新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経内科 臨床講師

日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医 日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医

横山 和正 よこやま かずまさ 先生

公開日
2020/06/19

研究と臨床の両軸で神経免疫疾患の診断・治療の発展に尽力する脳神経内科医。順天堂大学医学部を卒業後、国立精神・神経センター疾病研究第6部や米国スタンフォード大学にて多発性硬化症の基礎研究や遺伝子治療、T細胞免疫の解析などに従事する。2020年現在、順天堂大学医学部脳神経内科にて臨床講師を務めるとともに、一般生活者に向けて多発性硬化症および視神経脊髄炎の情報発信も積極的に行う。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 横山先生の多発性硬化症の専門領域
    • 急性期:ステロイドパルス 血液浄化療法
    • 再発予防:disease modifying drug
  • 横山先生の視神経脊髄炎の専門領域
    • 急性期:ステロイドパルス 血液浄化療法
    • 再発予防:ステロイド 免疫抑制剤 IVIg エクリズマブ
  • 横山先生の重症筋無力症の専門領域
    • 急性期:血液浄化療法 IVIg ステロイドパルス
    • 再燃予防:ステロイド 免疫抑制剤(タクロリムス、シクロスポリンA)
  • 横山先生のサルコイドーシスの専門領域
    • ステロイド 免疫抑制剤
  • 神経免疫
  • 【疾患名】抗体MOG抗体陽性関連疾患【治療法】急性期:ステロイドパルス 血液浄化療法 IVIg 再発予防:ステロイド 免疫抑制剤

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医・内科指導医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医
  • 順天堂大学医学部附属順天堂医院脳神経内科 臨床講師
  • 日本神経学会 代議員
  • 日本神経免疫学会 評議員
  • 日本MDS学会
  • 日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 ガイドライン委員
  • 日本在宅医療連合学会 理事 事務局長
  • 日本脳卒中学会
  • 日本内科学会 総合内科専門医 指導医
  • 認定NPO法人日本多発性硬化症協会 医学顧問
  • 特定非営利活動医法人MSキャビン 理事
  • NPO法人日本多発性硬化症ネットワーク(Japan Multiple Sclerosis Network:JMSN) 理事

所属病院

順天堂大学医学部附属順天堂医院

  • 内科 血液内科 膠原病・リウマチ内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 東京都文京区本郷3丁目1-3
  • JR中央線(快速) 御茶ノ水 御茶ノ水橋口  JR中央・総武線も乗り入れ、東京メトロ丸ノ内線も利用可 徒歩5分 東京メトロ千代田線 新御茶ノ水 徒歩7分
  • 03-3813-3111
公式ウェブサイト
順天堂大学医学部附属順天堂医院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 順天堂大学医学部 卒業
1988年 脳神経内科 入局
1993年 国立精神・神経センター疾病研究第6部
1996年 米国スタンフォード大学microbiology and immunology
2006年 順天堂大学医学部脳神経内科 講師
2014年 多発性硬化症および神経難病治療・研究講座 講師併任

論文

  • Suitable indications of eculizumab for patients with refractory generalized myasthenia gravis.Ther Adv Neurol Disord. 2020 Mar 18;13:1756286420904207. doi: 10.1177/1756286420904207. eCollection 2020.

    Oyama M, Okada K, Masuda M, Shimizu Y, Yokoyama K, Uzawa A, Kawaguchi N, Ikeguchi R, Hoshino Y, Hatano T, Ozawa Y, Nakahara J, Aizawa H, Kitagawa K, Hattori N, Kuwabara S, Murai H, Suzuki S.

  • Myelin Measurement Using Quantitative Magnetic Resonance Imaging: A Correlation Study Comparing Various Imaging Techniques in Patients with Multiple Sclerosis.Cells. 2020 Feb 8;9(2):393. doi: 10.3390/cells9020393.

    Saccenti L, Hagiwara A, Andica C, Yokoyama K, Fujita S, Kato S, Maekawa T, Kamagata K, Le Berre A, Hori M, Wada A, Tateishi U, Hattori N, Aoki S.

  • Author Correction: Altered humoral immunity to mycobacterial antigens in Japanese patients affected by inflammatory demyelinating diseases of the central nervous system.Sci Rep. 2020 Feb 11;10(1):2679. doi: 10.1038/s41598-020-59760-3.

    Cossu D, Yokoyama K, Tomizawa Y, Momotani E, Hattori N.

