baba T, Kaketa T, Nagao M, Sakamoto Y, Sakai K, Homma Y, Kato R, Nagura N, Miyagawa K, Wada T, Liu L, Matsuoka J, Obayashi O, Shitoto K, Nozawa M, Kajihara H, Gen H, Kaneko K.

  • Atypical femoral fractures and bisphosphonate use: current evidence and clinical implications. Ther Adv Chronic Dis. 2015 6(4):185-93.

    Saita Y, Ishijima M, Kaneko K.

  • The fracture sites of atypical femoral fractures are associated with the weight-bearing lower limb alignment. Bone. 2014 66:105-10.

    Saita Y, Ishijima M, Mogami A, Kubota M, Baba T, Kaketa T, Nagao M, Sakamoto Y, Sakai K, Kato R, Nagura N, Miyagawa K, Wada T, Liu L, Obayashi O, Shitoto K, Nozawa M, Kajihara H, Gen H, Kaneko K.

著書

その他

  • 2012年 秩父宮スポーツ医科学奨励賞受賞(なでしこジャパンスタッフとして)

  • 【受賞】2015年 AFC(アジアサッカー連盟) Young Medical Officer Award 受賞

  • 2005年 アメリカ骨代謝学会Young investigator Award受賞

  • 2011年 アメリカ骨代謝学会 Plenary Poster Award 2011

  • 2017年 日本骨代謝学会誌 Excellent Paper Award受賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。