  • The Utility of a Convolutional Neural Network for Generating a Myelin Volume Index Map from Rapid Simultaneous Relaxometry Imaging.Magn Reson Med Sci. 2019 Dec 27. doi: 10.2463/mrms.mp.2019-0075. Online ahead of print.

    Tachibana Y, Hagiwara A, Hori M, Kershaw J, Nakazawa M, Omatsu T, Kishimoto R, Yokoyama K, Hattori N, Aoki S, Higashi T, Obata T.

  • Neuromyelitis optica spectrum disorder after treatment with pembrolizumab.Mult Scler Relat Disord. 2020 Jan;37:101447. doi: 10.1016/j.msard.2019.101447. Epub 2019 Oct 14.PMID: 31655267

    Shimada T, Hoshino Y, Tsunemi T, Hattori A, Nakagawa E, Yokoyama K, Hattori N.

  • Somnolence Preceded the Development of a Subthalamic Lesion in Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder.Intern Med. 2020 Feb 15;59(4):577-579. doi: 10.2169/internalmedicine.2947-19. Epub 2019 Oct 15.

    Daida K, Ogaki K, Hayashida A, Ando M, Yokoyama K, Noda K, Kanbayashi T, Hattori N, Okuma Y.

  • MR g-ratio-weighted connectome analysis in patients with multiple sclerosis.Sci Rep. 2019 Sep 18;9(1):13522. doi: 10.1038/s41598-019-50025-2.

    Kamagata K, Zalesky A, Yokoyama K, Andica C, Hagiwara A, Shimoji K, Kumamaru KK, Takemura MY, Hoshino Y, Kamiya K, Hori M, Pantelis C, Hattori N, Aoki S.

  • White Matter Abnormalities in Multiple Sclerosis Evaluated by Quantitative Synthetic MRI, Diffusion Tensor Imaging, and Neurite Orientation Dispersion and Density Imaging.AJNR Am J Neuroradiol. 2019 Oct;40(10):1642-1648. doi: 10.3174/ajnr.A6209. Epub 2019 Sep 12.

    Hagiwara A, Kamagata K, Shimoji K, Yokoyama K, Andica C, Hori M, Fujita S, Maekawa T, Irie R, Akashi T, Wada A, Suzuki M, Abe O, Hattori N, Aoki S.

  • New-onset Refractory Status Epilepticus Involving the Limbic System, Spinal Cord, and Peripheral Nerves.Intern Med. 2020 Jan 15;59(2):267-270. doi: 10.2169/internalmedicine.3510-19. Epub 2019 Sep 11.

    Daida K, Nishioka K, Takanashi M, Kobayashi M, Yoshikawa K, Kusunoki S, Yokoyama K, Hattori N.

  • Clinical Characterization of Definite Autoimmune Limbic Encephalitis: A 30-case Series.Intern Med. 2019 Dec 1;58(23):3369-3378. doi: 10.2169/internalmedicine.3029-19. Epub 2019 Aug 21.

    Shojima Y, Nishioka K, Watanabe M, Jo T, Tanaka K, Takashima H, Noda K, Okuma Y, Urabe T,Yokoyama K, Hattori N.

  • Pembrolizumab-related systemic myositis involving ocular and hindneck muscles resembling myasthenic gravis: a case report.BMC Neurol. 2019 Aug 5;19(1):184. doi: 10.1186/s12883-019-1416-1.

    Kamo H, Hatano T, Kanai K, Aoki N, Kamiyama D, Yokoyama K, Takanashi M, Yamashita Y, Shimo Y, Hattori N.

  • Safety of tapering tacrolimus dose in patients with well-controlled anti-acetylcholine receptor antibody-positive myasthenia gravis.Eur J Neurol. 2020 Jan;27(1):100-104. doi: 10.1111/ene.14039. Epub 2019 Aug 8.

    Nishida Y, Takahashi YK, Kanai T, Nose Y, Ishibashi S, Sanjo N, Uzawa A, Oda F, Ozawa Y, Kuwabara S, Noguchi E, Suzuki S, Nakahara J, Suzuki N, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Konno S, Fujioka T, Kawaguchi N, Hatanaka Y, Sonoo M, Kaneko J, Ogino M, Nishiyama K, Nomura K, Yokota T.

  • Brain tissue and myelin volumetric analysis in multiple sclerosis at 3T MRI with various in-plane resolutions using synthetic MRI.Neuroradiology. 2019 Nov;61(11):1219-1227. doi: 10.1007/s00234-019-02241-w. Epub 2019 Jun 18.

    Saccenti L, Andica C, Hagiwara A, Yokoyama K, Takemura MY, Fujita S, Maekawa T, Kamagata K, Le Berre A, Hori M, Hattori N, Aoki S.

  • Gray Matter Alterations in Early and Late Relapsing-Remitting Multiple Sclerosis Evaluated with Synthetic Quantitative Magnetic Resonance Imaging.Sci Rep. 2019 May 31;9(1):8147. doi: 10.1038/s41598-019-44615-3.

    Andica C, Hagiwara A, Kamagata K, Yokoyama K, Shimoji K, Saito A, Takenaka Y, Nakazawa M, Hori M, Cohen-Adad J, Takemura MY, Hattori N, Aoki S.

  • Pontine hemorrhage accompanied by neuromyelitis optica spectrum disorder.J Neuroimmunol. 2019 May 15;330:19-22. doi: 10.1016/j.jneuroim.2019.01.020. Epub 2019 Feb 1.

    Kamo H, Ueno Y, Sugiyama M, Miyamoto N, Yamashiro K, Tanaka R, Yokoyama K, Hattori N.

  • Adjuvant and antigenic properties of Mycobacterium avium subsp. paratuberculosis on experimental autoimmune encephalomyelitis.J Neuroimmunol. 2019 May 15;330:174-177. doi: 10.1016/j.jneuroim.2019.01.013. Epub 2019 Jan 23.

    Cossu D, Yokoyama K, Sakanishi T, Momotani E, Hattori N.

  • Improving the Quality of Synthetic FLAIR Images with Deep Learning Using a Conditional Generative Adversarial Network for Pixel-by-Pixel Image Translation.AJNR Am J Neuroradiol. 2019 Feb;40(2):224-230. doi: 10.3174/ajnr.A5927. Epub 2019 Jan 10.

    Hagiwara A, Otsuka Y, Hori M, Tachibana Y, Yokoyama K, Fujita S, Andica C, Kamagata K, Irie R, Koshino S, Maekawa T, Chougar L, Wada A, Takemura MY, Hattori N, Aoki S.

  • Bacteria-Host Interactions in Multiple Sclerosis.Front Microbiol. 2018 Dec 4;9:2966. doi: 10.3389/fmicb.2018.02966. eCollection 2018.

    Cossu D, Yokoyama K, Hattori N.

  • Anti-Mycobacterial Antibodies in Paired Cerebrospinal Fluid and Serum Samples from Japanese Patients with Multiple Sclerosis or Neuromyelitis Optica Spectrum Disorder.J Clin Med. 2018 Dec 7;7(12):522. doi: 10.3390/jcm7120522.

    Yokoyama K, Cossu D, Hoshino Y, Tomizawa Y, Momotani E, Hattori N.

  • Isaacs syndrome: A slow potassium channelopathy caused by autoantibodies?Clin Neurophysiol. 2018 May;129(5):956-958. doi: 10.1016/j.clinph.2018.01.069. Epub 2018 Feb 15.

    Nakazato T, Tsuji Y, Kanai K, Noto YI, Hoshino Y, Yamashiro K, Yokoyama K, Nishioka K, Shimo Y, Watanabe O, Mizuno T, Hattori N.

  • Anti-NMDA receptor encephalitis due to large-cell neuroendocrine carcinoma of the uterus.J Neurol Sci. 2017 Dec 15;383:72-74. doi: 10.1016/j.jns.2017.10.024. Epub 2017 Oct 18.

    Kobayashi M, Nishioka K, Takanashi M, Hattori A, Shojima Y, Hayashida A, Sumii A, Ota T, Terao Y,Yokoyama K, Hattori N.

  • A clinical predictive score for postoperative myasthenic crisis.Ann Neurol. 2017 Nov;82(5):841-849. doi: 10.1002/ana.25087. Epub 2017 Nov 10.

    Kanai T, Uzawa A, Sato Y, Suzuki S, Kawaguchi N, Himuro K, Oda F, Ozawa Y, Nakahara J, Suzuki N, Takahashi YK, Ishibashi S, Yokota T, Ogawa T, Yokoyama K, Hattori N, Izaki S, Oji S, Nomura K, Kaneko J, Nishiyama K, Yoshino I, Kuwabara S.

  • Altered humoral immunity to mycobacterial antigens in Japanese patients affected by inflammatory demyelinating diseases of the central nervous system.Sci Rep. 2017 Jun 9;7(1):3179. doi: 10.1038/s41598-017-03370-z.

    Cossu D, Yokoyama K, Tomizawa Y, Momotani E, Hattori N.

  • Conflicting Role of Mycobacterium Species in Multiple Sclerosis.Front Neurol. 2017 May 19;8:216. doi: 10.3389/fneur.2017.00216. eCollection 2017.

    Cossu D, Yokoyama K, Hattori N.

  • Demyelinating Peripheral Neuropathy Due to Renal Cell Carcinoma.Intern Med. 2017;56(1):101-104. doi: 10.2169/internalmedicine.56.7578. Epub 2017 Jan 1.

    Nishioka K, Fujimaki M, Kanai K, Ishiguro Y, Nakazato T, Tanaka R, Yokoyama K, Hattori N.

著書

  • 【多発性硬化症治療の現状】多発性硬化症治療薬と感染症(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部神経学講座), 服部 信孝 • Source: 脳神経内科 (2434-3285)90巻4号 Page445-453(2019.04)

  • 【診療力を上げる! 症例問題集】(第7章)神経・筋 症例問題 急性発症の統合失調様精神症状を呈した女性(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科), 服部 信孝 •Source: 内科 (0022-1961)123巻4号 Page899-901(2019.04)

  • 医師のバーンアウト(燃え尽き症候群)をふせぐためには? 脳神経内科領域の取組みから学ぶ 大学における燃え尽き症候群の課題と対策(解説) •Author:横山 和正(順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科), 小川 崇, 服部 信孝 •Source: 医学のあゆみ (0039-2359)268巻12号 Page1017-1020(2019.03)

  • 【痛み関連の神経内科疾患】多発性硬化症の痛みの病態とマネージメント(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科学講座), 服部 信孝 •Source: ペインクリニック (0388-4171)39巻9号 Page1169-1178(2018.09)

  • 背景因子別にみたナタリズマブの日本人多発性硬化症に対する有効性 ナタリズマブ使用成績調査中間解析から(第二報)(原著論文) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科), 佐藤 竜介, 牧岡 大器, 飯塚 幸彦, 長谷 昌知, Yan Ling, 鳥居 慎一, 齋田 孝彦 •Source: 診療と新薬 (0037-380X)55巻6号 Page449-456(2018.06)

  • 【視神経炎と視神経症:全身と眼の架け橋】OCTと多発性硬化症(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科), 服部 信孝 •Source: あたらしい眼科 (0910-1810)33巻5号 Page653-661(2016.05)

  • 【免疫性神経疾患-基礎・臨床研究の最新知見-】免疫性中枢神経疾患 多発性硬化症(MS) 多発性硬化症の治療 多発性硬化症のQoLとケア・生活指導の進め方(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科), 富沢 雄二, 服部 信孝 •Source: 日本臨床 (0047-1852)73巻増刊7 免疫性神経疾患 Page247-252(2015.09)

  • 【神経難病の終末期医療】神経難病終末期緩和ケアと在宅医療(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科), 荻野 美恵子, 石垣 泰則, 服部 信孝 •Source: BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 (1881-6096)67巻8号 Page1015-1024(2015.08)

  • 【好酸球浸潤を伴う疾患】好酸球浸潤と神経疾患(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科), 服部 信孝 •Source: 成人病と生活習慣病 (1347-0418)45巻7号 Page879-885(2015.07)

  • 【多発性硬化症のパラダイムシフト-病態から治療まで】治療 ナタリズマブ(タイサブリ)(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科) •Source: Clinical Neuroscience (0289-0585)32巻11号 Page1282-1286(2014.11)

  • 一般神経内科医向けQ&A(テーマ2) ワクチン接種はMSの再発や経過に影響を与えますか?(Q&A) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科) •Source: MS Frontier: 多発性硬化症の先端情報誌 (2187-3062)3巻1号 Page23-25(2014.05)

  • 多発性硬化症治療薬フィンゴリモドにおける有害事象の管理(座談会) •Author:新野 正明(国立病院機構北海道医療センター 臨床研究部), 横山 和正 •Source: Pharma Medica (0289-5803)32巻5号 Page133-136(2014.05)

  • 私の処方 アマンタジン塩酸塩の処方(解説) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部神経学講座) •Source: Modern Physician (0913-7963)34巻2号 Page222-223(2014.02)

  • 【神経内科検査のみかた-脳のイメージングを中心に】どんなイメージがあるの? 神経疾患と抗体(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部神経学講座) •Source: Modern Physician (0913-7963)33巻5号 Page615-620(2013.05)

  • 【内科疾患と脳神経疾患:診断と治療の進歩】膠原病と脳神経疾患(解説/特集) •Author:富沢 雄二(順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科), 横山 和正, 服部 信孝 •Source: 日本内科学会雑誌 (0021-5384)101巻8号 Page2242-2248(2012.08)

  • 【NMO spectrumとAQP4の病態意義】Tumefactive MSとNMO spectrum disorderのextensive brain lesion(解説/特集) •Author:富沢 雄二(順天堂大学医学部附属順天堂医院 脳神経内科), 横山 和正, 服部 信孝 •Source: 神経内科 (0386-9709)76巻6号 Page549-553(2012.06)

  • 医師不足時代の神経内科医療の在り方 都市と田舎での医療デバイド 大都市医学部附属病院からみた神経内科医不足の現状分析とその対策(解説) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科) •Source: 臨床神経学 (0009-918X)50巻11号 Page1059-1062(2010.11)

  • 【医師不足時代の神経内科医療の在り方 都市と地方での医療デバイド】大都市医学部附属病院からみた神経内科不足の現状分析とその対策(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科) •Source: 神経内科 (0386-9709)73巻4号 Page374-379(2010.10)

  • 多発性硬化症と視神経脊髄炎における髄液ミエリン塩基性蛋白(MBP)(原著論文) •Author:清水 優子(東京女子医科大学 神経内科), 藤原 一男, 久保 幸子, 三須 建郎, 富澤 雄二, 横山 和正, 高橋 利幸, 服部 信孝, 糸山 泰人, 内山 真一郎 •Source: 医学と薬学 (0389-3898)64巻2号 Page281-286(2010.08)

  • 【膠原病と神経疾患 基礎から臨床まで】神経膠原病各論 神経内科医から、膠原病科医から 関節リウマチ 神経内科から 神経診断入門(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科神経免疫部門) •Source: Clinical Neuroscience (0289-0585)28巻2号 Page175-180(2010.02)

  • 【免疫性神経疾患 新たな治療戦略に向けて】治療の実際 作用機序と適応・効果・副作用 ステロイド(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 神経内科) •Source: 内科 (0022-1961)105巻5号 Page816-823(2010.05)

  • 【眼球運動の生理と病態】各種疾患での眼球運動障害 多発性硬化症(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科) •Source: Clinical Neuroscience (0289-0585)28巻1号 Page88-91(2010.01)

  • 【神経難病 神経と免疫のかかわり】再発性炎症性神経免疫疾患 病態と治療update(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科) •Source: BIO Clinica (0919-8237)24巻9号 Page792-798(2009.08)

  • 【リウマチ性疾患診療に関連した神経病変の診断と治療】無菌性髄膜炎(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科) •Source: リウマチ科 (0915-227X)40巻5号 Page474-481(2008.11)

  • 【免疫性神経疾患Update】重症筋無力症 治療研究動向 タクロリムス・シクロスポリンの導入(解説/特集) •Author:横山 和正(順天堂大学 医学部脳神経内科) •Source: 日本臨床 (0047-1852)66巻6号 Page1158-1164(2008.06)

  • 症例から学ぶピットフォール 重症筋無力症でも遠位筋優位の筋力低下を示すことがある(解説/症例報告) •Author:横山 和正(順天堂大学 脳神経内科) •Source: 内科 (0022-1961)96巻1号 Page153-155(2005.07)

  • 新生SCIDマウスを用いた抗体依存性ニューロパチー受け身移入の試み(原著論文) •Author:山村 隆(国立精神・神経センター), 横山 和正, 北口 哲雄 •Source: 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 慢性進行性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究 平成6年度 Page15-18(1995.03)

  • 脱髄性ポリニューロパチーにおける蛋白抗原特異的なT細胞免疫応答の解析(原著論文) •Author:山村 隆(国立精神神経セ神経研), 横山 和正, 近藤 誉之, 他 •Source: 厚生省精神・神経疾患研究委託費研究報告書 慢性進行性ポリニューロパチーの成因と治療に関する研究 平成5年度 Page56-58(1994.03)

  • 免疫性神経疾患の新しい治療法 自己免疫性脳炎の発症機序と新しい免疫療法の理論(原著論文) •Author:横山 和正(国立精神神経セ神経研), 山村 隆 •Source: 日本臨床 (0047-1852)52巻11号 Page3013-3018(1994.11)

その他

  • 【テレビ出演】TBS 駆け込みドクター視力改善スペシャル 2015年

  • 【テレビ出演】NHK クローズアップ現代 2016年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師